M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイアミ空港でのこと

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

「タークス&カイコスを訪れた時」 の話からの続きです。

ニュースで空港近くのホテルは満室だというのは知っていましたので、
しょうがなくカウンターのあるフロアのベンチに座って一晩過ごすことにしました。


けっこうな数の人がここで足止めされており、
夜中なのに大混雑で、警察がマウンテンバイクに乗って
フロアをひっきりなしに巡回しています。

座った隣のペルーから来たおっちゃんは、
「その隣のおっちゃんは4日もここにいる」と言ってました。
そう、困っているのはみんな同じなのです。
ホテルにいれただけ幸運だったのかもしれません。

ダラス-マイアミは予約を取っていないので取らないといけません。
さっきのペルーから来たおっちゃんが、
5時くらいからカウンターが開くので並んでおいた方がいいと教えてくれました。

すでに何人か並んでいましたので、その後に並びました。

Turks and Caicos 27

並ぶというか、寝るのです。地べたに。
結局、先ほどの不法入国者に仲間入りです。
やっぱりありえない光景に、他の人も記念に写真撮ってました。

☆☆☆

そして、朝5時ごろにカウンターが開きだしました。
うまいぐあいに当日の、しかも朝7時発のダラス行きの予約が取れました。

ダメもとで日本行きの便が早くならないか聞いてみると、
なんと明日の便で2人分空席があるとの事。早速予約を更新します。

☆☆☆

ゲートまで行き、出発まで時間があるので寝ます。
皆と同じ、床の空いた所に。。。
ちょっとだけ寝て、窓の外を眺めていると。。。

Turks and Caicos 29
Turks and Caicos 39
Turks and Caicos 30

旗を振られて送り出されたのは今回犠牲になったもう一つのエアライン、ユナイテッド航空機です。
再び立ち上がろうという機運がこういった行動にストレートに出る、アメリカらしい光景です。

おそらく歴史に残るであろうタイミングに、少しでもその場の雰囲気を感じられたのは貴重な経験です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/138-8dab5238
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。