M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新兵器投入 低GIベーグルの試作

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

以前、実家に帰った時、親から急に

「うちの家系は糖尿家系な、」

という衝撃の告知を受けたので新たなベーグル作りに取り組みます。
低グリセミック指数(GI値)のベーグルを作ろうという魂胆です。

 
要は、血糖値の急激な上昇を避けといた方が身のためだぞと言う事で、
GI値60以内の食品をとるのが良いようですが、調べてみると、

パスタ 65
ベーグル 75
白米 82
食パン 91
菓子パン 95

ならしく、食パンや白米よりはずいぶんマシですが、
健康イメージの高いベーグルとて75と基準の60を超えています。

ベーグルの材料の多くは小麦粉ですが、強力粉のGI値は 55です。(薄力粉は60)
加工の過程でGI値は上がるのだと思いますが、糖分も入れています。

アガベシロップ 25
メープルシロップ 73
はちみつ 85
砂糖 109 

なので、砂糖の代わりに低GI値のアガベシロップとするのが良いのですが、
手元にないので、モルトエキスのみで甘みを補う事にします。

ルンドミエル BIOアガベシロップ 250g
ルンドミエル BIOアガベシロップ 250g

あと、どうも繊維質などの混じり物が多い方が糖質の吸収を穏やかにするようで、
白米>玄米 小麦粉>小麦全粒紛 の図式です。

以前、全粒紛を混ぜて作った事があるのですが、なんかもさもさして美味しくなかったので、
同じGI値ですが、オートミールを粉にして入れてみます。

bagle new1 全粒紛を入れた時のようにつぶつぶがでますが、、

分量は、6個分で、

強力粉 325g
オートミール粉 50g
塩 大さじ 1
モルトシロップ 大さじ 1
ドライイースト 小さじ1/8

作り方は "本格的だけど簡単なベーグルの作り方 (ニューヨークスタイル)" と同じですが、
今回は新兵器があります。

bagle new6 

東芝の石窯ドーム。なんとMax350°のオーブンレンジ。
うちにとっては新兵器ですが、もう型落ちで新型でています。機能的にはかわらないようですが。

東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 31L グランホワイトTOSHIBA 石窯ドーム ER-MD400-W
東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 31L グランホワイトTOSHIBA 石窯ドーム ER-MD400-W
 
前のが故障し、28秒しかレンジできない状態で2年程使っているのを見た
Tさんのお母さんにリフォーム完成祝いに買ってもらったのです。

さて、実力はどんなもんかと、280°で18分焼きました。

bagle new5 半分はオートミールを粒のままトッピング

出来上がりですが、モルトシロップを入れて高温で焼いたので皮がパリパリ。
フランスパンのようでおいしいです。

甘みを抑えた事もあり、オートミールの味もしっかり出ます。
そしてモサモサしない。

bagle new4 オートミールのつぶつぶ感はなくなってました

今回は加減がわからずにオートミールを15%以下に抑えましたが、
2割以上でも行ける気がしますので、次回また作ってみます。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/144-1b58f07f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。