M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人が持つにふさわしいリュック/バックパックはないものか

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

年末年始アウトレット3つに覚えてないほどデパートを徘徊したのは、主にリュック/バックパックを探していたためです。

バックパックは体と一体で邪魔にならず、飛行機の座席の足元に置いたまま使えたり、前にずらしてカメラのレンズ交換ができたりと非常に便利です。

今使っているのはTimberlandのバックパックですが、軽く、丈夫で、色も服に合いやすいので特にカバンを変えることができない旅先では重宝するのでこればっかり使っています。

timberland2.jpg


ただこのバックパックも1998年に買ったものなのでいつ壊れても不思議ではありません。また、これが唯一の難点だと思っているのですが、やはりバックパックはバックパックなので雰囲気がカジュアルだという事です。

ということで、「大人が持つにふさわしいバックパック」はないものかと探し始めました。

では、そもそも何故バックパックはカジュアルで、大人のカバンのイメージが薄いかということですが、、

backpack300.jpg

主に男がその元凶となっているのですが、万能過ぎて世代を超えて使います。「バックパックは子供/学生からのもの」というイメージなのです。

そしてそのバックパックと言われて想像するのはこういう感じでしょう。



つまり大人っぽくするにはこの典型的なバックパック像から離れたものを選ぶ必要があります
ではバックパックをバックパックたらしめている要素はなにかというと、

小物を引っ掛けるこのひし形のパーツ。
backpackparts3.jpg

とって付けたような小物入れ。
backpackparts2.jpg


なので、なるべくこれらを排除したデザインのものを選ぶべきなのです。

あとは素材感が大事で、キャンバスではなく、上質な革とか、最新の素材にすれば古臭く(子供っぽく)ならなくなる訳です。

なので、基本実物で確認が必要という事で、100くらいの店で平均5個見たとして500個は見たと思います。事前にWebで見たものもを合わせたら1000個以上チェックしたのではないかと思います(たぶん)。

そんだけ見た上で、良いなと目を付けたのはこちら。











但し、こいつらは自分の基準ではNGです。デザインは良いのですが、残念なことに重いのです。1kg前後あります。

今使っているバックパックは450gで、これにレンズ+カメラを入れると約1kgになります。1kgでも1日担いで歩くと非常に疲れます。室伏ばりに回転しながら投げ捨てたくなります。なのでカバンだけで1kgとか絶対ムリなのです。

murofushi21.jpg  重いんじゃあぁぁぁ!!!

飛行機などで重量制限のある時にスーツケース自体が重かったらどうでしょう。荷物を入れる前に既に入った状態というのはカバンとしての機能的な価値を損なっていると考えるので、「重いカバンは絶滅して下さい」というのが持論です。

バックパックは体に密着させるので、服のそれのようにあまり重量を感じませんが、疲労は確実に違ってきます。いろいろ見て回っての結論は 800gを超えるのはやめとけということです。(もちろん体格により個人差はあります)

重量は非常に大事な情報ですが、通販は重量を書いてないサイトも多く、この点でも実物を見て回る必要があります。そういった意味では ZOZOTOWN はメーカーがスペックを公表してなくても独自に計測しているので非常に良くできた通販サイトだと言えます。

そして、重量とデザインのバランスで選んだのがこのあたり。

 710g

 572g

540g

 500g

 420g

やはり、軽くなるにつれてビニールっぽくなります。で、軽いけど質感をのあるものを現物を確認した上で、最後に残ったのがこちらの2つ。

値段は高いですが革の質感は非常に良いです。そして総革の割には軽い部類です。色はオールシーズン、どんな服の色でも使う事を考えるとグレー系が良いのですが、これのチャコールグレーはほぼベージュで、他のラインのグレーらしいグレーではありません。

 670g

選ぶとすると紺になるのですが、夏になった時に革の濃い色はどうなのかという事で保留です。思い切って紺買った後で普通のグレーが出たら投擲後の室伏になるので思いとどまりました。

murofushi1.jpg ぐ、 グレーでたんかいぃぃ!!!

こちらは最初に実物を見て買い替えを思いつくきかっけになったものですが、馬の革を前面にだけ使っているので更に軽く、色も普通のグレーです。

 530g

値段も比較的抑え目なのでこれで決まりにしたかったのですが、ファスナーの色がいただけません。まさかの金ピカです。なのでこれも買えず。

「なんだ、結局買ってねーのか」ですが、一応買いました。それまでのつなぎとして。

540g

と、いう事でまだ理想のバックパック探しは続きます。
  
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/220-b375b160
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。