M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバンのホイールが欠けたのを靴修理剤で補修したその後どうなったのか

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回登場した、ガオミ(スタルクの旅行カバン)の話で一つ伝え忘れたことがあるのですが、それは、3年前にやったホイールのゴム部分の修理 を靴の補修剤でやったのはよかったのか?です。

修理して約3年たった現在の姿はこちら。

gaomi repair 10

ほとんど変化ありません。見た目が美しくない以外、ホイールはスムースに回り続けており、シューズドクターを使っての修復は成功と言えます。

実は前回のカバンの穴を修理したついでに、車輪の新たに欠けた部分を再び修復してました(シューズドクターで補完したぶぶんは欠けてませんがオリジナルの部分が欠けていたのです)。そこで一つきれいに仕上げるコツを発見したので再びシェアを。

相変わらずベタベタして整形が難しいのですが、今回、ペタックスのテープをはがした際に出るツルツルの剥離紙をこのようにあててみました。

gaomi repair 11

24時間乾燥させれば、剥離紙はきれいに剥がれ、紙がくっついていた面はフラットに仕上げる事が出来ます。



☆☆☆

さて、スタルクとサムソナイトのコラボのカバンですが、2001年にグッドデザイン賞 を受賞しているんですね。その中で気になったのが

「エレガンスでスタイリッシュ、それに機能性も備わった新しいラゲージラインを作り上げることを目的に、サムソナイト社と工業デザイナーのフィリップ・スタルク氏によるコラボレーションで実現した、新コンセプトラゲージ。」



という一文で、確かに素晴らしい商品はできたのですが、新しいラゲージラインとしては存続しておらず非常に残念な結果です。特に私の持っている特異な形をしたガオミは他の代替えが効かないのでなおさらです。

これの新しいシリーズを出してくれとはいいませんから、サムソナイトさん、せめて再販してもらえないですかね?

と、思ったら、


なんと、スタルクの新しいカバン出てるじゃないですか。気が付かなかったのは日本では売ってないからです。しかもサムソナイトではなく、フランスのカバンメーカー、Delsey(デルセー)から出てました。メーカーを変えて出していたとは盲点でした。

STARCKTRIP DELSEY1

但しこちらも製造終了のようで在庫のみの販売の模様。
一件だけ日本のアマゾンでバックパック?の販売をみつけましたが、なんか写真が合ってるのか不明。



USのアマゾン ならまだあります。あと ここ にも。

私の持っているホイール付きのダッフルバッグはハンドルの取り出し部分が上面から下に移っているのでちょっと使い勝手が悪そう。

STARCKTRIP DELSEY2

☆☆☆

もし、自分のもっているガオミが潰れたら、もう普通の4輪トローリーにするしかありません。
そしたらどれを買うかですが、10年前ならリモワ一択だったんのですが、空港に行くと皆が持っていてユニクロ状態なのであえてパスです。

先ほどのデルセーはさすがおフランスだけあって見た目良いですね。トローリーならこれとか欲しいです。(以下、全部ジッパーではなくフレームタイプ)


その他はゼロハリバートンのゼロニューヨーク。これもかっこいい。


あと今気になってるのは、ハートマンのセブンアールマスターです。ニューヨークのアールデコ建築からインスパイアされたデザインで、リモワと同じ金属製でかっこいいです。高いけど超欲しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[ハートマン] hartmann スーツケース G97*09001 ALUMINIUM (アルミニウム)
価格:161460円(税込、送料別) (2017/3/23時点)


いやいや、ガオミを一生大事に使うんだった。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/278-76c634ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。