M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーリンは70歳」じゃなくて「この世でいちばん大事な「カネ」の話」の方

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回の 500円玉貯金箱がいっぱいになったので開けてみたら… で、お金の価値も時間と共に変化するという話をしました。

Come Away With Me by Thomas Hawk, on Flickr
"Come Away With Me" (CC BY-NC 2.0) by  Thomas Hawk 

アメリカでカジノや宝くじで大金を当てた場合、「すぐに一括で受け取る」と、「分割で何十年かに渡って受け取る」のオプションを選べますが、「すぐ受け取る」を選ぶと取り分が目減りしてしまいます。

その筋の方々にとってお金はお金を生む為の道具なので、目の前にあるお金は投資に回したりしてお金を生みますが、将来発生する予定のお金ではお金を生めません。インフレや未実現のリスクだってあります。

なので、「今のお金 > 先のお金」という考え方になり、すぐに受け取るを選んだ場合減額されてしまうのです。「そんなの支払う側の理屈だろ」と納得いかないのですが、その前に大金当ててから言えということですね。

☆☆☆

お金に関して最近読んだ本で面白かったのが、西原理恵子さんの「この世でいちばん大事な「カネ」の話」です。「恨ミシュラン」のイラストレーター/漫画家で、2012年にはこの本を原作にしたドラにもあったようなので知っている方も多いかと思います。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)
西原 理恵子
角川書店(角川グループパブリッシング)


先に言っておくと、この本は「ユダヤ人大 富豪の教え」のようにお金に対する考え方や、行動様式はこうであるべき的な本ではありません。(これはこれで面白いですよ)



どちらかというと、お金を通して見た人の生き方の本と思っておいた方が良いかもしれません。

で、中身ですが、退学処分取り消しを学校と裁判で争った後に、なけなしのお金で受験させてもらう試験の前日に父親が自殺とか、壮絶すぎる過去を持った方ですが、独り立ちするまでのエピソードは普通の物語としてかなり面白いです。

何かをやりはじめた時、誰もが最初にぶち当たる壁は、自分の実力を知らなきゃいけないってことだと思う。人って自分の現実に実力以上のゲタをはかせちゃってるものなのよ。



今でこそ漫画家/イラストレーターとしての評価を確立していますが、当初出版社からは「美大生なのに破壊的な絵を描く」つまり、下手過ぎると評されていた(失礼ながら今もそうかも)とのことで、スタートしてから厳しい環境にあることを悟ったようです。そして、

だけど、たまたま配られた札が全部マイナスだったらそれをいつまでも嘆いてたってしょうがないよね。ひっくり返してプラスになる事かんがえなくちゃ。



この部分だけ切り取れば、よくある自己啓蒙系のきれい事に聞こえますが、

わたしは、本当はちっとも前向きな性格じゃないのよ。後ろを振り返るとこわいから必死で前を見ていただけなのよ。



背景を知った上でだとリアリティーがあり、終始普通じゃない説得力を感じます。

そして、札の一つである自分の才能についてはこのようなことを言っています。

「才能があるかどうかなんて、机の上でいくら考えたってわかるもんじゃないと思う。わたしにとって「才能がある」っていうのは「それでちゃんとカネが稼げる」ってことだった。



これって当たり前のようで、実は意味が深く、逆に考えれば、お金が稼げればそれはあなたの才能だと言っているのです。お金を意識することで形のないものが具体化する。そういった意味で「(きれいごと言わず)お金と夢なり何なりを堂々と結び付けてみれば?」というのはなかなか斬新だと思うのです。

「才能」についての了見は個人的に興味があるところなのでフォーカスしてしまうのですが、

「才能」っていうのはそんなふうに、自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。自分で「こうだ」と思い込んでいることって、案外的外れだったりするからね。だから私は思うのよ、「才能」って人から教えられるもんだって。



これはびっくりです。才能は人に見つけてもらうものというのは。私がブログで最初に書いた 「いまさらブログ? 才能の見つけ方」 の時の話と全く同じです。少なし2人の人が同じことを言っているのでやっぱりそうなんだと思います。

そして今回この本を読んで一番刺さったのがココです。

才能のある人は、その才能を頼みにして華やかな道をどんどん突き進めばいい。そうじゃない私は、わたしなりの別のやり方があるはず。



ご本人は、「底辺には底辺なりの戦い方がある」と表現していますが、才能がなければ(王道の)道は開かないのかもしれない。だからと言ってそれで終わりじゃなくて、自分なりのやり方でも進むべき道はあるはずだと。

この方がモノにした自分なりのやり方は「王道を進まない」でしょう。最終的な目的は最終的にたどり着ければ良く、たどり着けばそれが結果「才能」を生かしたことになるのだと思います。その際、たとえば皆が目指す「漫画家の第一人者になる」とかじゃなくて「人を笑わせたい」とか一般的/普遍的なものとした場合の、自分なりのやり方は何か?を考えるのがヒントのように思いました。

私はよくXXXだからXXXできないと言ってしまうのですが、この本を読んだ上では単なる泣き言でしかないなと恥ずかしくなります。

「自分はこうだったからこうすればいいよ!」的な成功者の自慢話は途中で白けることも多いのですが、お金が絡むと非常に現実的な話になるので、巷に溢れる薄っぺらい啓蒙本を10冊読むくらいならこれ1冊で十分です。かんたんに読めるしオススメです。

あと、この本には最後にオチがあって、あとがきは「よりによってお前が書くか」という人だったのですが、予想通り高田純次並みに心無くて泣けました。

で、さらにですが、このサイバラさんは今、なんと高須クリニックの院長と付き合ってるてこと。恋愛エッセイマンガがなかなか素敵らしくネットj界隈で話題になってます。やっぱりこの人ただものではない。



☆☆☆

冒頭の賞金に話に戻りますが、そんな目減りするくらいなら、私が大金を当てた場合は「分割でよこせ」と言うと思います(本当は後で払う分は利子つけろよと言いたい)。

ですが、アメリカで大金を当てた人は皆、一括で受け取るそうです。

Alot of mony

理由はその人が亡くなった時に、分割で受け取りにしてあっても相続する人は一括で相続税を払わされてたまらんことになるからです。

また、大金が当たった人はコンサルをつけるのが普通だそうですが、その賞金を運用して目減り分以上に取り返す前提であったりします。ただ、そのコンサルも、コンサル料を一括でもらいたいので、「将来税金が上がるかもよ」とか言って一括で受け取らせるという話もあります。

ええ、無駄な知識です。

 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/226-a6b00173
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。