M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツケースはハードとソフトではどちらが良いのか?

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

次回の旅行用に古いスーツケースを新調しようかと考えていて、ふと、ハードとソフトはどちらが良いのかという疑問が湧いたのでネットで調べていると、あるQAサイトに辿りつきました。



 


お世話になります。海外旅行は慣れている方ですが、この度スーツケースに関し再考してみました。
どこへ行くにも(主に欧米)今までソフトスーツケース(Carry-on size)でしたが、今度タイに行く際
ハードスーツケースの方が安全か悩んでいます。



まさにこの疑問

(今回はタイ3回目)というのも、もし見知らぬ人間に麻薬等を入れられ、運び屋の容疑をかけられたら大変だと、改めて感じました。考えすぎかもしれませんが、容疑をかけられたら最後、死刑ということも有りえるわけでして。<中略>ひとつ旅慣れた皆さんの意見をお聞かせください。



まあ、ちょっとアレだけど読んでみよう。

なかなか多くの方に興味があった質問だったのか、最初の回答から18人が回答しています。

「ソフトは軽いし、膨らみます。」
「ソフトは圧迫されると内容物が潰れる。」
「麻薬は考え過ぎでしょ」
とか、まあそうだよねという内容がほとんどです。

そんな中、1,500字、実に原稿用紙4枚分の回答が投下されていました。

ハードケースかソフトケースか
うん、おもしろい設問ですね。
でも、違ったお話をします。
税関の人って、どうやって、あんなに多くの人がいる中で、怪しい人を見つけるのでしょうね、というような話、良く聞きませんか?私が聞いた話は、税関の人は、人の目を見る、という話でした。



長いと思ったらいきなり関係ない話…

別の話をします。私のところには、毎日、数百のいかがわしいメールが世界中から来ます。受信拒否の登録をしても、次々とアドレスを変えてくるので、新しいメールが次々と届きます。



「そんな事質問してどうするの?」程ではないにしても、「XXについてはしりませんが」とか言いながら関係ない話をする、知らねえならだまっとけと突っ込まれることうけあいの展開です。

また、別の話をします。何故、航空会社は搭乗手続きの際、「荷物は自分でパッキングしましたか?」聞くのでしょうか。



ここまで来たらわざとだろとしか思えませんが、どうやってオチを付けるのか興味が沸いたので忍耐強く読んでみることにします。

いろいろと前置きのエピソードは、心に隙を作らないことを言いたいためです。その上で、パッキングはすべて自分ですること、他人の中身の分からない荷物は決して預からないことが必要です。



ズレてんだよなあそれじゃあと思っていると、

私の場合は、5人のハイジャック犯に航空機を乗っ取られ、88時間の囚われを経験しましたが、


(゚△゚;)え?

なにこの展開 !?
そんな大規模なハイジャックに合う人なんて特定できるぐらい希少でしょ。

まあ、ソフトかハードかのバゲージの素材は、関係ないと思います。



いや、いや、そーじゃなくてハイジャックはどうなったんて??
せめてここはハイジャックの経験からハードかソフトか言うんじゃないの !?

との想いも空しく締めくくられてしまったわけですが、

それに対する質問者の返しが、

お礼が遅くなり失礼いたしました。ハードのスーツケースで旅行から無事帰国しました。
ありがとうございました。(by 質問主さん)



(゚Д゚`*)エ~ !!

ハイジャックの話はスルー !?途中で回答読むの止めたでしょ !?コピペなの?

この回答は2人の人に役立ちました



ぜったいうそだ。。

http://4travel.jp/os_qa_each-45582.html

質問の後半の麻薬の件がインパクト大きく質問の本題と捉えられてしまったようで、トラブルに対する心構え論になったのが残念です。

私の意見としては、機内持ち込みはハード、ソフト関係なく軽い方で、預け入れるなら断然ハードですが、フレームタイプ(ジッパーでなく)でTSAのロックがかかるものが良いと思います。 まあ、この流れで言っても何の訴求力もないですね。
 

 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/167-631a3854
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。