M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなところで使う事になろうとは思いもよらなかった

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回 お話しましたが、知足庵さんでの今週末のイベントでベーグル焼く係に任命されて、GW中も当日用に改良すべく何回かテストで焼いていました。

で、前から気になってたのですが、粉が飛んで服につくのでエプロンした方がいいのかなと。家には女モノしかないので買う事にします。

本当は麻とか綿のがいいらしいのだけど、ネットで検索したら3000-5000円とちょっと高い気がする。これかなと思ったのは、こちらの化繊のもので2000円くらい。
カフェエプロン/ソムリエエプロン/黒 93cmロングタイプ
これっだってホール用で、厨房用じゃない。イメージは近いけど。

Tさん曰く、化繊なら100均でも売ってるとの事なので、リアル店舗で買うかと見てまわったのですが、100均はデザインが?? 店においてるのはやっぱり高いしそもそも男用がない。

で、自作することにしました。

手芸屋に赴き、生地を買うのですが、けっこういい値段。1 X 1mで1000円以上する。

この辺りで調子に乗ってしまい、「職人ぽく和のイメージを入れてやろう」と和柄を選んでみるが、手芸屋はやはり女の人対象なのか、テクスチャーもなんかピントくるものが無い。

結局、端切れをあさって、色目だけで選ぶ。紐や糸も含めて全部で2000円くらいかかった。

和柄

さて、いざ作ろうと思ったら、パターンなるものが要ると言う。エプロンの本を図書館のHPで検索すると、いつも行く図書館に、こんなものが蔵書されているのを発見。

「男のエプロン本」
男のエプロンの本

で、借りてきてまずイメージを起こす。 この本の中の、「クラフツマンエプロン」 てのを見本にしてみる。

ただ、中途半端な端切れを買ったせいで、デザインに制約が入りまくる(普通にはかり売りを買った方がよかったかも)。一枚はデニム生地で、一枚は向こうが透けるような薄い生地。

しかも柄の生地は、うまく配置しないと化粧まわしみたいになってしまう。

この辺りで、小学校の家庭科以来裁縫やってない自分には、少々ハードルが高いのでは?と思い始める。

しかも、材料を斜めに使う事にした為、各部位の長さを算出するのに数学が必要だと気付く。
三角関数を高校で習ってた時に、「こんなもん実社会で使うことは一生ないわ」と思い、ここから数学が嫌いになったのだが、こんなところで使う事になろうとは思いもよらなかった。

図面

ただ、現代社会ではどうにかなるもんです。
いいサイトを発見!=> Keisan 生活や実務に役立つ計算サイト

ようやく設計図ができたのだが、型紙用の紙がないことに気づく。で、紙を買いに行く。

ネットでは、エプロン自作した人のコメントで、「意外に時間がかかり、2時間もかかったというのを見ましたが、私の場合この時点で既に3日が過ぎている。やはり無謀だったと思うが、もう遅い。。

「型紙を作る際、長い定規がないので、斜めの長い直線が引けない」=>「テーブルの端を使って折り目をつければよい」。「生地が柔らかいので端を綺麗な直線で折り込めない」=>「型紙を挟んでアイロンかければよい」って事に気付くまでに相当悩む。

しかも、和柄が自分の右側にくる様製図したはずが、生地を裁断した後に左側になっていることが判明し、心が折れそうになる。

その後、メインイベントのミシン掛けが待っている事を思い出し気を失いそうにななるが、Tさんの助けを借りてなんとか縫いの工程に入る。

ミシンは一番遅いスピードで恐る恐る。やわらかい布を縫い合わせるのがずれて何回かやり直す。また、ミシンの返し縫いの機能が壊れていたので相当難儀したり、よせばいいのに途中でポケットを追加したりして、GW最終日の夜までかかり、やっと完成! 

エプロン


長かった。。。5日もかかった。。

自作エプロン


GWどこにも行かなかった割には、やたら充実感があるのはこのせいかもしれない。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/15-965fd5a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。