M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシーのミュレイズ・ベーグルとブルックリンベーグル

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

今回はあまり買い物と食事には重点を置かなかったのですが、やっぱりベーグルは食べました。

murrays bagels 2

 
まずはミュレイズ・ベーグル (Murray’s Bagels)です。ミュレイズ・ベーグルは1996年創業の新興勢力系のベーグル屋さんです。お父さんが買ってくるベーグルが好きで、元メリルリンチの副社長が会社を辞めてビレッジに店を出したのが始まりだそうです。ミュレイはそのお父さんの名前だというのがストーリーです。

murrays bagels 4

私たちが行ったのはビレッジの方ではなく8Aveの22と23stの間にあるお店です。店内はテーブル席が6席くらいとこじんまりした感じ。日曜の朝8時頃に行ったのですが入れ代わり立ち代わりお客さんは絶えませんでした。



メニューにある通りでベーグルは種類があります。ド定番で、Everythingに、サーモンとクリームチーズを注文してみます。ここはトーストはしてくれないんですね。

murrays bagels 3

特徴としては、まずサイズが一般的なこちらのベーグルと比べて一回り小さいです(まあ、他のが大きいんですけど)。そして外はそこそこ硬めですがパリッとした感じではなくカクッとした感じで、中もやわらかめで、癖がなく食べやすいです。ベーグルにのったガーリックの風味はいい感じで、中に挟むサーモンとクリームもしっかり味があるので全体が良くまとまっています。

「新鮮なベーグルってなんだよ?」という問いの答えがある感じです。トーストしないのもそれが理由なのです。

murrays bagels 1

店の雰囲気からしてもここは「ベーグル専門店でございます」と言った感じではなく、どちらかというとデリっぽいです。夜は飲み屋にも変身します。つまりここはベーグルを特別なものとして扱っているのではなく、「みんなの食卓の一部だよ」といった普通な感じが特徴なんだと思いました。

brooklyn bagle 25

☆☆☆

と、いう事で、ちょっと量的に物足りなかった(デカイと思って2人で一個しか注文しなかった)ので、前回印象が良かったブルックリンベーグルにハシゴします。同じ8Aveを数ブロック隔てただけの所にあります。



こちらも店の規模は同じくらいでお客さんも同じくらい入ってました。

brooklyn bagle 24

注文したのはミニサイズのベーグル(これでミュレイズ・ベーグルと同じくらい)のBLTターキーサンドです。
トーストしてもらったのですが、前回のプレス式ではなく普通のコンベア式のオーブントースターに変わってました。

brooklyn bagle 21

食べた感じは、、、やっぱりいいですね。ベーグルの表面はバリっと固く、中はみっちりとして引きがあります。トーストしてあることで穀物の香りが引き立ちます。中に入っていたベーコンも味が濃く、どの部分もきちんとした特徴が楽しめて美味しかったです。ここはどうも二人とも好みに合うようで、次も来ると思います。

brooklyn bagle 23

ミュレイズ・ベーグルは自分的には特徴が無くアレなんですが、向こうの記事を読んでも評価高いんですよね。現地の人のテイストはこっちなのかもしれません。フランスパンも最近は固くない、まだ白っぽいのが地元で受けているようなので世の中の流れなんですかね。

さて、またベーグル作らないと。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/193-d86680fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。