M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンディー伍長とプラダ少佐

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

妻のTさんはモノが捨てられない性格です。
それでもリフォームに向けて、今回は頑張って捨ててます。

そしたら先日「このカバンを捨てようかな」と言うで見てみると、
「プラダ」って名札がついている。


そいえば、前回Tさんが研修で2ヶ月程家を空けた時、
ゴミ箱の底で瀕死の状態だった「フェンディ」ってやつを発見し、
慌てて救護班を呼んで救い出したのだった。

安っすい服は捨てられないが、ブランドものでも傷を負ったやつは捨てられるようだ。
買う際は、高くても長く使える「一生モノ」と聞いた記憶があるが、
最近「世の中に一生モノなんてないよねー」とおっしゃっていたので
あちらの部隊では大きな方針の転換があったと思われる。

そして、朽ち果てようとしているプラダ少尉は私が引き取る事にした。

ちなみに、フェンディ伍長は、ビニールのトートバック?で、
その表面が劣化してベトベトになっていたので、
私が洗剤に溶いた水で丁寧に洗ってやったら、
表面がぜんぶ剥げて息の根を止めてしまった。
火曜の朝、透明のビニールに入れられて…。

プラダ少尉はサイドと底面がなめし革でちょっと高級感アリ。
黒くて四角いので、ショルダーストラップを追加すれば
男の自分でも使えそうなので延命治療を施す事にする。

prada4.jpg

まずは、ちょっとクリーニングしてみることに。

革も洗える洗剤を買おうと思ったけど高いので、
おしゃれ着洗い用洗剤を溶かした水で洗う事にする。
思い切って水につける。そして5分程ソーク。押し洗い。

prada2.jpg

そして引き上げると予想以上に水が濁ってた。
ここまで汚れていたとは思えないので、
部材のなにかの色が抜けてるのだと思われる。

prada3.jpg プラダ汁を吐く少尉。

よくすすいでから、ネットに入れて洗濯機に投入。
5分ほど脱水したらいい感じに水気が切れた。

そして軒先で影干して乾燥。

変色や、型崩れしてないので革製品だけど水洗いで問題なかった。
でも革の部分はすぐに保湿クリームを塗らないといけない。

その前に、あれ?

prada5.jpg

内張りが破けてる!ゴシゴシ洗ったわけではないのになぜ?
で、Tさんに聞いたら「その前から破けてたのかもしれない」とのこと。
第二のフェンディ伍長にしてしまったかとあせった。

で、ショルダーストラップ用の金具をサイドに取り付けるが、
内張りが破けたところから外皮の内側が確認できる。

あれ、

こ、これは、ご、合皮!?


火曜の朝、少佐は透明のビニール越しに作業着を着たしらないおっさんの顔をみる事になった。

 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/114-c3b0f383
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。