M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低料金かも - 携帯: 家族無料通話+データ通信で月々900円ちょいにした話

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

携帯の料金をどこまで下げられるのかという話です。最初にお断りしたいのは、この手の話は、独り暮らしですべての通信を携帯で賄っているヘビーユザーと、家ではwifi利用、屋外で通信もそんなにしないライトユーザーでは当然事情が変わります。これは「後者」、ライトユーザーでの話です。

今ガラケーで、ネットでのちょっとした調べものや、LINEなどのSNS系に手を出してみようかな?という方には一つの選択肢になると思いますので、ご参考まで。

☆☆☆

基本的な考え方

私はほぼ絶滅危惧種のガラケー使用者で、月々のモバイル料金は、ソフトバンクのホワイトプラン934円+S!ベーシック324円=1258円でした。スマホの便利さは良くわかっていますが、キャリア(ドコモとかソフトバンクとか)の機種代を混ぜ込んだわかりづらいく高額なスマホ商品に手を出す気になれません。

とはいえ、たまに必要で、そのたまにが超絶に必要になったりするので、やっぱり持ちたい。でも出費は最低限に抑えたい。

であれば、王道は格安Simの会社にMNP(電話番号を維持しつつ通信会社を変える)です。たいがいは「音声+データ」に無料通話(限度あり)のオプションをつけて2000円くらい。これでも安いと言えばそうですが、今より確実に通信費は上がります。

そして、ソフトバンクのホワイトプランという家族間通話かけ放題なお得プランから外れるのは損じゃないかという思いもあります。

と、いうことで、家族間の通話し放題を維持しながら月々の通信費を最小限に新たにデータ通信もできることを目指します。結果的には、総額900円強/月でネット環境を手に入れることができたのですが、どうやったかを下に書いておきます。

☆☆☆

スマホを入手

データ通信用のスマホが必要です。持ってない方は、SIMフリー(キャリアのSIMロックがされていない)スマホか、ドコモのスマホを入手してください。なぜドコモかというと、格安通信の会社はドコモの回線を使っているのがほとんどだからです。その2者だと、家族や知人で使わなくなった端末を持っている人が周りにでてきませんか?もちろん、街の大型書店や、ネットオークションなどでも腐るほど流通していますので、安価(1万円前後)で容易に手にすることもできます。



まず、S!ベーシックを外す

以前から、たまに来るeメールを受信するためにだけに毎月334円も払っておりもったいないと思っておりました。MVNO(格安Sim)が300円あればパケット通信ができることを知り、これを原資にオフセットさせる作戦です。Freetel が300円、i stream が月398円でデータ通信を提供しています。



解約前にやっておくこと

S!ベーシックを外すとキャリアメール(XXXX@softbank.ne.jp)が使えなくなるので、代わりのメールアドレスを用意します。私はGoogleのGメールを登録し、固定PC用のメールアドレスも含め、主要なメールを移動させました。そして、キャリアメールを使って更新していた人にメールアドの変更を知らせます。GメールはPCとスマホ両持ちの人には非常に便利です。



S!ベーシックを外す

一度店に解除してもらいにソフトバンクの店に行きました。そしたらTさん(契約者)の申請じゃないとダメだと言われ、連れて行ったらTさん必要なく(契約者じゃなく支払をまとめているだけだったので)、しかもマイソフトバンク(ネット)でできるとかなんだよそれ状態だったのですが、とりあえずその場で解約完了。



データ通信用のSimを契約 

私は i stream という会社を選びました。Freetelの方が約100円安いのですが、データの通信量が100Mと、i streamの半分なので実質使えないと判断したからです。



ファンダム支援SIM

一ヶ月398円で200Mまでの通信が可能。通信しながら社会貢献ができるあやしい正義の味方的格安Sim。昨年契約して実際に使ってみた感想ですが、ほとんど外では使わない自分でも200Mというのはギリギリで、上限を設定しての管理が必要な感じ。通信速度は下り150M/bpsで実速もストレスなく使えるレベルです。Simは普通、アマゾン並みの高速で配送されるのですが、母体がNPOだからか、ゆるりとした感じで一週間くらいかかりました。



なんと、月々500Mまで0円の会社が出現 

しばらくして、0sim という会社が500Mまでタダ!と言うサービスを始めたではありませんか。本当にゼロ円です。乗り換えました。500Mはメールやウエブでのブラウジングくらいの、動画でも見ない限りは余裕です。但し、下り300M/bpsとありますが通信速度はi streamと比べて遅い感じです。Youtubeで720pで見るのはつらいレベルです。360pくらいで普通に見られると言えば分ってもらえるでしょうか?


と、いうことで500M分の通信を追加した上で、通信費を1/4ほどカットできたのです。

☆☆☆

留意点としては、、、

まず、家族以外、21時から1時は21円/30秒の通話料がかかります。また、ソフトバンク以外の人へのSMSやMMS、当然e-mailbなどを利用すればその分の料金はかかります。

そして、事務手数料です。simを発行する際に3000円の事務手数料が発生します。たとえば一月しか使わなかったら月額0円でも3000円/月の出費です。S!ベーシック(324円)を外したことによる、マイナス効果は11ヶ月目以降から効いてくるということです。

あと、キャリアメールを捨てたのですが、ゆうちょ銀行  で5万円以上のネットの振り込みをするときのワンタイムパスワードの送信用アドレスの推奨がキャリアメールになっています。Gメールはおろか、私の家のプロバイダ(ケーブル)でも受けてくれませんでしたので、ゆうちょのネットを使う人は現状切れないことになります。  

最後に、ガラケーとスマホを2台持ちです。バックパンパンな人は要注意点です。あと、スマホは通話しないので私の場合3日ほど電池は持ちますが、ガラケーとスマホ2台の充電をする必要があります。

と、いうことで、条件がそろえば月々900円台でモバイルデータ通信環境を手に入れることはできます。ご参考まで。

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/262-60597141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。