M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメはフイルムカメラが進化したものではない。

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

またちょっと、カメラ購入を検討して思った事を。。

☆☆☆

デジカメは、フイルムカメラの後に出てきて、市場を取って代わったので、
フイルムカメラが進化して置き換わったもの見るのが一般的だと思います。

確かに、供給者の立場(市販されている機材の成り立ちを)から見ればそのように思えますが、
使用者(どう使うものか)から見れば、そうではないと考える事もできます。

ところでみなさん、デジカメで撮った写真はどうやって使っています?
 

プリントしてアルバムに保管してますか?
多くの人はNOじゃないでしょうか。
電子ファイルのまま、TVやPCのモニターで見たり、SNS等でシェアしてると思います。

これって実は、これまでフイルムカメラで撮った写真の使い方ではなく、
動画のようなビデオカメラなどの使い方と同じですね。

そうであれば、フイルムカメラはプリントを撮る為の機材で、
デジカメは電子ファイルを撮る為の機材と、
別々のニーズに対応した別々の機材だと見る事もできます。

つまり、使用者のニーズ(何が必要か)を起点に考えれば、
必ずしもデジカメをフイルムカメラの延長として捉える必要はないのです。

「なんでそんなめんどくさい事考えるの?」と思うかもしれませんが、
案外面白い見方が生まれてくるのです。
デジカメの選び方が銀塩(フイルム)時代と180度変わって来ます。

私の銀塩時代の基準は、まず画質、レンズの描写やその作り出す絵の雰囲気が一番で、
次にファインダーの見え方や、後はデザインだったり、シャッター音とかだったのですが、、

■ 画質など気にしなくて良い。
安いカメラと高いカメラでは出せる絵の品質(情報量)が違うのはわかってます。
フイルム=>デジタル(プリント=>電子ファイル)に変わって、私の写真に対するニーズは、ぱっと鑑賞/シェアするというものに変わりました。その為にはハンディーなファイルサイズである必要があります。 高画質=情報量大なので、結局は逆のことを撮った後にやらないといけません。
なので、使用シーンを考えると必ずしもトップエンドの絵が撮れる機材である必要はありません。

■ 画風も気にしなくて良い。
当然メーカーによって作り出される絵に差はあります。 フイルムの場合、撮った時に既にあらかたの勝負がついてますが、デジタルの世界は撮ってから自分で手を入れます。
RAWで撮影だけしておけば後でソフトで補正すればよいので、カメラには並みの素うどんを出してもらえば良いのです。 素うどんの世界でも味に違いはあるでしょうが、それは些細なことという認識です。

フイルムの世界はプリントが最終的に見るものとして「固定」されていました。
ですが、デジタル画像はモニターを介して見る/見せますのでまだ「変動」要素が残っています。
いくらこちらが画質や、画風に拘って調整をした画像ファイルであっても、
見る人のモニターの質や、キャリブレーション設定によって絵が変が簡単に変わってしまいます。
なので、上記の二つは割り切りが可能じゃないかと言う事です。

さらに言うと、

■ファインダーの出来はおろか、ファインダーすらいらない。
フイルム時代のファインダーは、出てくる絵を想像するのに最も大切な部分だったのですが、デジカメは結果がすぐ出るので気に要らなければ取り直せばよく、銀塩程重要でないと思っています。 むしろ背面のモニターの(できた絵の)再現性能の方が大事だと思います。
そして、ファインダーを除いた事による小型/軽量化は、携帯性を向上させて、「必要な」絵を手に入れる確率を高めてくれます。

という極論に至る事もありえる訳です。

自分も、これまで上級機種=良いものという考えで、自動的にそっちを選ぶつもりでしたが、
なんとなくちがうんだろうなと感じて来ています。

そういった頭でフラットに見てみると、コンデジとかの入門機の方が、
デジイチなどの中上級機より、目に見える進化が大きい事に気付きます。

コンデジやスマホなどのライトユーザーを対象とした入門機の方が小型/軽量化が進み、
wifiやタッチシャッターなど新しい機能が早く取り入れられます。

使用者の余計なバックグラウンド(過去との関連)が無い分、使い道、
使い方が自由で機材もそれに呼応御する形で目に見える進化が大きいのでしょう。

対してハイアマ向けの上級機種は描写性能等は断然良くなって来ている一方で、
目に見える革新的な進化の度合いが少ない様に見えます。

これはハイアマ向けが進化しとらんと言ってるのではなく、
過去との関連(知識とか慣れとか)を維持したいというユーザーのニーズに対応しているからだと思います。

「もう、お前はコンデジでも使っとけ」と言われそうですが、
自分は過去からの関連を引っ張るタイプなんです。

というか、過去のフイルムカメラが好きだったからこそ、
デジタルだからこそできるようになった事に価値を見出すんだと思います。

愛すべきフイルムカメラ達を押いやったんだから、単なる代替え品でなく、
デジタル技術でぐうの音もでないくらい革新しろよ、
という事です。

たとえばこんな感じで





☆☆☆

普通、何か得体のしれないものが現れた時、それが何かを理解しやすくする為に、
自然と頭の中で、何かと何かを結び付けようとします。

上記の、「デジカメはフイルムカメラの進化版」というのは新しいものを既存のものにあてはようとする、
よくあるパターンだと思います。

ひょっとすると、イノベーションを阻害する要因はこういう所にあるのかも?と思った次第です。

あ、2,3週間以内に何買ったかを報告します。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/37-ac83c4eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。