M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turks and Caicos タークス&カイコス を訪れた時の話

Posted by Markn on   1 comments   0 trackback

Turks and Caicos 1
昨年もこの時期になってあれを書こうかと思いましたが、
旅行の準備で忙しかったので今年書くことにします。

 
記憶があるうちに書き溜めていたものを編集してアップしますが、
どうしても長い話なので何回に分けようと思います。
そのかわり、書いたら直ぐにアップしていきます。

まあ、あれなんですが、簡単に言うと旅行記です。10数年前のです。
 
2000年にメキシコのコズメル島でのシュノーケリングが楽しかったので、
翌年はマイアミと タークス&カイコス諸島 (Turks and Caicos Island)に行くことにしました。
正確には プロビンデンシャアレス島 (Providenciales)にです。

9月9日にマイアミから島に渡り3泊した後、9月12日にはマイアミ経由、
ダラスで一泊して9月13日に日本行きの飛行機に乗る予定です。

タークス&カイコス島はカリブ海の島で、バハマ諸島の南端に位置します。
イギリス海外領土で、通貨はUSD、車はほぼ日本車、観光/水産が主な産業ですが、
タックスヘイブンとしても有名な島です。

海の透明度がかなり高く、「宇宙からでも海の底が見える」
とかいうフレーズに惹かれて行ってみることにしました。

Turks and Caicos 2

我々の泊まったホテルは 「コーラルガーデンズ オン グレイス ベイ Coral Gardens」 という名前の通り、
白砂のビーチの真ん前に円形のサンゴ礁があります。

カンクンやコズメルも、例えば沖縄あたりと比べても断然綺麗だと思いましたが、
期待通り、ここタークス&カイコスは私達史上最高のビーチです。(それは今も変わりません)
もう、気絶するくらい綺麗な楽園です。

着いた翌日には、そのサンゴ礁で野生の海ガメと遭遇し、
一緒に泳ぐという楽しい体験をしたのでした。
ハワイでは海ガメを見た者には幸福が舞い降りるという言い伝えがあります。

ホテルも絶好のロケーションに建つセンスの良い建物で、
私たちは二人は完全に舞い上がります。
これは良い選択をしたと。

Turks and Caicos 3


☆☆☆

しかし、次の日にそれは起こりました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/129-b42281b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。