M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちわびたAA746

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

「タークス&カイコスを訪れた時」 の話からの続きです。

ついに島に来て一週間がたってしまいました。 事務所の皆が「帰れるといいね」と言ってくれます。
「今日は帰れる」という、なにか根拠のない自信のもと、清算を済ませホテルを後にしました。

Turks and Caicos 22

 
☆☆☆

空港内は心なしか人が多い気がします。カウンターへは人がとぐろ巻いていますが、
それより長いのはセキュリティーラインです。強化さているようです。

列に並びながら冷静に見回してみたのですが、日本人などは当たり前で、
アジア人は一人も見当たりません。

と、その時突然、アナウンスが流れます。

「Miami air XXX便、たった今フォートローダデ-ルを飛び立ちました!」

「うおおおおおおおおお」

空港内ですさまじい歓声が湧き上がりました。

他の便ですが自分の事のようにうれしく、期待をさせてくれました。
ついに、島に飛行機がやってきます。

私たちの便はAA746便で、その日に出発するアメリカン航空の2便目にあたりますが、
まだマイアミからの午前の1便目が飛んでないようです。

その後、1便目、2便目がマイアミを出た事を知り、
ホテルに電話して「帰れるようになった!」と報告します。

長いセキュリティーを通過し、何とか空き席を見つけてゲートの待合室で待ちます。
ついにここまで進みました。

Turks and Caicos 32


そして出発予定の14時になった頃、先ほどのMiami airが到着しました。
待合室は拍手喝采です。

続いて、アメリカン航空の1便目が到着です。

Turks and Caicos 24


周りの人たちが笑顔で出て行くのを、私たちも手を振って見送ります。
既に変な連帯感が芽生えています。

結局、空港に来てから4時間たって、我々の便が到着しました。
飛行機が到着するたびに拍手と奇声が上がります。

こんなに飛行機に乗るのがうれしかったのは子供の頃以来です。

そして、あのフライトです。。。

Turks and Caicos 23

 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/136-d2dbbcbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。