M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案外使えない屋根裏収納/小屋裏収納 (温度を測ってみた話)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

あと1ヶ月くらいでリフォーム着工という段階ですが、ここのところは何の進展もなく
ほんとうにリフォームするんだろうか?とさえ思う状況です。
さすがにこれだけ着工までの時間が長と、

正直、もう飽きた。


とはいえ、床面積で家の7割ほどに手を入れる程の大ごとです。

それくらいの規模になると通常住人は家を出るようですが、
アパート借りて荷物運んで余計なお金がかかるのは死んでもいやなので、
工事する業者の方にはやりづらいかもしれませんが家に居座る予定です。

そして、先月から、その工事をする7割にあたる部屋にあるモノたちを、
残りの3割に詰め込もうと格闘しています。
(自分たちの寝るスペースがあるので残り2割強くらいでしょうか)

とにかくいらないものを捨てて、
6畳間を中心にパズルを解くように無駄なく収納しています。

ただ、それでもさすがに全部収納は無理かもしれません。
そこで思い出されたのが天井裏の納戸です。

うちの家の小屋裏収納は広さが6畳は楽にあって、
忍びの者が宴会できるくらいのスペースが隠れています。
yaneura2.jpg

まあ、中古で買った家なので勝手に付いてきたわけですが、
これまで全く使用される事はなく、
無駄なやつとその存在すら忘れかけていたものが
ここに来て役立つ事になったのは喜ぶべきことでしょう。

ただ、垂直のハシゴを使わないとアクセスできないので、
まず重たいものは上げられません。
hashigo.jpg

そして先日モノを運び入れようとした時に、
これは使えないかもと気付きました。

5月なのに、中はなんと40度を超えています。

(外壁ボードの裏からウレタンフォームの吹付はしてあるが、窓や換気装置がない空間です)

という事で、ついでに今日にいろいろ測ってみました。

1F の外と中ではほとんど気温の差はなし。中が23℃、外が24℃。なぜか外の方が気温、湿度共に高い。
1foutside.jpg 1finside.jpg

2Fは1Fより気温が3度程高かった。逆に湿度は1Fより低く70%を切っている。
2foutside.jpg 2finside.jpg

そしてロフト、2Fの床から2.5m高いところで32℃。 そして屋根裏は、、、、やっぱり40℃!
loft.jpg yaneura.jpg

まとめると、
           気温 湿度
1階 外(日陰)   24度 72 % 
1階 中       23度 72%
2階 外(日陰)   26度 69%
2階 中       26度 69%
ロフト         31度 62%
屋根裏         40度 49% 

5月でこうなら、夏になったらどうなるのでしょう。
発泡スチロールや樹脂系の保管はだめでしょうね。変質/変色すると思います。
食品も痛むでしょう。布団や衣料なんかはちょっとの期間ならOKでしょうか。

しかし、冬の間は使わないで、熱や寒さに強く、片手で持って上がれるものってそうはない。
屋根裏収納は案外使えないと知るのでした。
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mdesign1.blog.fc2.com/tb.php/110-85bfb218
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。