M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらブログ? 才能の見つけ方

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

さて、4月1日です。始めます!
世の中エイプリールフールとかでふざけているみたいですが、最初はちょっとまじめ系の話です。

たぶん、自分を知っている人は私がブログを書く事を「やると思った」と言うより、「あれ、どうしたんだ」と思う人の方が多いんじゃないかと思います。まあ、自分でも思いますが、基本的に、そんなオープンタイプの人間ではないもので。

仲間内で、「なぜ、自分の日記を人に見せる必要があるのか?」という話になった時も、「そうだよなあ」と思ってて、さんざっぱらスルーしてきたわけですから。

「じゃあ、こいつは一体なんなんだよ?」という事ですが、、


まあ、人生の目的とはなんそや?的な誰もが陥る永遠のテーマについて考えてみたくなるお年頃なんですね。(今頃か?ですが)

で、いろいろ考えてみるのですが、わりかしまじめに、「世の中の役に立つ存在に。世間様に少しでもプラスの価値を与られるようになる」というのがおおよその正解じゃないかと思っています。

で、さらに進んで、それを突き詰める事によって生活できるくらいになれば(ライフワークですね)最高だろうと思ったりします。

では、「具体的に何に取り組んだらいいのか?」 これが今現在抱える最大のテーマになります。

一方で、年齢的には、人生の折り返し地点を既に過ぎてしまっているので、テーマ探しで手戻りしている余裕はありません。

ラッキーにも「これだ!」というものを見つけたとしても、おそらくどの道も既に先を走っている人がいっぱいいるでしょうから、相対的に遅れて=劣っているわけで、せっかく選んだ道でも大した価値も与えられないで終わるのじゃあと、手を出すのにも消極的になりがちです。

そうなると、自分に既にあるもの=「才能」の中からどれかを引っ張り出せないものか?と考えるのが自然な流れだと思います。

「じゃあ、自分の持ってる才能ってなによ?」という新たな疑問にぶち当たって悶絶してしまいます。

世に言う、「自分探し」と言うやつですが、「そもそも探すほど自分が何か持っていると言いたいんか?」という天の声が聞こえてきます。(そういう理由で、この言葉自体、言葉遊びのようで好きでないです)

そんな状態で本を読み漁っている時にヒントになりそうな良い本を見つけました。
「働く理由 99の名言に学ぶシゴト論」

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
表紙の絵が欲しいのでアマゾンのリンクを貼りますが、運が良ければ近所のBookOffの100円コーナーで見つけられます。あと、ここで検索すれば最寄りの図書館で借りられます。>>カリール

単に、名言を集めたものではなく、作者の持論の展開を、名言でサポートしていく形の本です。
理屈+先人の経験値なので説得力が強く「あーそうかも」となる所が多いです。

その本の中で、才能に関して30ページ程割かれている章があり、その中では「可能性」X 「10年間の継続」=「才能」と説かれています。

とにかく10年黙ってやれと。逆に言えば、誰で何でも良いから10年一つの事を熱意をもってやればその道の第一人者になれる可能性があるという事です。才能がない(と思っている?)人には心強い説です。

あ、でも、自分は10年も続けて打ち込んだものがない、、物ごとをすごく突き詰めますが、直ぐに飽きてしまいます。。という事で、既にある才能は。。。

でも、腹をくくって、今から何かこれかもというものを10年やるにしても、やっぱりなんか才能のかけら(芽)みたいなモノはあるはずで(あってほしい)、その上に積み上げたいと思う考えは捨てきれません。

あー、文字ばっかりのくせに長いですね、なんで2回に分けます。 =>>次
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/2-4caf89b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。