M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電球が切れて感動した話

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

年末のバタバタしたなかで、ちょっと感動した出来事をわすれてました。

ODELIC OW009402L 2

 
ボール型のペンダントランプを寝室に付けようと考えていたのですが、
ペンダントは高い天井じゃないとサマにならないので、
結局小型のシーリングランプを付けました。

選んだのは、オーデリックのキューブ型のものです。 (ODELIC OW009402L)


実は、これはブラケットランプで、しかも浴室用なのですが、
自分のイメージに近かったのでこれを通販で購入したのです。

回線は既に電気屋さんに工事してもらっていたので、取り付けは自分で。

ODELIC OW009402L  センター出しをして取りつけたところ

なんかいい感じに仕上がったかなと思っていたのですが、
1ヶ月経たないうちに、3つの電灯の内の1つが点かなくなりました。

手持ちの他の電球に変えるとちゃんと点くので、電球が切れたのだと思います。
この電球は電灯に付属されていた蛍光灯で、東芝ライテック製です。


他の2つの電灯も同じ電球なので、すぐに切れてしまうか心配になり、
電球のパッケージに書いてあった問い合わせ窓口に相談してみました。

すると、非常に丁寧な電話での受け答えで、使用状況等いろいろ聞かれ、
新しい電球を送るから、切れた電球を送り返して欲しいと言われました。

で、3日とかからず電球が届き、切れたのを送り返し、一件落着です。

直接電球を小売店から購入したものではなかったので、
責任の所在も分からない状態ですが、その場で無償で新しいものを
送ってくれるという申し出はとても安心感が得られ、
店頭で700円くらいの商品なのに、往復1送料だけでも1000円くらいはかかるのでしょうから、
CS対応素晴らしい会社だなあと関心したのでした。


☆☆☆

そして、そんな事があったこともすっかり忘れていた年末のある日、
東芝から一通の封書が届きました。

中にはこれが入っていました。

report frm toshiba

数か月前に送り返した、切れた電球の調査報告書でした。
ハードな表紙付きの立派なもの。
書いたあった内容は一般消費者向けというより、会社内の報告書のような感じです。

新しい電球代や送料もそうですが、電話を受けてくれた方、調査をした方、承認した方、
電球や報告書の発送の手配をしてくれた方々が動いてくれたことを想像すれば、
こんな小さな事に、小さくないリソースが割かれた事は少々驚きです。

調査自体は今後の製品の品質の向上に役立てる目的があると思います。
そして、私にはコンデンサの過熱破損と言われても何のことかわかりません。
ですが、わざわざ詳細な原因や発生要因を知らせてくれたのです。

この一件で、もっとも自分の印象に残ったのは、
「こちらの言う事に真面目に向き合ってくれた」 という事です。

結果とし、自分は東芝というブランドに一層信頼感が湧きました。
双方ハッピーな結末だと思います。

不具合を報告=>代替え品を提供=>不具合品を返還=>調査結果を報告

おそらくキーになるのはコミュニケーションがどちらからも一方通行でなかったという事でしょうね。
勉強になりました。
 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/156-66948a59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。