M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルワースビル / Woolworth Building

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

さて、前回のメットライフタワーの時にちらっと登場しましたが、今回はウルワースビルです。
かつてUSでも多数のチェーン店を誇ったのディスカウトストアのウルワース(現在はスポーツショップのフットロッカー、UK、ラリアでは同ブランドを使用してますが別の会社)が、本社として保有していたビルですが、個人的に好きなビルの一つです。 

Woolworth2.jpg

5セント/10セントショップで富を成したウルワースが本社を立てるに当たり、最初は普通の10-20階建のビルを計画していたようですが、徐々に考えが大きくなり、世界で一番高いビルを建てるという飛び過ぎじゃねーのという計画に変わりました。1911年にブロードウェーとパークプレイスの角地に土地を見つけ、当時最も高かったメットライフタワーを5階上回る55階建のビルを狙います。

Woolworth Building Under Construction Restored

そして1913年4月に、ワシントンのホワイトハウスででウイルソン大統領がスイッチを押し、ビルに設置された8万個の電灯を灯してウルワースビルが完成します。自身が望んだ通り、60階、241mの世界で一番高いビルの称号を40ウォールストリートビルに抜かされる1930年までの間得る事になります。58階には展望台があり、1945年まで一般の人も入れたので人気を博したようです。

Woolworth Building 1997

28階までの基壇部(低層部)はカタカナの「コ」の字の背の部分をブロードウェイ沿いに配しており、その背の部分にタワーが乗っかっています。

Woolworth1.jpg

上の写真でも分かる通り、ブロードウェイに「直に」面して建っているのが特徴です。この後に建設される超高層ビルは全て通りからセットバックされて(奥まる形で)立っています。ウルワースビルの配置/形状は後に制定される都市計画に関する法律、高層ビル区画法、いわゆるゾーニング法制定に大きな影響を与えたとされています。

このビルのもう一つの特徴は、ネオゴシックという建築様式で、ウルワース自身、ロンドンの国会議事堂が好きだったらしく、多分にゴシック様式のエッセンスが取り込まれました。完成時に「商業の大聖堂」と評された程です。

woolworth flying

外装は白く着色されたテラコッタ張り(現在はガラス繊維の人造石に改修)で、シルクエクスクスチェンジビル 同様、頭部のみ銅板が張られたような青緑色ですが、ここはペイントです。小さな尖塔が配され、ガーゴイル(変な彫刻)も施されています。まあ、このあたりはご愛嬌ですが、構造支持と関係ないフライング・バットレス(飛び梁)もあったりして、ちょっとしたパチもの臭が良いアクセントになっています。



内装には、ゴシック様式の特徴である、ヴォールト(天井を支える仕組み)を模した装飾を見ることが出来ます。ヨーロッパの大聖堂の様に、天井や柱の部分にもモザイクや彫刻がちりばめられており、かなり見ごたえのあるものだそうですが、911のイベント後に警備が厳しくなって、現在は残念ながら一般の観光客が見る事はできません。

ヨーロッパのゴシック大聖堂を、引き伸ばしコピーしてしまった事、また、現代建築ではありえない、いきなり通り沿いにそびえている感が、これまた例の方々にはヤバイ感じが漂う内容になっている所に人々は魅了されるのだと思います。

ウルワース本人は1919年で他界しますが、1998年までビルはウルワースによって所有され続けます。2012年時点では、基壇部28階とタワー部分の30階は別の所有者が保有しているようで、下のベース部分は商業ユース、上部のタワー部分が高級アパートとなっているとのことです。

☆☆☆

ビルの話とは全く関係ありませんが、Woolworth って「ウルワース」だと思ってたのですが、google様に
「ウールワース」だろボケと言われます。ウールワースが正しいのかもしれません。 まあ、いいや。

☆☆☆

下の絵ハガキ中央がウルワースビルで、左端の緑と茶のビルは次回取り上げるビルです。
いよいよ次回、建物シリーズの最終回です。

 
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/73-2f507893
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。