M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそらく、30歳以上の人しかわからない話 (つづき)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

それにしても「紹介」っていい響きだ。

次の日は午後から直接そこに向かう事にします。

US Walk Traffic Signal

マグナスは仕事があるみたいで、もう一人の人が相手をしてくれます。

その人はマグナスをここに引っ張ってきた先生?牧師?のような人でした。


良く考えてみると、自分は遊びに来てますが、ほかの人は仕事をしに集まっています。

なので、ちょっとはその教会の活動に関した事で関わった方がいいのかと思いました。

で、その人が、「教えのようなものをちょっと勉強してみる?」と言うのでやってみる事にします。

英語の勉強にもなるし、アメリカの文化の背景を理解する為には良い経験だと。


机に座って眺めてみます。


残念ながら、何が書いてあったかはよく覚えていません。

一つ覚えているのは、何事も2つの世界があると言う事。表と裏、陰と陽、男と女のように。

確か聖書には、神が光を昼、闇を夜と名づけて、
乾いたところが地で、水の集まるとこが海だとかなんとか言ってた記憶がある。

それで、それらは常に一体だという事でした。

例えば男と女だったら結婚して1つになるのが自然な姿だと。そんで子供ができる。

なので、同性愛とか、離婚とか、中絶とかダメという考え方のようです。

東洋の考え方にも似たものがあるのでまあ、理解できなくはないです。

表と裏、つまり人勧万事塞翁が馬みたいなもんだろと。(ちがうだろ)

その2つのものが存在する構図を図柄にしたものが、よく和太鼓なんかで目にするマークみたいなもんで、
ああ、あれはそういう意味なんかと逆に、教えられたりします。

Futatsudomoe.jpg

やっぱり西洋の世界とはいえ、人の心に関する思想だから
世界共通なもんは共通なんだなと思ったのでした。

☆☆☆

とか、そんな内容を小一時間くらい一人で勉強していると、
「アヤ子」が来たとマグナスが教えてくれます。

まってました。と、言うか、その為に今日は来たんだっつーの。

で、マグナスに紹介してもらいます。
アヤ子さんは、普通にいい感じの人でした。年は上だろうか?

よく、日本人でも長くこっちに住んでるうちに、メイクがやたらと濃くなる人が多いんだけど、
アヤ子さんはそんな感じどころか逆に飾りっ気のない感じです。

なんか、いい感じだ。

などと、浮ついている横から、マグナス、

「アヤ子は結婚しているから」

ええ!? なんだよそれ!?

う、そうか、、そんなうまいこと行くわけないわな。

くっそ。がっかりです。。



で、気を取り直して、その人とも話したのですが、かなりその教会の教えに忠実な人でした。

何か芯の強さを持っているように思えました。

そのせいか、話していて自分の考えと合わないところがぽつぽつあることに気付くのでした。



夕方になり、マグナス達と夕食をという流れになりました。

自分がいい寿司屋を見つけたんだけど、どう?と提案したんですが。

「寿司は高いからいいよ」と断られます。

最近、リーズナブルでいいとこを見つけた嬉しさと、
日本人がいい寿司屋を紹介すれば喜ぶと思ったのですが、
なんか皆とノリがあってない感じがしました。

「夕飯はここで食べよう」「君の分もあるから」と、仲間の一人が言います。

「え?ここでたべっるって?」と思っていると、彼らが来いと言うので、階段を下ります。

地下もその教会の施設のようで、そこはちょっとした食堂でした。

順番に皿に食べ物を盛っていきます。


すると、

驚いたことに、巻き寿司が用意されていました。あと漬物も。

あ、「スシがある!」と言って仲間の一人を見ると大きな笑みを浮かべています。

「ひょっとして、自分が来るから日本の食材を用意してくれたんだ」そういう事か!

餃子や漬物まで用意されていました。

「うわ、日本食が食べられる!」

まあ、餃子は中国だし、漬物はキムチなので韓国で日本食ではないんだけど、
そんな違いは外国では些細な事です。

わざわざ用意してくれたんです。その気遣いが相当嬉しく感じました。


ただ、食べものは全般的には質素なもので、小学校の時の給食のようでした。

ここでふと気づきます。教会の運営は厳しいんだと。

そういえば、施設の外観もそうですが、内装も華美な所が一切ありません。

このような中、皆は私の食事に気遣いしてくれたのに、私は寿司を食べに行こうとか、
全く場の空気を察しなかった発言をしたことが、非常に恥ずかしく思えました。

なんて自分の事しか考えないやつなんだと。。。

ここに来たのも、英語の勉強になるとか、女の子を紹介してもらえるかもとか、
自分の都合ばっかりです。

自分の人間のできてなさに、ちょっとへこみます。


さらにつづく。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/76-e4fced9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。