M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFKからニューヨクの街中(マンハッタン)に地下鉄/ロングアイランド鉄道で移動する

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回 は往復タクシーでJFKとNYCを往復したのですが、今回は往路がロングアイランド鉄道、復路が地下鉄を使ってみました。その時の事を記録しておきます。

howard beach stn 1


エアトレインの乗り方と行き先

ターミナル4以外は税関通って空港の建物一階から外に出ます。道路を渡るとエアトレインの建物があり、2階にあがるエレベーターがありますのでそれでプラットホーム階に上がります。地下鉄/ロングアイランド鉄道の駅に出ない限りエアトレインは無料ですので切符は買わずにそのままホームまで入ります。

エアトレインはターミナル間をひたすら回る循環列車と、ロングアイランド鉄道、地下鉄(A線)の乗り継ぎ駅へ行く接続線の2系統あります。島型のホーム片方が内回り(時計回り)が縦貫列車で、片方が外回り(反時計回り)が接続線です。循環列車はターミナル8=>7=>6=>と降順に回り、接続線の方は1=>2=>3=>の昇順で回ります。

air train termnal1

接続線ホームに来る列車も2種類あって、ロングアイランド鉄道or地下鉄のE/J/Z線に接続するジャマイカ駅行と、地下鉄のA線に接続するハワードビーチ駅行きです。基本的に交互に来ますのでホームにある案内表示を見て判断する必要があります。もし飛び乗って違う列車に乗ったとしても、分岐手前のフェデラル・サークル駅で乗り換えればOKです。


ジャマイカ駅、ハワードビーチ駅のどちらもエアトレインの終着駅で、建物は接続先と繋がっています。それぞれの駅についたらそこでここまで乗った料金をメトロカードから自動ゲートで徴収されるしくみです。メトロカードを持っていない人はゲート手前の自販機で購入します。但し、乗り放題のメトロカードを持っていてもそれでエアトレイン代5ドルは払えません。抜けた先がロングアイランド鉄道もしくは地下鉄の駅です。料金は5USD。5歳以下はタダ。

jfk skytrain map


エアトレインの料金と支払い方

まず、エアトレイン下車後、ロングアイランド鉄道を使い、この先NYCの鉄道もバスも使わな人、もしくはこの先で乗り放題のメトロカードを買う人は5ドルのカード、自販機では「Air Train」とだけ表示されているカードを選んで買って自動改札を出ます。このカードはメトロカードなのですが、チャージして使う事が出来ません。また7日間乗り放題カードなどはゲートの手前の自販機では買えません。一旦出ないと買えないのです。

この先地下鉄なりバスなりを必要な分だけチャージして使いたい人はRefill可能な方のカード、自販機では「Air Train + Subway」と表示されたカードを選択して買います。エアトレイン代5ドルに、メトロカードカード代1ドルの計6ドルが必要になります。地下鉄のE/J/Z線もしくはバスを使う人はこのパターンです。次の地下鉄/バスの為に購入時に上乗せしておくのが便利です。

地下鉄のA線利用者も基本同様なのですが、ハワードビーチ駅は地下鉄と直結しているので最初に5+1+2.75=8.75USD以上がチャージされたカードを購入し改札を抜けます。


ロングアイランド鉄道(LIRR)でペンステーションに行く場合

ジャマイカ駅で、ロングアイランド鉄道を利用しペンステーションに行く場合、エアトレインの改札を出たホールに切符の自販機があります。平日ピーク料金で10USD、オフピーク7.25USD、土日の週末はCityTicketで 4.25USDです。ピークは平日の朝6時から10時にマンハッタンに入る/夕方16時から20時にマンハッタンから出る場合で、オフピークは週末を含むそれ以外です。

電車の中で検札にきますのでそこで払うこともできますが乗り越し精算とかではなく、全くイチから買う場合は駅で事前に買うより5.75-6.50ドル程高くなるようです。カードは不可でキャッシュでも50ドル札までしか受け付けてくれませんので注意が必要です。

ペンステーション行きですが、私が使った時は2番線に来ました。ホームは1階なので下に降りますが、ペンステーションで7Aveに出たい人は後ろ(東側)の車両に乗っておいた方が後々長い距離を歩かなくて済みます。

Jamaica stn lirr 1

ジャマイカ駅からペンステーションまでは35分。座席は横5列の固定で、座席の間隔が冗談みたいに狭いです。スーツケースは間に入りません。出入り口付近に折り畳み式のシートがあり、比較的モノを置きやすい環境ですのでスーツケースのある人はそこに座るのが良いと思います。

Jamaica stn lirr 2


地下鉄のA線でマンハッタンに行く場合

地下鉄のA線でマンハッタンに行く場合エアトレインを降りて最初の改札を通る際にその先の地下鉄代(2.75USD)も取られていますのでなにもする必要はありません。ハワードビーチ駅で「Inwood – 207th Street」行の列車に乗ります。反対方向に乗るとロングアイランドに行きますのでご注意を。方角としては北進する事になり、ホームで言えば東側から乗ります。

howard beach stn 2

地下鉄のA線はブルックリンを通てマンハッタン最初の駅、フルトンセンター駅まで25分です。A線はそのまま乗っていれば8Aveを北上しますが、レキシントンAve走る4/5線、7Aveを通る2/3線、ブロードウエーを走るR線などを使うにはフルトン駅で乗り換えると便利です。スーツケースとかある場合はエレベーターがありますので。(R線はちょっと遠いのですがCortland st駅と繋がっています)


地下鉄とロングアイランド鉄道のどちらがいい?

と、言う前に鉄道での移動がアリかナシか考えた場合、今回は二人で普通のスーツケース1個と機内持ち込みサイズ1個での移動でしたがこれくらいなアリですね。値段もタクシーと比べると1/4以下ですからその差は大きいです。

地下鉄は朝7時前にフルトンセンター駅からA線でJFKまで乗ったのですが、車内は平和そのものでした。地下鉄はややダイヤが不安定ではありますが、車内の汚れ具合や治安などは徐々に良くなっていると思います。

nyc subway 1

一方ロングアイランド鉄道ですが、窓を含め、車内はあきれるほど汚かったです。20年前の地下鉄以下ですよ。時間帯によるのかもしれませんが客層も、あ、これはやばいヤツだと本能的に察知できる人がそこかしこにいます。「地下鉄は車窓が…」とか言う人もいますが、ロングアイランド鉄道の車窓も相当しょーもないです。

ということで、次、どちらか選べと言われたら私は地下鉄の方を選びます。エレベーターを完備している駅も増えていることですしね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/190-0863a706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。