M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAVISTAMP パビスタンプ 西洋漆喰というかスペイン漆喰ね

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

リフォームですが、本来なら今週末あたりから工事が始まっているハズなのですが、
まだ先になりそうです。もう、飽きたどころの騒ぎでなく、

ダレダレです。

なんか、やりたい事を反映させようとすると家の構造や費用の問題で
ことごとく出来ない事が判明し、本格的にやる気も無くなってきたリフォームですが、
すこしだけ進展?しました。壁についてです。

 

コンクリにペンキを塗ったような、しっとりして艶のないフラットな感じが好みなので、
壁紙ではリリカラの 「ウィリアム・モリス」シリーズ を選ぶ予定でした。

ですが、そいつは厚さが薄くリフォームには不向きだそうです。
ただ、それよりも、 壁紙の材料費+施工代  >  西洋漆喰を自分で塗る
という事らしいので、1Fの寝室の壁は漆喰にすることにしました。

最初はスイス漆喰の 「カルクウォール」 を紹介されましたが、
スペイン漆喰というそれより安いものがあるようです。
パビスタンプ というらしくこれがその見本です。

PAVISTAMP3.jpg

見ての通りで色がかなり豊富なのです。

PAVISTAMP4.jpg
PAVISTAMP5.jpg
PAVISTAMP6.jpg

カルクウォールは色目が少ないので「もう白でいいや」となっていたのですが、パビスタンプだと
やりたい事を反映できそうです。

と、言うのは、「ligne roset リーン・ロゼ」  という家具メーカーのカタログに、
ウォームグレーの壁の写真があって、こういうのになったらなあと前から思ってました。

PAVISTAMP7.jpg

壁紙で何社も探してなかった色が、なんと、パビスタンプにはぴったりの色があるのです!

PAVISTAMP8.jpg

「CENIZA」という色です。

希望をリフォーム会社の方に伝えます。 がぜん、やる気が回復してきました。

そしたら、後日、

・日本に在庫がなく、取り寄せに3ヶ月かかる。
・1ロット97袋買いをしないといけない(うちの使用量の約10倍)
・今回塗れるのは白系6色+αのみ


と、いう事で、やっぱり希望は叶えられず、またダレダレモードに戻るのでした。
まあ、よく考えればそんな国内在庫を持てるわけない。 
パビスタンプを検討している人はご注意を。
 
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/113-d03b380a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。