M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日は傘をさして 旧日本銀行広島支店

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

jbankhiro1.jpg

日曜の早朝にTさんが母親と旅行に行くと言うので駅まで車で送って帰ってきたら完全に目が覚めてしまい、
どうしたもんかなと考えたあげく、また自転車で市内をぶらついてみることにしました。何か新しい発見があるのではないかと。

一つあった目的としては、旧日本銀行広島支店に行ってみることです。
広島市街の近代的なビルの中にぽつんとある古いビルが以前から気になっていたのです。

jbankhiro14.jpg

外観は、近寄って見てみると、、、んーなんでしょう。グリークリバイバル?自己主張強いくせに引っ込み思案というか、「やる気無いなら帰れ!?」という感じでした。 

少々期待外れな感じがしましたが10時開館を待って中に入ってみます。入館は無料。


入ってすぐの小部屋みたいなところのドアを出ると、広い空間にでるのですが、、、


これがちょっと想像を超えてました。


私以外誰もいなかったこともあり、ピンと張った空気で満たされた薄暗い空間に、光が柔らかく差し込んでいます。静かで厳かな空間は何か教会のようで神秘的ですらあります。

jbankhiro13.jpg

天井は高く、天窓から明かりをとれるようになっていますが、厚い壁の窓からの光を補充する為の照明が、その品格のある雰囲気の演出の一部であるかのように効果的に配置されています。

jbankhiro12.jpg

元銀行なのでカウンターが残っていて、内側にも入る事ができます。その元銀行の窓口業務をしてたんだろうなという広いスペースは、現在は展覧会のできるスペースとして活用されていました。

jbankhiro2.jpg

2階にあがります。一般のお客さんは目にする事はなかったでしょうが、重要なお客さんを通したであろう階段や踊り場は簡素な装飾ながらも質感と重厚な雰囲気には手が抜かれた形跡はありません。

jbankhiro3.jpg

江波山気象館 の階段と同じ磨きのかかった手すり。建造が1936年なので同時期の建物です。同じRC構造の公共建造物という事で共通性があるのでしょうか?

jbankhiro7.jpg

かつての食堂も展示のスペースになっています。部屋が多いのでいろいろな展示があって活用されていますが、その日の状況だけで言えばまだまだ活用できる余裕があるように思います。

jbankhiro10.jpg

地下に降ります。銀行の地下と言えば金庫ですが、ここも金庫が残っています。3室確認できますが、どんだけお宝をしまい込めるんだというくらいの大きな金庫です。

jbankhiro4.jpg

ここでNewYorkの文字を見ようとは。

jbankhiro5.jpg

かなり珍しいのではと思いますが、金庫の中でも展示会ができるようです。この日は「被爆樹巡礼」(被爆しながらも今も生きている木々の)写真の展覧会でした。

jbankhiro20.jpg

☆☆☆

はい、気付いた方もいるかと思いますが、江波山気象館 と同期という事は、この建物も被爆建物です。あちらは爆心地から3.7kmでしたが、こちらは380mと超至近距離です。

ですが、これまた江波の気象館同様、その建築の目的から高い堅牢性を有していたため天井が落ちる事もなく、倒壊を免れました。1階2階は始業前でシャッター閉じていて被害は軽減されましたが、3階は火が襲いました。

jbankhiro18.jpg

その後、負傷者の収容所にも使われたりしながら懸命の復旧を行い、なんと8日後には業務を再開したとのことです。天井のトップライトは爆風で損傷したため、雨の日は傘をさしながらの営業となったそうです。

jbankhiro19.jpg

常設展示として本店との復旧に向けた資金提供のやり取りの記録などを見る事が出来ます。そして開催期間 7月15日(水)~2018年3月(予定)と長い期間で「広島平和記念資料館収蔵資料展」が催されており、被爆後の市内や、人の様子を綴ったものも見る事が出来ます。

jbankhiro17.jpg


広島のと言うより、日本の貴重な建物だと思うのですが、そんな貴重な建物を一時期、商工会議所が取り壊して立て直す事を検討したらしいですね。結局頓挫したところで広島市が重要文化財指定し、保存とあいなったわけで、もし無くなっていたとしたら残念すぎる結果です。

なんでもかんでも新しいものに建て替えればいいと言うものではないと思うのです。古い物とどのように共存するかの知恵と技術を注ぎ込むのが未来を生きる者の役目じゃないのかと。 と、同時にせっかく存続できたのだから活用しないともったいないわけで、なにか良い活用法はないものかと考えたりするとお腹が減るのはなぜでしょう。

jbankhiro8.jpg

江波山気象館 と旧日本銀行広島支店はどちらも中に入ることができる重要文化財です。もし広島を訪れる人で、建築に興味がある人はこの2つに行かれてみることをお勧めします。

もちろん、広島の人でまだ中に入った事のない人は新たな発見があると思いますので立ち止まってみてはいかがでしょうか?

