M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機ではどこに座るべきか? 

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

ベガスに着いて、体が斜めになりながら、現地の人に今あった事を話をしたら、
「そんなの普通」 って言われて、なんだ普通かと、そのまま忘れていたのですが、
「ある写真」 を見て思い出したので、ここで書いておきます。

☆☆☆

ベガスに行くのが2度目くらいの時です。
ダラスで乗り継ぐのですが、乗継便の使用機材はMD-80型で、
進行方向に対して左側が2席、右側が3席という変則な横5席の機体でした。

md-80 cabin MD-80 室内

我々2人なので、当然こういう場合は2席側を予約するのですが、
この時はあえて3席側を予約しました。 何故かと言うと、
 

ベガスの街並みを上空から見たいと思ったからです。
いろいろ調べると、多くの場合、右側席だと着陸時に上空から景色が楽しめるのです。
なので、右側3席の方を窓から連席で2席を確保します。

主翼に遮られては元も子もないので、主翼の前か、後ろかですが、後ろにします。
前から順番に予約が埋まっていくので後ろだと残りの通路側の
席に誰も来ないかもしれないからです。

☆☆☆

そして当日、その乗継便の搭乗が開始され、機内を進みます。

普段は、精神年齢5歳児の私が窓側を占領するですが、
この時はベガスの景色が見えるからとTさんに譲ります。
つまり、私は3席の真ん中です。

搭乗時間も終わりになりますが、私の左隣は誰も来ません。
これでベガスまでの空路の快適性は確保されました。

そしてドアクローズド。 その前の席も空席なので、
やはり後ろの席にして正解です。

そしていよいよ出発かと窓の外を見ていると、
視界の左側で2つのモコモコした物体が動いているのに気付きます。

「ん?」

通路の先の方を見ると、とんでもなく太ったおばさんが2人立っています。
ぽっちゃりとかいうレベルではなく、ジャバザハットクラスのおデブさんです。

通路の席と席の間に挟まって、なにか横を向いて踊っているように見えます。

「なにやってんだ?」

と思ったんのですが、見間違えで無ければ2人はモゴモゴしながらも、
そのシルエットが徐々に大きくなっています。

「まさか…」

そう、モゾモゾ歩いていたのです。
なんとこっちに向かって来ているのです。

「ええ、まってまって」

いや、良く見ると確実に遅れて搭乗して来た風体です。
なんかカバンも持ってます。

「ここじゃないよね?、ここじゃないよね?」
という悲痛な叫びも空しく、デブ1 は左前の席に、デブ2 は私の左隣りに。。。

「ぐぅぅ」 地獄確定

デブ1 は デブ2 よりやや小さい。でも、座るのに四苦八苦している。

て、ことは、左の デブ2 は席にはいらないんじゃないのか?
「お客様こちらへどうぞ」 ってどっか連れてかれるんじゃないの?

と期待してみたが、デブ2 は デブ1 が座っている、前のシートの上端を両手でつかみ、
「ふん!」 といって無理やり横スライドさせて間に入ってきた。
ちょっとやわらかいらしい。

でも デブ2 が前の席を掴んで、ぷるぷるしながら体を支えているので、
その振動で前の席がぐわんぐわん揺れている。

デブ1 の隣の客達がびっくりしている。
ちょっと可笑しい。

デブ2 はその前の席と自分の席の間に挟まって動きが停止した。

あ、と言うか、絶対この座面の幅では入らない。 まさか、この姿勢のまま飛ぶのか?
と真剣に思っていると、デブ2、

前の席に手をかけたまま、器用に前後に腰を振り出した。 
くいっ、くいっ、って。

どうも反動をつけているようで、3回程腰を振った後、肘掛と肘掛の間に
どーん!とお尻をめり込ませた。

事故の衝撃に耐えられるように設計してある強靭なシートが前後にグラつく。
本気で折れないかと心配になった。

「やべえ、座った。。。」

そして予想通り、こっちの席の何分の一かに デブ2 の肉が侵入。
私も体は小さい方ではないので、上半身だけ右にシフトさせるという
アクロバティックな恰好で約1時間半過ごすハメに。

しかしこの2人、機内サービスで出されるスナックを食べるのはもちろん、
着席後から自前のでっかいポテトチップスの袋を出して食べる食べる。
後ろの人(デブ2)のポテチが無くなると、前(デブ1)から新しいお菓子が文字通り飛んでくる。

ジュースを1度に2缶要求し、おかわりも要求。3回目の要求で、
CAさんに「もうダメ」 って言われると文句言う。そんな人はじめて見た。

☆☆☆

「飛行機に乗れたんでしょ?だったらその人達はデブとは呼べない」
「そんなの普通」
「アメリカのデブは本当にデブだから」

と、現地でガイドをしている日本人の方が教えてくれました。

ちなみに上で言っていた「ある写真」とはこれです。

on AA

アメリカン航空はここまでの人は乗せるようです。

☆☆☆

で、そういう人が座るべき席の位置なんですが、非常時を考えた場合、

AA evacuation MD823 AA evacuation MD82

・ まず、窓際はダメ。入れたとしても、脱出に手間取って逃げ遅れる。
・ 前後方向は主翼付近はダメ。翼に降りる非常扉は小さくて出れないから => Bがムリ
・ その他真ん中あたりだと中央通路を使って前後の扉まで逃げる事になるが、
  あの調子だと途中でスタックして後ろになった人は全員道連れ。=> Aはマズイ
・ 前方か、後方ならいけそう。 特に最後尾。=> Cならいけそう

と、いう事で、自分たちがいた場所付近はそういう人達の定位置なのかも?。

debu sample


誰か航空関係でご存じの方います?
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/45-747ad109
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。