M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルンで泊った安くて広いコンドホテル アディーナ アパートメント ホテル メルボルン ノースバンク

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

久しぶりに、ピンポイントでしか役にたたないレビューが書けて本人的にはお楽しみの回です。

選択のポイント

旅行記本編に方でも書きましたが、メルボルンでの宿泊はアディーナ・アパートメントホテルノースバンクです。ホテル選択の条件として、1万円以下、無料のトラム駅が徒歩圏内で、25mプールが付いていることを挙げていましたが、候補に挙がったのは、
1)Hotel Grand Chancellor Melbourne(ホテル グランド チャンセラー メルボルン)
2)Atlantis Hotel(アトランティス ホテル)
3)Adina Apartment Hotel Melbourne - Northbank(アディーナ アパートメント ホテル メルボルン ノースバンク)
です。
チャンドラーは街のド真ん中の屋上にオープンデッキプールがあるという素晴らしい内容でしたが、検討しいる間に為替が動き1万円を超えてしまったのと、トリップアドバイザーでの安い部屋の評価は芳しくなかったので見送り。アトランティスとアディーナはほぼ同じ立地条件で、値段も8-9000円とこれまたほぼ同じでした。最終的に、アディーナにしたのはたまたまエクスペディアで期間限定のセールがあり、さらに値段が下がっていたからです。


ホテル概要

このホテルは、空港を結ぶスカイバスの発着場所であるサザンクロス駅から徒歩圏内で、フリンダーストリートというトラムが走る大通りに面しています。市街地を一周するレトロなトラム「シティ サークル トラム」の「1-Spencer St/Flinders St」という電停がホテルの目の前にあり非常に便利な場所にあります。

Melbourne Tram2

近くのフリンダー通り上にはいくつかパーキングメーターがありますが、ホテル前にはありません。エントランスもありませんので車の人は頭に入れておいた方が良いです。

チェックインでは、カードキーの保証料?とかで1ドル追加請求されましたが、他は普通にスムースです。最低料金の部屋(1 ベッドルーム アパートメント)を選択した私の部屋は3階で、道路からの路地に面した部屋でした。エレベーターは高級なホテルにあるようなカードキーをかざしてからボタンを押すタイプで、一応のセキュリティーは確保はされています。


部屋が広い!

部屋に入ってちょっと驚きました。かなり広いです。入って直ぐはキッチンなのですが、その奥にリビング、壁を挟んでベッドルームと、カテゴリーとしてはLDK付きのワンベッドルームですね。一人が寝るだけの宿にはもったいないくらいに広いです。あとで調べたら48㎡あるようです。

Adina Northbank 3 Adina Northbank 1

キッチンはシンクはもちろん、電子レンジ、コンロ、冷蔵庫、食洗機、湯沸かし器が完備。食器やカラトリーも一家族分は十分にあります。ベガスのマンダリンのように、無料のお茶が豊富に置いてありました。

Adina Northbank 8

Adina Northbank 7

リビングはソファーにTV。そこから小さなバルコニーに出られます。バルコニーの向かいはビルなので眺めはよくありませんが、フリンダー通りが見えます。

Adina Northbank 2

Adina Northbank 13

ベッドルームにはクーインくらいのベッドが一つあり、ベッドに寝ながらTVが見られるようリビングとは別にもう一つTVがありました。

洗面所にはトイレに加え、立派な乾燥機付きの洗濯機も備え付けてあります。洗剤もありました。

Adina Northbank 11

アメニティーもあります。歯ブラシとかはありません。

Adina Northbank 4

シャワーはバスタブのないタイプですが、やたらと広いです。しかもベンチがあって腰をかけながらシャワーが浴びられます。

Adina Northbank 6

そしてトイレエリアもやたらと広いなと思い気付いたのですが、ここはホイールチェアの人が使える、いわゆるアクセシブルルームだったんですね。どうりで広いはずです。

Adina Northbank 5


フィットネスとプール

15階にフィットネスとプールがあり、朝6時から22時まで宿泊者は無料で使用できます。フィットネスは小じんまりとしていて、マシンはランニングや筋トレ用の基本的なものが数台程度です。9時に行ったときにはほかに2人ほどトレーニングしてました。

Adina Northbank 9 Adina Northbank 10

プールは温水で、天井がガラスなので明るく開放的で気持ち良いです。写真では25mありそうに見えましたがおそらく20mくらいでしょうか。あまり幅は無く、水深も1.2mほどですが、ホテルのプールとしては十分です。他のプールと違うなと思ったのは水で、泳ぐと泡が出て、唇に触れた感じがなにやら経験したことない塩気がある感じ。機械室の扉があいていて中が見え、循環濾過はさせているようで問題はないのでしょう。

あと、フィットネスもそうですが、ホテルじゃないのでタオルや水は用意されてません。部屋から自分で持って行く必要があります。


その他、

WiFiは早くはないですが、調べもの程度なら問題なく使えます。パスワード使わずログインするタイプでした。ロビーも部屋も共通なので、チェックインするときに繋いでみて、良くわからなければ受付の人にヘルプしてもらうのが良いと思います(私はそうしました)。


注意点

1) このホテル特有の話ではないのですが、オーストラリアのコンセントは日米と形状が違います。そもそも電圧が220Vですから対応してない器具は使えないのです。私もうっかり忘れていて、スマホやカメラが充電できない!と慌てたのですが、ベッドルームのアラームクロックにUSB電源が付いていたので助かりました。

2) 夜になって部屋に戻ってきて、エアコンの音が少し大きいなと思ったのですが、エアコンではなくて、表を走るトラムの音でした。通りに面してない部屋でしたがそれなりに入ってきます。私は気にせず寝られますが、神経質な人は気になるかもしれません。


総評

5つ星ホテルじゃないのでツメの甘いところも散見されますが、頭を切り替えれば非常に快適です。良い選択でした。
長期の滞在の方や自炊も楽しみたい人にはおすすめだと思います。
 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/273-be88a014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。