M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Silk Exchange Building /シルクエクスチェンジビル (SOHOの変態ビル)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

SOHOを紹介する文面に、「昔の面影を残した美しい建築物が並ぶ…」等と書かれていますが、個人的には「美しい」などとはさっぱり思いません。

なんか、「同じ様式だなあ」とは思いますが。 というか、ちょっと「わざとらしくね?」とさえ感じます。
なので、あまり写真を撮る気になりませんでした。 何と言うか、心奪われないんですね。

そんな中、実は、SOHO地区で心を鷲掴みにされたビルがひとつあります。

これです。

The Silk Change Building 1

帰国後に調べた所、The Silk Exchange Building という名前のビルです。

ブルームストリートと、ブロードウェイの角の南東側に立っています。おそらく、ブロードウェイからくるとそのヘンさ加減気付かないかも知れません。

私は、東側、ブルームストリートから歩いて来て、ふとその存在に気付かされたのです。
なにかがおかしいと。

何がおかしいかと言うと、奥行が 61mに対して、幅が 8.5mしかありません。
これが高さ 12階となると、一種異様な形になります。近代建築ならこういうのもあると思いますが、外見が古くてこの形はおかしなものがあります。

また、表面の装飾はかなり凝ったものですが、中世の呪いがかかているような、一歩間違えば悪趣味です。 20世紀が始まろうかとする時代に建ったビルでこれはないだろうという感じです。

The Silk Change Building 4


周りのキャスト・アイアンの建物の倍くらいの高さで通りの角地に建っているので、威圧感がすさまじいです。

前回SOHOの歴史でも触れましたが、キャスト・アイアンの建物がそろっているこの地は歴史保護区に指定されたわけで、そのど真ん中に脈絡なく異質なビルがそびえ立っているのが変態度高いところです。

The Silk Change Building 3

作りはキャスト・アイアンではなく、鋼鉄のフレーム、装飾はテラコッタ、外壁はバフ掛けした白基調のライムストーン(窓枠の一部にローズストーン)、コーニス部分(屋根の上にある額縁のようなひさし)の緑は銅板製のブラケットという、かなり装飾に凝ったビルで、完成当時はNYタイムスに「モダンで近代的なビル」と評されました。

ただ、やはり当時からそのやりすぎ感はあったようで、巷では「ウエディングケーキ」と呼ばれていた様です。
こういうのを言い得て妙と言うのでしょう。

The Silk Change Building 2

装飾には気合入れて作られたと思いますが、これはブロードウェイの南側から見た所ですが、見えない部分は手を抜き過ぎです。

silk excahge building

完成後は、その名の通り、シルク産業関係の会社が入っていたそうで、1900年代初頭のシルク取引の中心地として活用されされたそうです。 

しかしその後は前回書いた通りで、この地区のアップタウンシフトよる荒廃は免れませんでした。
網戸や時計など、名前と関係ない会社がテナントとして入ります。

とは言いながら、動乱のSOHOの歴史の中で、このビルは取り壊される事なく活用され続けます。

The Silk Change Building 5

ここからは完全に個人的な見解ですが、当時の建物の装飾には、
1)ビルの建設者(所有者)の見栄や力の誇示、
2)ビルのテナントを引き付ける為の宣伝 

があったと思います。

2)がそうであった場合、今日までこのビルが持ったのは、この異様な外観があったからこそと考える事ができるのです。

1985年には25世帯の住居も入り、今日も元気に近隣のビルに向けて変態光線を放っています。

一度気付いてしまうと気になってしょうがないビルです。もしSOHOに行ったらぜひ見に行って下さい。
巨大建造物恐怖症の方も、同マニアの方もきっとご満足頂けると思います。。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/66-98235ad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。