M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真フレーム内枠の修復

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回たいへん残念な結果 が判明した写真パネルですが、日焼けして黄ばんだ
紙でできた枠の部分を補修してみました。

白いラッカースプレーで塗るのが手っ取り早そうなので白のツヤ消しを買ってきます。

photo frame 3

コーナンとかのホームセンターでは300mlで800円くらいで売っているのですが、
塗りが良さそう(勝手な妄想です)模型用を買ったので90mlで500円と少々割高です。

で、実際塗ってみましたが、1、2回スプレーしたら色がのると思ってたのですが、
思った通りの白にするのは5,6回重ねないといけなくなり、これ以上やると液だれ
するんじゃないかと思い止めました。

1週間おいて再度重ね塗りしてこんな感じです。(わかりづらいけど)

photo frame 1 photo frame 2

元の紙の素材の質感も残っていてまあ、成功です。

ただ、スプレー缶だいぶ使ってしまったので大きい方のフレームまで塗ると
明らかに足りなくなるので別のやり方を探ります。

まずは 紙やすり をかけてみます。2000番、1000番とかけましたが変化無し。
600番あたりで表面が少し削れてきましたが、全面に広がる黄ばみは落ちそうにありません。
320番では削れ過ぎて紙の風合いがなくなりそうなので 紙やすり作戦は中止

どうしたもんかと考えていると、洗面台の下から使えそうなやつ発見。

photo frame 5

「シミ、黄ばみも真っ白に」ってこれ以上のニーズとマッチした商品は考えられない。
テストでティッシュに含ませて叩いてみると、白くなっている! (わかりづらいけど)

photo frame 4

布にハイターを含ませて、全体を湿らせて乾燥させればできあがり。
一皮むけた感じはしますが完全に白にはなりませんでした。写真はわかりづらいからもういいや。

注意した方がいいのは、やはり紙なので水でびちゃびちゃにすると曲がってしまいます。
なので希釈しないでやった方がいいと思います。あと換気とゴム手は忘れずに。

それなら小さい方もお金かけずに最初からこれで行けばよかったと思うのですが、
時間が経った時にどうなるかわからないので経過をみて判断しようと思います。

そして、大きい方のフレームは元に戻したのですが、小さい方の写真は アレ だったんで元に戻す気がしないので
代わりに昨年の旅行の時に撮った写真を飾る事にします。

photo frame 7 photo frame 6

単なるスナップを加工しただけなのでフレームに入れると絵が負けてしまうのですが、最終的にこれにしました。
あと、やっぱ家のプリンターだと黒がしっかり出ないなあ。

また飽きたら入れ替えよう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/90-17f1707a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。