M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL 006 NRT-JFK

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

本当は、夏休み工作第二弾を載せる予定だったのですが、
予想に反して手間取っているので先にこちらを上げときます。

その前に、

ボブ君はこの部屋に入る事は許されていないようです。

  

☆☆☆

秋の旅行計画で、NYを先にする旅程となった事で実現したのが、
30年以上ぶりのJALで行くNYです。
自分の人生初の飛行機搭乗がJAL006便でした。

1979JL006.jpg

これは当時(1979年5月)の写真をスキャンしたものですが、使用機材は当時の最新鋭機だったDC-10。
機体がピカピカです。

搭乗する際に、特徴的な垂直尾翼を貫通するように配置された第2エンジンが見えて、
「なんか軍用機みたいでえげつないな」と思った事をうっすら記憶しています。
最新鋭ではありましたが、航続距離が足りずにアラスカで一度給油してたので、
今よりさらに2時間長いフライトだったようです。

飛行機など図鑑でしか見たことが無かった田舎者のM少年は、
窓がない席だったので周りの様子が何もつかめません。

だいたい、こんなキチキチに詰まった座席に座って行く事など予想もしてなく、
床に雑魚寝して行くくらいの感覚でいたので少々戸惑います。

周りの人が、「さあ飛ぶぞ」「飛ぶぞ」と口にするのですが、
突如、ものすごい勢いで走り出した事に、何事かと大いにびっくりします。

飛行機って、びよーんって垂直に飛ぶものだと思ってたからです。

まあ、これがJAL006便の思い出なのですが、その時の機内誌があります。
P1030662.jpg

機材紹介のページ
P1030663.jpg

まだDC-8の記述があります。あと、747の2階はスカイスリーパー(ファーストクラスの人用のベッド)
P1030664.jpg

当時の路線図です。欧州線などアンカレッジを経由しているのがわかります。
P1030667.jpg

ブラジル、メキシコ線があります。
P1030669.jpg

ボンベイ、コペンハーゲン、アテネ、カイロ、テヘラン、カラチ、アブダビって、し、沈まぬ太陽。。
P1030668.jpg

機内放送のプログラム。日航独演会は初代林家三平と春日三球・照代でした。
P1030666.jpg

広告も時代を感じます。リコーのサンキュパ。
P1030665.jpg

この頃はデジタル時計が流行ってました。
P1030672.jpg

西武自動車。。。
P1030671.jpg

☆☆☆

JALはなにやら新シートを導入中ならしく、NY便にも最新フルフラットシート導入決まったようなので楽しみです。

アメリカン航空は最初、エコノミーでも市販の雑誌を配るくらい、気合入っててよかったのですが、
太平洋線最大を誇ったシートピッチも狭くなり、だんだんディグレードされています。

アライアンスの再編も進んでおり、マイルをどこで溜めて行くか再考のタイミングでもあるので、
乗り比べの良い機会になればと思っています。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/41-81c72cca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。