M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 ラスベガス旅行記 (DAY 4) ゼッフェリーノとホテル移動編

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

本日、トランプ=>マンダリンオリエンタルにホテルを移動します。これは最初から計画されていたことで、単に北と南に拠点を分けたかったのと、色々なホテルを体験したかったからです。

11時のチェックアウトの前に、またプールに行きます。今日はわりと真面目に泳ぎました。その後、11時にチェックアウトし、荷物は預けたまま、ちょっとまともなものでも食べようかとグランドキャナルショップ(以下GCS)に行きます。


運河を見ながら食事ができるイタリアン ゼッフェリーノ

ネットでの(日本人も含め)評価が高かった Zeffirino (ゼッフェリーノ) に行ってみました。

GCS1.jpg

場所はGCSのかなり奥の方の2階で、窓というかテラス側から例の運河が見えます。平日ということもあり、予約無しではいりましたが、ガラガラでした。

メニューは プリフィックスのコース と アラカルト だったのですが、なんとなくコースに。前菜とメインはそれぞれ6-7種類くらいあって選べます。

私たちは前菜に、シーフードサラダとチキンのフライを選びました。前菜にしてメインくらいのボリュームです。サラダといいながら葉っぱがほとんど入ってない。

Seafood salad Chicken Tenders with Spicy Tomato Sauce

メインは仔牛のカツレツとリングイネ、カルボナーラのようなパスタに。これも量が多いのと、味が(アメリカのイタリアンにしてはましな方ですが)大味でさすがに飽きる。お腹もはちきれそう。

Veal Parmigiana Spaghetti sautéed with Bacon

デザートは、ロイヤルホストでももうちょっといいの出すぞくらいのもので残しました。これとコーヒー(飲み放題が)ついて一人約30ドル。チップやら税金入れたら二人で80ドルオーバーです。この値段と内容なら日本のイタリアンの方が良いのでは?というのが正直な感想。

Assorted Mini Pastries

周りを観たら、アラカルトでハーフロブスターのパスタを食べている人が何人か。これが正解だったのかもしれません。にしても、これくらいならベラッジオのカフェでも食べられるなあと。ちょっと期待しすぎたのかもしれません。



マンダリンオリエンタルホテルに移動

お腹が破裂しそうな状態のまま、ホテルに戻り、U-berでCity Center内にあるマンダリンオリエンタルホテル移動。初めてCity Centerに来たのですが、これはすごいですね。

city center

ベガスのバカ見本市の本領発揮といったところです。日本の都市開発とはレベルが違います。ビルもそうですが、道からモノレールから魔法でも使ったんですかね。



スカイロビーとエレベーター

マンダリンオリエンタル・ラスベガスはCity Centerの南西に位置し、47階の高さでフロントは23階。しかしホテル部分は23回から下で、上はレジデンスになっています。なので、チェックインを23階で済ませた後、下に降りる別のエレベーターに乗り換えて客室に向かいます。

MANDARIN ORIENTAL LV

この客室用のエレベーターは23~8-3階用なので、外に出るには必ず一度もう一つのエレベーター、23-3-1階用の乗り換える必要があります。めんどくさいのですが、思いつきの侵入者はこれで十分撃退できると思います。ちなみに8階はスパ/ジム/プール、3階はレストランとショップです。

MANDARIN ORIENTAL LV4 MANDARIN ORIENTAL LV3

お昼のイタリアンがにんにく効きすぎで申し訳なかったのですが、フロントの人はすごくフレンドリーで、スムーズにカードキーをもらい、お部屋に入ります。部屋のキーをかざしてドアを開けると、自動でカーテンが開く演出はいいですね。なんか盛り上がります。 ホテルの詳細はまた別途。

MANDARIN ORIENTAL LV2



クリスタルズもセール中

部屋のチェックを済ませ、落ち着いたので、隣の The Shops at Crystals(クリスタルズ) を探検します。クリスタルズはプレミアムアウトレットと同じサイモンのグループで、お高いブランドものばかりです。

Crystals LV

グッチで「この棚全部半額よー♪」とか言われて一瞬「まじか!」「買わないと損じゃん!」と勘違いしそうになりましたが、高いものは高い。でも日本とちがってどんな高級ブランドもバンバンセールしているのは素晴らしいことです。



ベラッジオのガーデン

そのまま、トラムに乗ってベネチアンの別館に渡り、本館を抜けます。ベネチアンはいつも中央ガーデンがテーマに沿って装飾されますが、今回は「海の生き物」でした。

Belagio 2



フォーラムショップ

その後、シザーズを抜け、フォーラムショップに。昼食を消化するために歩き回るのです。クリスタルズの高級ブランドがあれだけのセールなので、コーチなどの中堅ブランドもハンパなく値引いています。

コーチの店員曰く、ここ一年で一番安いと言ってました。買わせるセールストークだと思ったのですが、帰国後コーチの店を覘いてみると、ベガスで見ていたあるバッグはセールではなく、7万円もします。ベガスでは2万もしません。複数買う人は飛行機代払ってもペイできると思うくらいです。

Forum Shops

フォーラムショップ内もくまなく歩き、ホテルまで歩いて帰ったのでかなりの距離を歩きましたが、結局昼ごはんを消化できず、夕食はスキップとなりました。マンダリン側に移ったらいろいろ行きたいレストランを調べていたのに。。

食事の回数は限られていますし、年と共に量も減ります。ラスベガスの楽しさを満喫するには厳しい歳になりつつあるのです。

そんなことにめげずに戦いを挑み、返り討ちに合うのは次の日の話です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/246-694792ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。