M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 エアチャイナでメルボルン (その3) メルボルン市内編

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

メルボルン流

空港から市内まで25分ほどの車中、見慣れた日本車内で、良く知った日本人と、スターウォーズ(ローグ・ワン)の話で盛り上がり、まったくオーストラリアに来た感はありません。一旦ホテルにチェックインし、荷物を降ろします。で、市内をいろいろ見せてもらう。

といっても、10年前の記憶がそのまま通用するわけで、たいして何も変わってない模様。

Lune Park

ちょっと印象的だったのが、市内から一番近いビーチで、平日(もうこちらは年始の休みは終わっている)の18時くらいにウインドサーフィンやカイトサーフィンをする人がいっぱいで、カフェも老若男女関係なく賑わってることです。

仕事を17時でぱっと切り上げて家族とひたすら遊ぶのがメルボルン流だそうな。市内のデパートも19時くらいで閉まってしまうことを旅行者は知っておいた方がようでしょう。


地元民に人気のステーキハウス

とりあえず肉でも食うかと言うことで、知人曰くメルボルンで一番うまいステーキハウス、RARE STEAK HOUSE に行きます。まずはビール。オーストラリアはワインで有名ですが、実はビールがおいしい。特にエールビール。私のお気に入りはこの店にはありませんでしたが Coopers の赤です。瓶内で二次発酵するタイプで、泡のキメが細かく、フルーティーでおいしいのでオススメです。

Rare Steak House 1

で、肉ですが、ビーフは日本でも美味しいものが手に入りますので、ここはラムでしょう。以前メルボルンに来た時に、ホストがBBQで出してくれたラムの旨さに驚きました。今回のも火の入り方が絶妙で、ブラックベリーの酸味が肉の甘さを引き立てています。藁と木を使って焼いたような香ばしい香りもあってすごくおいしい。大満足。

Rare Steak House 2

前菜、ビール、メイン、サイドを頼んで二人で140ドルくらい使ってしまいました。平日ランチもしくは18時半までに入ればセットで一人40ドルのコースもあったのでそれがお得だと思います。

食事後の後、Woolworth に寄ってもらい、明日の朝食とお土産を買う。このエコバッグは99セント=約85円。デザインが良く、軽いので大量配布用のお土産に良いのではないでしょうか。

woolworth bag



目的の一つを果たす

昨晩はホテルまで送ってもらい、疲れていたのですぐ爆睡。

そして、翌日目的の一つを果たすべく活動開始。その目的とはホテルのプールで泳ぐ事です。ホテルのプールでかっちょよく泳ぐことを目的に昨年夏からプール通いしているのです。加えて、新たに買った海パンをデビューさせるのは海外だろうということで。


これで私もジェダイのスイマー。

今回泊まった Adina Apartment Hotel Melbourne は15階にジムとプールがあります。朝6時から夜22時まで開いているらしい。プールは25m無く20mくらいかな。なのですぐターンになって調子狂います。横幅は2コース強くらい。

Adina Apartment Hotel Melbourne Pool

天井がガラス張りなので解放感ありますが、ちょいちょい古い感じがします。水も塩素というかなんというか、泳ぐと泡が立つ感じ。まあ、街のど真ん中に8000円で泊まれるホテルで泳げるだけ良しとしましょう。 ホテルについては後程詳しくレポートします。


オーストラリアを象徴する食べ物?

そしてもう一つの目的を果たした後、遅めの昼食です。以前は無かった、デパートの Myer(マイヤー)David Jhones(デビッド・ジョーンズ) に隣接した Emporium(エンポリアム) のフードコートを利用します。そこで面白い食べ物を発見。Bing というもの。

作っているのが見えるのですが、円形のヒーターに粉を溶いた液体と広げます。なにやらクレープのような。次に、その上に卵を落し同じように円形に広げて熱を加え、その上に野菜を置きます。これは、順番が違いますが広島風お好み焼きです。で、最後に、北京ダックを載せ、ソースをかけ、ブリトーのような形に巻いて出来上がり。

Bing boy 1

見事な和、洋、中のコラボレーション。以前オーストラリアに来た際に思ったのが、オーストラリアはアメリカに比べ、かなりアジアの比率が強めに混じっているなと言う印象だたのですが、この食べ物はそれを良く現しているのではないでしょうか。

Bing boy 2

味ですか? 味はいたって普通です。


オーストラリアのセールはどんなもんか

日本のバーゲンをぶっちぎってこっちに来てしまったので、ちらっとデパートのセールを覘いてみます。総評としては、割引率は70%OFFとかもあるのですが、為替換算した絶対額は日本、アメリカと比べると若干高いかなという感じ。

まあ、しかし、記念に何か買おうと物色するのですが、どうせ買うならオーストラリアブランドだろうと思い、確か「Jack」ってのが名前に付いたのがそうだったと探してみると、ありあました Jack&Jhones 。70%オフで10ドルのTシャツと40ドルのポロシャツを買います。

で、後に調べたら、オーストラリアのブランドは Jack+Jack で、Jack&Jhones はヨーロッパのブランド。しまった。南半球までヨーロッパの服買いに来たとはおめでたいやつです。ちなみにオーストラリアのブランドのリストを ココ に置いておきます。興味がある人はどうぞ。


再びメルボルンの空港

特に面白いもはないのでもうサザンクロス駅に移動します。メルボルンの City Zone のトラムは全路線無料。素晴らしい。広島市もそれくらいやればいいのに。

Melbourne Tram

空港行のバスに乗る(ええ、もう帰ります)、、その前に、その上階にあるアウトレットモールを覘いたのですが、ゴミばかり 相当庶民的でした。この中にある Cotton On というのはオーストラリアブランドで、Gapみたいなもんです。

Spencer Outlet Center

フライトが21時40分なので早いのはわかっていますがもうする事ないのでバスに乗車。30分で何もなく到着。18時には到着しましたが、エアチャイナはカウンターはまだ閉まっており、開いたのは出発の約3時間前でした。ここでその先の北京-羽田の搭乗券も発券してくれるのですが、座席の指定はできないから北京でやれと言われました。もうあきらめた。

で、出国手続きもあっという間で、速攻でラウンジを目指します。スターアライアンス系なので最初に目に入ったシンガポール航空のラウンジに行き、カウンターで「エアチャイナだけどいけるよね?」と聞くと、「いいけどもう閉めるんよ」と言われ退散。ニュージーランド航空のラウンジに行きます。

Air NZ rounge

うーん、誰もいない。エアチャイナのラウンジより飲食が充実しています。寝る直前の食事は太る元なので、先にここで夕食にします。料理はそこそこですが、チーズとビールはうまかったです。左端に映っているスープのようなものは是非試してみてください。ゲロまずいですから。

そして、一応搭乗前に Duty Free を見てみますが特にお買い得なもの無し。ワインも街中で買った方が安いですね。ジュリークというのがオーストラリアの化粧品らしく、Lineで日本にいるTさんに「これとか欲しい?」と聞くと、日本よりは安いけど絶対値として高いからいらないと言われます。そんなもんらしいです。(ハンドクリーム40ml X3 で約6400円)

Melbourne AP DFS Jurlique

そしてまた、ビジネスクラスの人はコールが無く、そうこうしているとエコノミークラスの人たちが特攻しようとするので先に入らせてもらいます。

次回は帰国編。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/269-f7be24df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。