旧日本銀行広島支店での催し等の紹介

 
 

スポンサーサイト

ネコバス

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback



10年程前にバス釣りを始めた時の事です。

とにかく腕を上げたくて釣りの勉強をしてました。そんなある日、動画で学ぶのがいんじゃないかと近所のレンタルビデオ屋に借りに行ってみることにしました。「大爆釣・バス地獄への道」とか「異次元の親指がびがび」みたいなものを期待してたのです。

ところがそのビデオ屋にそのようなモノは無く、

「バスはネコ」 というふざけたタイトルのものしか置いてありません。

ただその頃は情報収集に必死だったのでしかたなく借りて帰ることにしたのです。

内容は「まず釣る相手の事を知れ」ということで、このビデオの人は「バスはネコみたいなものだと思えば良いとドヤ顔で言うのです。

いや、ちょっと待って。猫の習性なんて誰もが知ってるわけないでしょと。 てか、バスの習性を理解するために、わざわざ猫の習性を理解するとかどんだけ遠回りなんだと。 てことは、あれですか?このビデオは猫を飼っている人でバス釣りを始めようとしてる人向けのピンポイントな教材ということ?

しかし実際ビデオの中では本物の猫も出てきたりしてわりとロジカルに説明されていました。今でもしっかりとそのポイントは記憶できています。振り返ればこれまでのバス釣りでも実際にそれが役に立っていたのでかなりためになるビデオだったのです。

ビデオの内容に加えて、自分の経験から得たバスの性質を挙げてみると

・向かってくるものからは逃げる。しかし逃げる者は追う。

・敵からの攻撃機会を減らす為に前後、左右、上下方向のどこかが遮られらた場所を好む。

・明滅(見えたり見えなかったり)を繰り返すものが気になってしかたがない。

・自分が見つけたものは(急に現れたものより)わりと違和感なく受け入れる

・喰う時は喰う。喰わない時は喰わない。


です。

もうバス釣りはほとんどやらなくなったので、今これらの知識は無駄になろうとしています。ですが、先日の江波を自転車でふらついていた時にこの知識を役立てる場面に遭遇しました。

正確には逆場バージョンです。「ネコはバス」です。

江波でネコに遭遇しました。野良ネコの写真は散歩写真を撮る人がよく手を染めるテーマなので真似してみようと
思い、カメラを構えると。

ebaneko4.jpg 見えないかもしれませんがこの中に確実に猫がいます

すごい勢いで逃げました。撮れません。というか、近づくことすらできません。

そこで、先ほどの 「バスはネコ」 の件を思い出しました。そして、

こちらが先にネコを見つけ、
壁伝いに通り道で姿勢を低くし待ち合わせ、
目は絶対合わさず、
カメラのストラップをプラプラさせながら、
こちらからは決して近づかず、
相手の視界から入ったり消えたりします。

「ネコはバス」です。

その結果、、

ebaneko2_20151016174604497.jpg 

やっぱり近づけない。

ebaneko7.jpg

ん?

ebaneko6.jpg


すっごい睨まれてます

逆もまた真ナリとはいかないようです。

最後に一匹。ちょっと目に病気があるようなのでバックショットのみとしますが、こいつはまんまと術中にはまってくれて、足元まで遊びに来てスリスリして行きました。

ebaneko3.jpg


上に挙げたバスの知識というか、真理の他に、「魚のいない所で魚は釣れない」というのもあります。「釣れる時間に釣れるポイント(場所)にいないと、どれだけ有名なポイントで、どんな良い道具でどんなテクニックを駆使してもムダだ」ということです。ネコの写真もそうかもしれません。

