M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALとANAのPY プレミアムエコノミーはどちらがよかったか

Posted by Markn on   2 comments   0 trackback

プレエコネタが続いたのでどうしようかと思ったのですが、勢いでこれやって終わりにしたいと思います。

JALとANA両方のプレエコ米国路線に(自腹で)乗ってみたのですが、どちらがよかったかの個人的な感想です。


シートは実はANAの方が良い。

JAL ANA PY

比較表の通りで、シートピッチ、幅ともJALが勝っています。デビュー時期の違いもあり、見た目もJALの方が上質です。ではJALの圧勝かというと、私はANAの勝ちにしたいと思います。

PY matrix3

これは実際に乗ればわかるのですが、シートピッチの数値上劣るANAの方が専有空間が多く取れる仕様だからです。

JALはシェル(背面固定:昔の新幹線のように前にシートクッションがせり出す)タイプになっています。なので、体が前の壁に向かって移動しただけで縦方向の専有空間は固定です。対してANAは後ろに倒れます。つまり、空間が後ろに拡張するのです。もちろん前の人が倒して来たらその分減るのですがそれは状況次第ですし、特に最前席はその限りではありません。

そしてこの要素の方が大きいかもしれませんが、シェルシートでリクライニングすると足元が寸詰まり、膝が曲がり、体圧も腰に集中するため長時間では疲れるのです。ANAやキャセイも一時期このシェルタイプでしたが疲れが早く来ると不評になり、従来型のリクライニング席に戻しました。コンベンショナルなリクライニングの方が体への負担が少ないということです。実際に、ANAは行き帰り良く寝られました。なのでANAの勝ちにしています。



ミールは迷うことなくJALの方が良い。

旅行記の方にも書かいましたがANAは味もそうですが、料理の内容が一昔前の機内食のようで古いです。器の色も含めJALは積極的に良くしようという意思が感じられます。

ANA JAL MEAL

プレミアムエコノミーといっても食事の内容はエコノミーですが、軽食のサービスがあります。ANAはビジネスクラスのデザートが付くのが特徴ですが、今回のものはなんでしょう。袋入りの和菓子とかで普通以下でした。JALのお取り寄せスイーツぽいものの方が10倍よかったです。

軽食もANAのカップラーメンに対し、JALはAirモスなど凝ったものが出てきます。メニューもJALはきちんとその日出される料理があらかじめ印刷されたものが用意されていましたが、ANAは「イメージ」のみで、詳細はCAさんが選ぶときに渡される形式でした。ANAが悪いというわけではなく、こだわりがないんだなあと言う感じです。



機内エンターテイメントはイーブン

ヘッドフォンはJALもANAも同じソニーのノイズキャンセリングヘッドフォンで、座席に格納されるリモコンもついています。ANAは離着陸時に機体前方の様子見ることができたり、JALはマンガが見れたりと(ANAは787-9のみ可能)と似たり寄ったりでした。

ANA JAL enta2



平民への公平性はイーブン?

ANAはエコノミーを利用する上級会員に対し、当日空きがあれば無償でプレエコ利用できるようにしています。JALは上級会員でも積極的にお金なり、マイルなりを使わないと利用できないので、無償でアップグレードするANAより平等な感じがします。ではANAは上級会員以外には価値がないのかというと、そうでもありません。

ANAのプレエコは他社と違ってマイルでのアップグレードや特典航空券で席を抑えることができません。上級会員への無償アップグレードは座席が空いていればであり、アサインされるのは最後の最後です。つまり、お金さえ払えば誰でも足元が広い最前列席でさえ予約が可能なです。と、言うことでこちらもオープンだと言えます。

JALとANAではプレエコの位置づけが違うように思いました。ANAはエコノミーの座席調整/上級会員の顧客満足向上がメインの目的に思います。一方JALは当日の空きはカウンターで積極的に販売しますので、直接的な収益目的のように見え、違いがありますが、結局一緒のように思います。



その他番外編

今回、成田のゲートでちょっと困ったことがありました。それはプレミアムエコノミーの人はいつ乗れば良いのかわからなかったのです。JALの時は表示でも、アナウンスでも明確だったので迷うことは無かったのですが、ANAはわからないのでビジネスの後の方で入りました。また、歯ブラシなどのアメニティーの配布は、JALは必ずありましたがANAの復路はありませんでした。ANAはリクエストベースのようです。

もう歯を磨いたよというタイミングで食後のデザート配布とダイエットに協力的で、CAの方のライトダウン後の見回りもあまり気を使われておらず、高原の牧場で放牧されているすがすがしい感じを味わうことができました。

これは、プレエコに限った話ではなく、JALとANAのサービスに関する思想の違いだと思います。



結局どちらが良いのか?

とにかく感じたのは、ANAのプレエコはあくまでエコノミーの一部であるという位置づけで、JALはプレミアムエコノミーという独立したクラスという位置づけなのだろうということです。

それは、地上での扱い、機内設備、ミール、乗務員のホスイタリティーすべてで統一されている戦略方針なもので、どちらが正解というものではないのかもしれません。但し、自腹で乗るなら少しでも特別感のあるJALに軍配を上げたいと思います。(出張ならどちらでもいいです)。

これまで米系のエアラインで家畜のような扱いを受けていたくせに、ちょっと触れる機会があっただけで細かい事にあれこれ言うのは自分でもどうかと思いますが、やっぱり日系というだけで期待してしまうんでしょうね。それだけ元のレベルが高いということです。

スポンサーサイト

Comment

いつも空の上 says... "個人的には"
JAL ANA共にダイヤモンド会員で国際線のFクラスをたまに利用します。個人的な意見を言わせていただくと、国際線では絶対にANAをお勧めいたします。まずJALはアメニティがビジネスクラスと一緒です。以前はFクラス用のアメニティを用意していましたが、在庫がなくなり暫くビジネスクラスのものを出していたが、クレームが来る様子がないので、そのまま続行していると内部関係者から聞いています。あと、JALのCA(特に年配者)は基本顧客を見下しているという話もよく聞くので、接客が丁寧すぎると背筋がゾッとする時があります。
食事もビジネスクラスに力を注ぎすぎているために、Fクラスの料理はANAほど美味しくありません。もし選択肢がある場合は絶対にANAを選びます。
2016.09.07 23:39 | URL | #YpqZtgVo [edit]
Markn says... "Re: 個人的には"
いつも空の上さん、こんにちは。見て頂いてありがとうございます。
私の場合は最近乗ったわずか数回での話なので信ぴょう性は?かもしれません。何度も経験してからまた再評価しないといけませんね。「JALの方がよかった」と言いながら実は、ワンワールドからスターアライアンスに鞍替えしようとしているので、「あれ、いいのかな」と不安があったのですが、いつも空の上さんの話を聞いて、「あ、やっぱりよかったのかも」と安心しました。次はビジネスを試してみたいと思います。
2016.09.11 08:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/247-c14fa466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。