M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アームチェアトラベラーとGoogle Map

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

「これはいかん」ストリートビューで旅行の準備をしている時にそう思いました。


☆☆☆


中学の時のことですが、同じ団地の同級生Aとの会話。

A 「俺、時刻表(国鉄の分厚いアレ)を毎月買っている」
私「え!?」「そんな旅行行くの?」
A 「いや、そうじゃなくて」
私「なんで?」
A 「アームチェア‐トラベラーだから」
私「はい?????」

アームチェア‐トラベラー(armchair traveler)
ガイドブック、時刻表、観光ビデオなどを見て、家にいながら旅行や観光の気分を楽しむ人。

旅慣れていないアマチュアな旅行者ではなく、肘掛付の椅子の上でバーチャルに旅行をする人の事です。

中学校の時なのでそんな言葉があること自体しるわけもなく、さらに驚いたのは、そんなことやってるやつが他に2名もいるってことです。彼らは「机上旅行団」を結成していたのですが、まあ、当然学校では変人の扱いでした。

☆☆☆

で、Google Mapです。

旅行に行く場所をチェックするのですが、Google のmy map なら例えば自分の行きたい所にピンを打って印がつけられます。例えば New York - yoga studio というレイヤーを作ってそこにまとめて場所を登録しておけば、出先で再検索することなく特定できるので超便利です。

google map 4

で、登録したピンに自由に情報を追記できる部分があるのでそのお店のURLなどを貼っておくことができます。また、距離も測れるので、例えばホテルから店まで測り「700mか、じゃあ歩いて10分でいけるな」とか分かるわけです。

google map 5

普通のGoogle Map でも便利だなと思うのは、地下鉄の駅のマークを押すと路線が地図上に表示される機能です。

google map 2

この先どこに行けるのかが一目瞭然なので、ホテルの位置決めには重宝します。

そして究極はストリートビューですね。ガイドブックに載ってない詳細なビジュアル情報が手軽に入手できるなんてちょっと前では考えられなかった事です。以前に書いた通り、自分は「旅行は事前に調べる派」なのでこんなありがたい機能は他にありません。

最初はホテルの周りにコンビにはあるかとか、タクシーも拾いやすそうだとかがわかって「便利だなあ」という感じだったのですが、調子に乗ってNYのブロードウェイなどをを行ったりきたりして、「こんなとこにこんなすごい建物があったのか」と遊んでいるうちに、何かすっかり旅行に行った、おなかいっぱい感が湧いてきました。さらにこれからン十万出す価値はあるのだろうかとさえ思うくらいです。

google map 1

ストリートビューを旅行前の調べ物として使っているうちは「便利な道具」でしたが、やりこんでいくうちに私が机上旅行団の一員になっていました。これはいかん。

若い人は海外旅行にいかないみたいですが、「テレビとネットで見られるからいい」という話は少数意見ではないようです。「旅行=特別」な世代としては「いやいや、そうじゃないんだよねー」といいたいところではありますが、わからなくもないです。

たまに、バーチャルで拾った画像とリアルで目にした画像の区別がつかなくなっている時があります。Google mapはおそろしくリアルに進化した「時刻表」で、「トータルリコール」への橋渡しなのかもしれません。


 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/177-2e47f5fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。