次回はもうちょっといい写真がとれるように、もう少し修行してみます。

空を見ていた建物 (広島市江波山気象館)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

広島市内の見るべき建物の一つに「江波山気象館」があるというので行ってみました。
気象館は広島市の南、瀬戸内海を背に広島市内を見渡せる江波山の頂上にあります。

ebayama2.jpg

江波山は山といっても標高40m弱の丘のくらいの高さで、埋め立てが進む前は海に浮かぶ島でした。良く魚が集まる魚の餌場(えさば)=>「えば」というのがその名の由来だそうです。春は桜見の名所だと聞いていましたが、非常に眺めが良く、居心地の良い場所です。当日も天気が良かったせいか中途半端なレジャーを楽しむ人がBBQをしていました。



気象館は1934年に気象台として開館し、1987年に気象館/博物館として再オープンして今日に至ります。気象台としての機能を満たす為にRC構造の堅牢な建物ですが、内外装共にやわらかく、品の良い造りになっています。

ebayama1.jpg

その前に、日曜とはいえ気象の博物館なんぞに来るやつは誰もいないだろうと思ってたら甘かった。駐車場から満杯状態。どういうこと?気象マニアの集会なら逆に潜入してみたいが。。

建物は大別すると大きな見どころが3つあると思います。

まず1つめは入口で、最初から博物館を狙っていたかの如くウェルカム感があります。

ebayama3.jpg

煉瓦=>コンクリに移る事で可能になった表現手法を取り入れた初期モダニズム建築ですが、ドア上のステンドグラスや、周りの左右対称の幾何学装飾にアールデコの要素も確認できます。

ebayama8.jpg

入口で入館料大人100円払ってそのまま奥に進み、左手にある上階に続く階段が2つ目のハイライトです。

ebayama12.jpg

床には褐色系のタイルが丁寧に敷かれていますが、石を模した磨きの手すりも豊かな表情を見せます。

ebayama11.jpg

踊り場の縦長の窓、球体のランプは優しく、ここに住めるわと思える落ち着いた空間です。

ebayama10.jpg

天井を良く見ると構造上は必要のない持ち送りがあり、日本建築の「斗栱」のようにも見えます。

ebayama7.jpg

廊下の照明や、トイレも博物館化に合わせて若干モディアファイされていると思いますが、非常にスタイリッシュです。


見どころの3つめは屋上にあります。

ebayama19.jpg

建物の最も高い観測台の部分ですが、パラボラ・アーチを縮小したような装飾が壁面に施されています。

ebayama18.jpg

手すりの部分がマイアミ・アールデコの「ストリームライン」のようにも見えます。このような曲線部分もあって研究機関の建物とは思えない、優美で、全体としての温かさを感じる造りです。

ebayama14.jpg

Wikiには「ドイツ表現主義の影響…」と書かれていますが、日本の分離派建築会(特に逓信建築)の特徴があちこちに見えるのでそちらの流れとした方が理解しやすいと思います。

当時としては装飾控えめだったと思いますが、今の基準ではコンテンツ豊富な部類です。出しゃばらないけどスタイルはあり、公的な研究機関としての重厚感はありながら清潔感もあるという絶妙なバランスを有しています。

けっこう写真撮る所ありますので被写体を求めている方にはお勧めです。ただ、駐車場満杯の理由はこれだったのですが、日中は子供向けの実験イベントが開催されていて、子供たち走り回ってくそうるさい元気です。じっくり撮影する場合は朝か夕方のイベントの時間を外すとゆっくり撮れると思います。

☆☆☆

ebayama13.jpg

この観測所はこの地に建ってからずっと広島の空を見続けてきたわけです。そう、あの日も。

江波山気象館は被爆建物としても貴重な存在で、当時のものがそのまま保存されています。

ebayama6.jpg

建物は丈夫に作られていましたが、爆心地から3.7km、遮るものはありません。鉄製の窓の枠は爆風で曲げられたままになっています。

ebayama5.jpg

資料室には当時の職員の方の手書きのメモが展示されていているのですが、空の様子を観測員という違った視点で記録されており、他の資料館では見られないここ独自の展示で別の見どころだと思います。

