M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AA アメリカン航空 太平洋線 ビジネスクラスの食事

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

773bus_class_bed_lg.jpg


6日目の旅行記 で書ききれなかった、AA61便ビジネスクラスでの食事などについて書いておきます。

AAのビジネスクラスは、新型機導入を機に、フルフラットシート/大型スクリーン(といっても15.4インチ)等、
一新されようとしていますが、大西洋線や南米線が優先されているようで、日本線にはまだ入っていません。
(2013年10月現在)

スポンサーサイト

JAL ビジネスクラス スカイスイート (Sky Suite) と食事

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

JAL meal menu

1日目の旅行記
 で書けなかったJAL ビジネスクラスでの食事と、Sky Suite について追記しておきます。

カンクンのシャトルについて

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

CUN T3 parking

空港からホテルに行く場合、真っ先に思い浮かぶのはシャトルか、タクシーだと思います。

ですが、カンクンの場合は空港から、一般の市内を流しているような(緑のラインが入った)タクシーに乗る事はできません。(乗って空港に来る事は出来ますが。)

JFK 空港とマンハッタン間の移動 (ニューヨークタクシー)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

NYC Taxi

ニューヨークの空港とマンハッタン間の移動はちょっとめんどくさい。
エアトレイン+地下鉄(or市バス)、空港バス、シャトル、タクシーのどれかになると思います。

荷物が多い(大きい)、時間が無い、2人以上、グランドセントラルかポートオーソリティー
近くにホテルを取っていない、となると、タクシーが最良の選択肢に思います。難点はもちろん、

お金がかかるという事ですが、、、

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 6 (最終日)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

CUN Terminal3 2

今日は、Cancun - Dallas - Narita での移動の日。いよいよ最終日。
 

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 5

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

今朝はがんばって夜明け前に起きる。月がでていた。満ち欠けの方向から南の国に来ているのがわかる。

Crescent moon

昨晩、テレビを見ているとストームが来ているらしく、これから天気は下り坂になるとのこと。
この時期はハリケーンシーズンで、常に晴天というわけにはいかないようだ。
まあ、そのおかげでホテルの値段が下がるんだけど。

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 4

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

Sunrise.jpg

Aquaでは、飲食以外にもいろいろアクティビティーが用意されている。

Tさんは、朝のヨガクラスに参加して、その後に朝食に行く予定だったんだけど、
講師がぶっちしたようで帰ってきた。自主的にテラスで始めたのでその間に朝食に行く準備をする。
 

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 3

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

今日はカンクンに移動。9:30の飛行機なので、余裕をみて7時にホテルを出る。
6時に起きた時にはまだ陽がでていなかった。

タクシーを待つ間に、その辺を写真に収める。名残惜しい。

25st.jpg
 

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 2

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

二日目は午前中、近所でベーグルを食べてからTさんの行きたいスイーツ屋めぐりをするつもりだったのですが、
私が昨日の疲れで朝起きられず。予定を変更し、Tさんにベーグルを買って来てもらい、ホテルで食べる事に。
徒歩2、3分くらいの所に評判のベーグル屋が2つもあるのだ。これは ブルックリンベーグル のベーグル。

brooklyn bagel
ターキー/LTとサーモン/クリーム。これは美味い。昨日のFive Guysの数倍美味しい。

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 1 ( その2 )

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

DAY1 その1の続き。

Queens Midtown Expy

タクシーを拾ってホテルに直行。1時30分頃に到着。 <タクシーの話はこちら>

ホテルは以前に予約の際に書いた時から変更なしの Four Points by Sheraton Manhattan Chelsea 
<ホテルの詳細についてはこちら>

ホテルの人もフレンドリーでチェックインもスムーズに。
AAA(JAF)の会員証を自分から見せようとしたら、それはいいからID見せろと言われたので会員証
忘れててもいいのかな?

2013年 ニューヨーク & カンクン 旅行 DAY 1 (その1)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

実は、9月末から以前に書いていた「2013年特典航空券の旅」に出ており、先週末に帰ってきました。
これから、そのことについて何回かに分けて書いて行きたいと思います。

まずは、DAY1ですが、この日は、午前11時に日本を出て、現地についても同じ11時なので、
フライト時間分の13時間が長い。 なので、2回に分けます。

JL006 Info Board

重森美鈴 桜下亭

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

ちょっと特捜シリーズはおいといて、別の話題です、

重森三玲は岡山出身の作庭家で、東福寺方丈庭園などを設計した人として知られています。

桜下亭 建物

 

2. ブレードランナー と 特捜最前線

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回、特捜最前線をは人間臭さが特徴と言ったのですが、そもそも何が人間臭いのでしょう?
時に、人間みがない事の比喩として扱われる機械=ロボットと人間の対比で見てみます。

☆☆☆

人間とロボットの話としては、アイザック・アシモフの小説「われはロボット」が真っ先に思い浮かびます。
小説の中で、ロボットは人間に非常に近い存在となると示唆されていますが、
あくまで人間の従属物であり、どうコントロールすべきかという所に焦点が置かれていたように思います。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF) アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]

もう少し、人間に近くなったところでは、フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」
が思い当たりあたります。 と、いいますか、映画「ブレードランナー」の方がわかいりいかもしれません。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。