M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに深刻な事態に

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

「タークス&カイコスを訪れた時」 の話からの続きです。

本来であればもう日本に着いている頃ですが、
目が覚めても島にいました。

今日も、目に飛び込んでくるのは、死ぬほど平和できれいな海です。

Turks and Caicos 20

とりあえず、予約した便が飛ぶことを祈りながら空港に向かいます。

☆☆☆

今日はいつもと少し違います。チェックインを受け付けています。
大きな進歩で喜びがわいてきます。

少し並んだ着いた先は、、例のイボイノシシでした。
相変わらず横柄ですが、もう会うこともないと思えば苦にもなりません。

「やっと帰れる」本当によかったと思っていたのですが、イボイノシシは言うにこと欠いて、
「一応チェックイン受けるけど飛ぶかわからんぞ」とかい言ってます。
内心「そーですか、ハイハイ」と。

自分の分のチェックインが終わり、Tさんの分をやっている時でした。

「欠航の案内です!本日のアメリカン航空は全便欠航!」

…という無情な場内アナウンス。
しかもこのタイミングで、、

思わずスピーカーの方を見入ってしまい、ぼーっと視点が定まらなくなります。

視界の端の方でイボイノシシが「ほらな」とか言いやがります。
カウンターに崩れ落ちそうになりながら、「予約、明日の予約して」
とそのままイボイノシシに予約入れさせますが、
なんと次の予約は2日後まではいりません。

American Airlines Baggage Tags Photo i03 by Grant Wickes, on Flickr


どれだけここを動けないのか?島を出られないのか?
だんだん 「不安」 が 「恐怖」 にかわってきました。
日本への国際線の予約など、全くどうにもなりません。

☆☆☆

とりあえずホテルに戻り、涙目状態でダラスのホテルの予約変更、
日本便の予約を電話でやります。

日本便の予約はアメリカに直接電話したのですが、やはり予約はとれませんでした。
オペレーターいわく「日本便は現在も飛んでない」「予約は入れられない」と。

こういう状況になった時のために、格安ではなくPEX(正規の割引運賃)にしていたのですが、
こうなってしまうともうどうしようもない事を知るのでした。

オペレーターは電話の向こうでこう言いました。

「困ってるのはみんな同じだ」

なぜかこの一言で、ちょっと落ち着いたというか、安心したのでした。 自分達だけじゃないんだと。。
この一言は後に目にする光景でより実感させられることになります。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/134-26d63114
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。