M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局ボール型ランプはパナソニックのモディファイ・スフィアに

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回 書いた通り、ボール型ランプの選択は困難を極め、約3ヶ月の間、
階段は電灯ナシで過ごしましたが、ようやっと表題の通り、
PanasonicのMODIFY・SPHERE(モディファイ・スフィア)に落ち着きました。

sphere5.jpg

 
階段の踊り場に設置する => 上から見ることもある => 傘の部分が気になる

g3047.png


前に書いた 通りですが、実売5千-1万円くらいの商品だと傘の部分のディテールの処理が
「なんだかな」というものしかありません。

で、こんなのとか、


こんなのとか


こんなのを、


普通に買ったら高いのでオークションで探してました。
で、値段の関係もあり、やっと落札できたのがスフィアだったというワケです。

パナのスフィアは 前回 の話の通りで最初から目は付けていたのですが、
こちらも定価で7.6万で 「なんでこんなするか?」 と疑問でした。

が、現物見てけっこう納得しました。やはり作りが違います。
シェードの部分はアクリル樹脂に塗装が施されており、
軽量で地震の対策をしながらガラスのような高い質感を実現しています。

sphere1.jpg

そして、他の製品と比較し、より「まんまる」を意識してデザインされていることがわかります。
電球を取り付ける傘の部分まで素材を統一して使っているのでそう感じるのです。

sphere1_20141122155540015.jpg

また、内部の部品も透明な素材を使っているので傘の部分があかりを透過し、
照明を点灯した状態は他の球体ランプと比較してより「まんまる」ぐあいがわかります。

sphere4.jpg

部品のとりつけも日本の工業製品らしく、精度が高くピタリとハマります。
コードも汚れにくく、適度なフレキシビリティーと質感を持った高質なものでした。

こちらの製品は うちのキッチン と同じデザイナーの深澤直人氏の手によるものですが、
「スタンダードなフォルムを追求するには、細かなディテールにまでこだわって
“MODIFY=修正”する必要がある」 のコメントの通り、本当に、
ディテールまで手を抜いてない感じは伝わってきます。

35cmの大きさのものは電球2つつけられるようになっています。
リビングには十分でしょうが、階段では眩しいくらいなので、
一つ外してつけてますが、片光りするような問題はありません。

sphere3.jpg

こういうのが質の高いデザインというのでしょうか。
これはいいものが手に入ったと思います。 おススメです。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/148-06db7fcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。