M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY NEX-5R購入 その後

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

nex5r.jpg

前回から、ファームアップして、PCへの転送の設定して何枚か撮りました。
実際撮ってみると、なんというか、すごく違和感があるのです。

見た目がデジカメの中でも前衛的で、インターフェースが完全PCかスマホの感覚なのに、
シャッター切った時だけ「カシャ」とか言って昭和感が半端ないのです。

なんか、銀座のアップルストアのトイレが和式便所だったみたいな。  ちがうなあ。

まあいいや。 一切黙ってるか、SFチックな電子音くらいにしといて欲しかったと言いたかった。

☆☆☆

冒頭の写真の通り、つるしの状態なんで愛着など湧こうはずがありません。

やつは機械なのでこちらから歩み寄る必要があります。
ちょっとカスタマイズしてやろうかと。
 

と、その前にフィルター問題を片付けます。

フィルターって銀塩の時は絶対付けるもんだと思ってましたが、最近のレンズは性能も上がり、
逆に「画質が低下する」「逆光時にフレアを増長する」などデメリットを懸念して付けない
という意見もあります。

保護の目的は残るようですが、小型カメラの場合、私のこれまでの使い方では問題ありませんでした。
でもレンズが幾分デカくなるから不安ではある。んー、迷う所である。。

と、いう事でひねり出したアイディアが、フィルターに保護以外の目的をプラスさせる事です。

カラーフィルターというのが出ていて、「ドレスアップアイテム」としてフィルターを活用するのです。
>> Marumi (マルミ)
>> Kenko Tokina (ケンコー・トキナー)

黒ボディーなら赤を選んだんですが、白なんでパープルに。色が濃いマルミのを選びました。
いいかんじの色合い。

filter stepupring

広角ズームのフィルター径は40.5mmといかにも小さく、また、望遠ズームとの互換性も考えて49mmに。
ちょうどアマゾンで、40.5=>49mmのステップアップリングが他の商品と抱き合わせで380円と割安になって
いたので釣られてみたら、ビックカメラとかで普通に400円くらいで売られていた。まあいいか。

Tさんに「ほら、いいでしょ」見せたら、「誰も気づかない」と言われました。
誰も気付かないレベルのものに3000円も払ったとは口が裂けても言えなくなったので、
黙って墓場まで持っていく事にします。
と、言うか、外周に色が付くだけで値段1.5倍っていくらなんでも高すぎるだろ。

nex5rwithfilter.jpg

☆☆☆

それで、付属品のストラップですが、なんか垢抜けない。ネットを漁っても気に入るのがないし、あっても高い。

original strap

こうなった時の、必殺自作です。
が、そんなの最初っから出来るわけないので、今回は付属品のストラップに布を撒くお手軽自作です。

布は、フィルターの色に合わせてパープルにします。帽子のリボンを自作した時の パープルの
端切れが残っているのでそれを使います。

適当に8Cm X 60Cmくらいに布を切って二つ折りにし、ミシンで縫い留めて細長い長方形を作ります。
表裏に返す前に、両端を袖をめくるみたいに外側に2Cmくらい折り返し、中をゴムが通るように
手で縫って行きます。

で、表裏をひっくり返し、両端の袋部分にゴムを通して出来上がり。1時間程でできた。


strapcover.jpg

そしてフィルター、ストラップカバーの両方つけるとこんな感じ。

filter strap

そして実際にカバンに入れて出し入れすると、レンズキャップもあった方が良い事に気付きます。
と、いう事でキタムラに行って、中古のコーナーでキャップを探したら300円でこんなものが。

lens cap

52mm用と書いてありましたが、かぶせ式なので、49mmのフィルターにぴったりとはまりました。
金属製で、裏に植毛もしてあり使い心地はいい感じです。

看板に偽り大ありですが、昭和なシャッター音出す奴にはちょうどいい。
ふん、これでちょっと愛着が湧いたかも。
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/46-40e705e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。