M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都心で見られるアールデコ/ゴシック建築 新宿伊勢丹(旧ほてい屋)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

首都圏の人にはおなじみの、新宿の3丁目に建つ老舗デパートですが、今回のお題はこちらです。
あまりに普通に存在するというか、日常に溶け込んでいるので見逃しがちですが、貴重なゴシック/アールデコ様式の歴史的建造物です。

isetan10.jpg

まず新宿伊勢丹のある新宿3丁目交差点なのですが、「追分の交差点」とも言われています。青海街道と甲州街道の分岐点(追分)の宿場町で、江戸四宿の一つ「内藤新宿」のあったところなので、いわば新宿発祥の地であります。

photo_5.png

1923年の関東大震災後により東京旧市内の商店街が機能停止の状態になりました。江戸時代以前の関東の湿地帯の中でも比較的丈夫な岩盤陸地であった現在の新宿通り界隈はその影響を受けず、生活物資の供給場所として大変賑わうことになります。

Shinjukumap6.png

1926年に「ほてい屋」という焼き鳥屋みたいな名前の四谷で創業した百貨店が明治通りと新宿通りの角に進出します。その後、二幸(現アルタ)、松屋(牛丼屋じゃない方)、また三福(現京王フレンテ)、三越などが集まって来て一大繁華街を形成します。

「ブルーオーシャンじゃん!」と集まった後の過当競争はいつの時代もお約束で、ほてい屋も安売りを始め体力を落とし始めます。その隙をついて、1933年にほてい屋のすぐ隣に同じようなビルを建てたヤツがいます。それが神田の店を閉めて移ってきた伊勢丹です。

isetan301.png

隣というか、取り囲むように建てたと言った方がよく、最初から統合目的でフロアの高さを合わせていたという話です。(高さを合わせたのは地上階の話で、地下は私の記憶では最近まで段差が残ってました)

isetan401.png

伊勢丹は、ほてい屋が息をしなくなったのを確認し、建物ごと吸収します。

isetanbakutan2.png

1937年に外壁を取り壊して共通のゴッシク様式のファサードに仕上げるのですが、それが現在の伊勢丹の姿です。

isetan1.jpg

左側が新宿通り、右側の道が明治通り。角の部分が旧ほてい屋。

isetan2.jpg

外観にはけっこうはっきりとアールデコの特著が見てとれます。

isetan9.jpg

残念なことですが、伊勢丹の中は何度も改装が入っているので日本橋の高島屋のように昔の装飾が残っているなんてことはありません。唯一、その片鱗を見せるのが明治通り沿いにある階段です。

階段の回数を示す案内表示、

isetan3.jpg

通気口のカバーがアールデコ調で良い感じです。

isetan5.jpg

6階のレストラン街から屋上の入り口に上がる途中が最も当時を残しているように感じます。ステンドグラスの花柄も幾何学模様。

isetan8.jpg

空襲後もコンクリであったために焼け残り一時期はGHQに使われていたとかのエピソードは、 NYのレディースマイルと同じ戦後の百貨店の歴史と似ています。2011年に伊勢丹株式会社は三越に吸収されますが、新宿では三越(アルコット)が消滅し、伊勢丹を残す結果となっています。

isetan7.jpg

いつも伊勢丹は地下道から侵入して売り場直行パターンが多かったで、あまり気にしてませんでしたが、建物を通じて歴史などを掘ってみるとなかなか面白いです。

そしてこの伊勢丹のある交差点の挟んだ向かい側の京王フレンテ地下1階にある
CRESSONNIERE(クレッソニエール) というカジュアルフレンチが安くておいしいので、この辺でランチに迷ったらオススメです。ええ、建て物の話とぜんぜん関係ありませんが。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/241-562b792a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。