M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でも簡単 良い名前の付け方 (2/2)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

さて、やっと本題の良い名前をつけるにはどうすれば良いのかですが、それは意外と簡単です。
なんだ、そんな事かとおもうでしょうが、

Good Name 
(警告:俺の名前の後ろに「 og 」って書き足していたずらするヤツは見つしだいぶち殺す。 ドクター A Hedgeh)
Hedgeh + og = ハリネズミ 


過去に良く使われた名前を使う事です。


「なんだよそれ?」と思うかもしれませんが、
多くの人に既に馴染まれているいる名前の価値は絶大です。

例えば商品の名前を考えてみればよくわかると思いますが、名前の基本性能である
読める、書ける、言える、覚えられる = 認知させるのに莫大な労力(コストと時間)がかかります。

過去に良く使われた名前は労せずともこれら基本性能をクリアしてるのです。

よくある普通の人の名前は商標登録できないので使い回しが可能ですので、活用しないのは
ある意味もったいないのです。(歴史上の武将の名前とかは商標登録されていますのでNGですが)

既にある名前を使う事の利点はもう一つあります。
「ネガティブチェック」をさほど気にしなくて良いという事です。

ネガティブチェックとは、前回のキラキラネームの特徴でもありましたが、
意味を知ってればこんな名前付けないだろうというのを除外することです。

よくある人の名前はそういった悪い印象のものは淘汰されていますし、
自分で良し悪しが分かるので調べたり、悩んだりする手間が省けます。

「そんなこと言ってもうちの子は特別だ。個性的な名前を付けてあげたい。」と思われる方もいると思います。
それは間違いではありません。企業でも名前を開発する時は、基本性能の他に、
意味的な性能/価値というものを評価します。

それは思い入れや、ファミリーの印といったものです。
基本性能をクリアした上でのそのような名前はアリだと思います。

例えば、子供が将来海外で活躍してくれる事を望むのであれば、「健」とか「安奈」とか「理沙」とか
国内/海外で両方使えるものにするとかです。


ここまで良い名前をつける為に、1)基本性能を満たす 2)ネガティブチェックをすればいいと言ってきました。

ただ、最後にひっくり返すようなことを言いますが、

これを守って命名されたからと言って、良い名前をつけてもらった事にはなりません。

どういうことかと言うと、名前の良い悪いに絶対的なものではないからです。

例えば、ある日突然、自分と同姓同名の犯罪者が出たとします。

それがえらく性質が悪いもので、連日マスコミが連呼したりすれば、
せっかくいい名前であってもその瞬間から悪いイメージの名前になります。

よくある名前の場合は、周りに同名の良い人がいたりして中和されるのですが、
個性的な名前でそれを食らうと、一生そのイメージから抜け出せないことがあります。

名前に対する第三者のイメージは簡単に変化するという例ですが、これは防ぎようがありません。

覚えておいてほしいのは、
一見、名前自体に価値があるように思えますが、実はそうではないということです。


名前の価値は、周りの評価が決めるという側面があるのです。

それでも良い名前をキープするには、本人が良い評価を得続け、良いイメージを出し続ける必要があるのですが、
もうそうなると名前をつけた人と離れたところでの話になってしまいます。

最初に書いた基本性能(「読みやすい」、「書きやすい」、「発音しやすい」、「覚えやすい」)
が良くない名前はダメな名前と言いましたが、もし、
その基本性能を満たしていない名前の超人気の有名人が出てきて、
皆が読み書きできるようになり、なおかつ良いイメージを持てたらどうでしょう。
良い名前の出来上がりです。

「イチロー」なんてかの国では言いずらい部類ですが、
しっかり日本人の良い名前としてイメージを形成しています。

つまり名前の良し悪し = その名前がついた人のイメージの良し悪しなのです。

ここまで読まれて、気付いた方もおられるかと思いますが、

名前を付ける事に関しては、チェックポイントを外さない所まではきちんとみて、
ディテールにはそんな気合入れてもしょうがないという事です。


どうでしょう? 気が楽になったんじゃないですか? 私が言いたかったのはそういう事です。

お役にたちましたでしょうか???
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/92-4a00895e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。