M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの工作 その1 (ハットのリボン)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

「あまちゃん」が人気だそうで。
見てませんが、音楽だけは口ずさむことができるくらい知ってます。
これのおかげで。



どこで「やつ」が出てくるのかわかってるんですね。
これはPart1ですが、Part8くらいまであります。

ここまでの話とまったく関係なく、暇にまかせて手芸屋に行き、また端切れを買ってきました。
一つは150円で、もう一つは160円の半額で80円と激安。

布

これで何をしようかと言うと、俗に言う「ユニバレ」「ユニ被り」対策をしようと思います。

ユニクロですが、最初の頃はLサイズでOKだったのですが、
私は肥大化した覚えはないのですが、今ではXLでも小さくて着れなくなったので、
服は買わず、靴下とか下着とかを使ってます。

今回もそんな感じでご近所俳諧用に入手したものですがちょと手を入れてみたいと思います。

まず、長方形に布を切り出します。
長さ61Cm、幅7.5Cmで一旦袋を作り、アイロンでギャザー?タック?を入れて、
出来上がり時の幅を3Cmにします。

早くも完成。

リボン2


何に使うのか? 

これに使います。

ユニクロ ハット

セールで1300円程でした。
どこにでもありそうなものなので、もともとバレなさそうですが、
ひと手間加えると完全オリジナル商品です。

ユニクロ ハット リボン1

調子にのってもう一つ作ります。

ユニクロ ハット リボン2

このハットはもともと女性用なんで、これをつければTさんも使えるという事なので2度おいしい感じです。

コツは、きれいに帽子の側面に布を這わせる事です。
頭を入れる部分が、上部に向かってちょっとテーパーがかかっていますのでそのまま這わせて行くと、
布が下にさがる事になります。

裏表関係ないものは両サイド途中で折り返せば継目で元にもどります。

折り返し

裏表があるものは一旦後ろで下に下げておいて、
まとめて折り返します。
折り返しのところが汚くなるので別布でリボンのようにまわして隠します。

折り返し5

作業時間より構想時間の方が長くなるほど裁縫は慣れてきました。
もうミシンかけるのも怖くなくなってます。

だんだん難易度が下がってるので今度はちょっと難しいのにでも挑戦するとしましょう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/39-95b29d01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。