M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFK 空港とマンハッタン間の移動 (ニューヨークタクシー)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

NYC Taxi

ニューヨークの空港とマンハッタン間の移動はちょっとめんどくさい。
エアトレイン+地下鉄(or市バス)、空港バス、シャトル、タクシーのどれかになると思います。

荷物が多い(大きい)、時間が無い、2人以上、グランドセントラルかポートオーソリティー
近くにホテルを取っていない、となると、タクシーが最良の選択肢に思います。難点はもちろん、

お金がかかるという事ですが、、、

2013年10月現在、空港からマンハッタン内の料金は 52USD均一です。均一料金なので、
タクシーの運ちゃんは早く仕事を終えようと、有料の橋やトンネル*を使います。
(*ブルックリンブリッジとクイーンズ・ボロは通行料無料です。
ただ、その分渋滞して時間がかかる事が多いのです)

例えばローワーマンハッタン以外のホテルに行く場合だと、ミッドタウントンネルか、
トライボロを使うと思います。
その場合、ETC割引のようなものが適用された場合で通行料が別途 5.3USDかかります。
それに税が 0.5USD程、チップを入れるとだいたい 65-70USD / 1台になります。

私達はチップに 10USD出したので、全部で 67USDちょいでした

最近のNYC公認の黄色いタクシーには、フロントシートの背面に、TV他、
情報提供用のモニターが付いていて、そこに料金も表示されます。
また、クレジットカード払いの場合は、この装置を使って出来るようになっています。



カード払いの場合、表示された料金にチップを任意で入力する必要かあります。

チップは、10%、20%と表示されるボタンをタッチして決定する他、
テンキーの様な画面から数字で入力する事もできます。
このモニター下部にはクレジットカードをスワイプする溝があり、
金額が確定してからカードを通し決済するようになってました。

先の話の通りで、今回の旅行の心配事の一つは帰り、マンハッタンから空港までのタクシーで、
遠回りされないか(前回された)と、タクシーがすぐ捕まるかを心配してました。

そして、案の定、予想の斜め上を行く結果となりました。

☆☆☆

繁華街から離れた小さめのホテルとはいえ、朝方はホテルの前で黄色い
タクシーをちらほら見る事が出来ました。

当日も、出がけにホテルの部屋から下を見ると、
階下にタクシーが停まってたのでそれ使おうと思い、
下に降りたらいなくなっていたので、普通に、フロントにタクシー呼んでと頼んだら、

「ん?お前は、俺にタクシー呼んでくれと言ってるのか?」と聞き返されました。

内心、え? と思いましたが、自分の英語の問題だと思い、「そうだ」と答えたら、
10分くらいかかるというのでロビーで待っとけとのこと。

しばらく経って、黄色タクシーが来たので、来た来たと思い席を立つと、
フロントの人が自分たちのスーツケース2つ持って歩き出しました。
あれ、なんか親切だなと思っていると、前に止まっていた黒いリムジンのトランクに
スーツケースを入れようとする。

「え、こっち呼んだの?」と、驚いていると、とっととトランクに詰めてしまった。

こうなったら「いやいや、黄色い奴で」とは言えない。
ましてや、黒塗りのリンカーンの前で「おいくらですか?」なんて聞ける雰囲気ではない。

腹をくくり、フロントにありがと言ってチップを渡して乗り込む。
料金メーターなんかついてない。やっちまったかも? 胃の下あたりがむずがゆい。

座席の前にIDがあったので、とりあえずなんかあった時の為に写真を撮っておく。

Limo1.jpg

ミッドタウントンネルを通る時に、E-ZPass(ETC)がついてないので割引が受けられず、
キャッシュで運転手に7.5USD も渡す事に。往路より余計にかかっていて、この先どうなるかと思いやられる。

運転は丁寧なんだけど、バンバン飛ばしてくれて30分程で空港についた。

で、ドキドキの料金は、、、、、、税込で 67USD! (チップ、トンネル通行料含まず)
どうも、ホテルとの契約料金のようで、事前に取り決められた紙を見せてくれた。

トンネルの通行料が余計にかかったりして、17ドル程往路より余計にかかったけど、
そんな普通のタクシーと変わらない。

室内はきれいに清掃されていて、革張りのシートで広くて快適だったので、もし、次回とかに、
3人以上のグループで旅行に来たなら、迷わずリモを予約しようと思います。

Limo2.jpg

ああいったビジネスホテルに毛が生えた程度のホテルでは、
タクシー止めるのも自分でやるのが普通なんでしょう。
ベルボーイとかドアマンとかいないので、フロントにタクシーお願いしたからああなったのかな?

まあ、予想外だったのですが、いい経験になったという事で。。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/57-38b4db6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。