ebayama16.jpg

その後、まだ観測設備が復旧しないところにに枕崎台風が直撃します。この時の職員の苦悩を描いたのが、柳田邦男の「空白の天気図」ということでした。


今回は、建物に釣られて来てみたら別の事に興味を魅かれて感銘を受けるというパターンでした。

家から自転車で行けるくらいのこんな近くに、こんな素敵な建物があったとは嬉しい発見です。また自転車+カメラで市内をうろついて探してみたいと思います。

ビッグカメラの通販で薬(アクチビア)を買ってみた時の話

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

ビッグカメラのポイントが9月末で消滅する連絡が来たので、通販でプリンターのインクを買うついでに薬を買ってみました。その時の話です。

昨年の9月から医薬品の通信販売が可能になり、ポイントで薬が買えるようになったのは便利な進化です。

で、土曜に注文して火曜には受取り。早いのですが、箱の中にはインクしかはいってません。
あー、複数の場合は別々に来るのかと思い待ってましたがぜんぜん来る気配がありません。

で、嫌な予感がして何件か来ているメールを再チェックして見ると、

【第1類医薬品】をご購入頂くにあたり、下記の【お問い合わせフォーム】から必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

1.医薬品を使用されるお客様情報

2.薬剤師から医薬品についての注意事項などをご案内

3.薬剤師からのご案内の内容に不明な点、質問事項の有無

※1~3の確認ができるまで、出荷の手続きは保留となります


なんだ、注文したら普通に配送されるわけではないんですね。「医薬品のお買い上げありがとうございます」という表題だったのでつい見過ごしてしまいました。

薬事法では第1種及び第2種の医薬品は対面販売を基本としているが、通販の場合はそれができない。この点が薬の通販実施の障害になっていたのは知っていましたが、こういうなんかしらのひと手間(コミュニケーション)を挟む事で可能になっていたんですね。

貼ってあったリンク先のフォームに色々書き込まないといけません。年齢性別とか、副作用が有るとか無いかとか。けっこうめんどくさいのですが、「は?」 となったのが、件名の欄に

「お問い合わせの「件名」をご記入ください。」


ん? そっちが問い合わせてるんじゃないの? 何を書けと?
件名は、「お問い合わせの「件名」をご記入ください。」 のまま送信しました。

そしたら次の日、メールが送られてきました。

「お問合せいただき、誠にありがとうございます。」


いや、わたしが問い合わせたわけではありませんから。

「ご質問いただいた内容は弊社担当より改めて回答させていただきます。」


いや、質問なんてしてませんて!

なんかもう、めんどくさい。

で、これで終わったかと思ったらまたメールが来てて、

【第1類医薬品】をご購入頂くにあたり、下記の確認事項(1)~(3)のご確認の上、
回答欄に「はい」・「いいえ」のどちらかをご記入の上、メール返信をお願いいたします。

【確認事項】
(1)該当医薬品の説明文書(添付文書)はご覧頂けましたか?

(2)説明文書(添付文書)の内容に不明な点はありませんか?

(3)該当医薬品の使用にあたり、不明な点・不安な点はありませんか?


ぁぁぁぁぁーーーーー!

め・ん・ど・く・さ・い。 でもしょうがありません。

はい・いいえで答えろとあったので、
1) 読んだか => はい
2) 不明な点はあるか => いいえ
3) 不安な点はあるか => いいえ 
と、形式ばったやりとりでなんだかなと思いながらも返信して、やっとこれで送ってもらえるようです。
なんか、薬買わないほうが良かったのかなと思い始めました。

そしたら、

下記(2)(3)の質問に対して「いいえ」とご回答頂きましたが、不明な点・不安な点の確認ができませんでした。
お手数ではございますが、内容をご記入の上、返信頂きますようお願いいたします。

【確認事項】
(2)説明文書の内容に不明な点はございませんか?
※不明な点が無ければ「はい」とお答えください

(3)その他、医薬品の使用にあたり、不明な点・不安な点はございませんか?
※不明な点が無ければ「はい」とお答えください


んがあぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!

なんで?? 普通この問いの答えなら 「いいえ(ありません」 でしょ?
でも「はい」と答えなないけなかったらしいのです。
まあ、前のメールに注意が書いてあったのを見逃した私が悪いんですが、、、、、

また回答し直しました。

どうやらこれで完了のようなのです。
メールを一字一句読まなかった私も悪いのですが、もう違和感アリアリのシステムです。



薬は気軽に買えないのが正解なのかもしれませんが、通販の薬はちょっと注意が必要なようです。 ご参考まで。
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。