M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都心で見られるアールデコ/ゴシック建築 新宿伊勢丹(旧ほてい屋)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

首都圏の人にはおなじみの、新宿の3丁目に建つ老舗デパートですが、今回のお題はこちらです。
あまりに普通に存在するというか、日常に溶け込んでいるので見逃しがちですが、貴重なゴシック/アールデコ様式の歴史的建造物です。

isetan10.jpg

まず新宿伊勢丹のある新宿3丁目交差点なのですが、「追分の交差点」とも言われています。青海街道と甲州街道の分岐点(追分)の宿場町で、江戸四宿の一つ「内藤新宿」のあったところなので、いわば新宿発祥の地であります。

photo_5.png

1923年の関東大震災後により東京旧市内の商店街が機能停止の状態になりました。江戸時代以前の関東の湿地帯の中でも比較的丈夫な岩盤陸地であった現在の新宿通り界隈はその影響を受けず、生活物資の供給場所として大変賑わうことになります。

Shinjukumap6.png

1926年に「ほてい屋」という焼き鳥屋みたいな名前の四谷で創業した百貨店が明治通りと新宿通りの角に進出します。その後、二幸(現アルタ)、松屋(牛丼屋じゃない方)、また三福(現京王フレンテ)、三越などが集まって来て一大繁華街を形成します。

「ブルーオーシャンじゃん!」と集まった後の過当競争はいつの時代もお約束で、ほてい屋も安売りを始め体力を落とし始めます。その隙をついて、1933年にほてい屋のすぐ隣に同じようなビルを建てたヤツがいます。それが神田の店を閉めて移ってきた伊勢丹です。

isetan301.png

隣というか、取り囲むように建てたと言った方がよく、最初から統合目的でフロアの高さを合わせていたという話です。(高さを合わせたのは地上階の話で、地下は私の記憶では最近まで段差が残ってました)

isetan401.png

伊勢丹は、ほてい屋が息をしなくなったのを確認し、建物ごと吸収します。

isetanbakutan2.png

1937年に外壁を取り壊して共通のゴッシク様式のファサードに仕上げるのですが、それが現在の伊勢丹の姿です。

isetan1.jpg

左側が新宿通り、右側の道が明治通り。角の部分が旧ほてい屋。

isetan2.jpg

外観にはけっこうはっきりとアールデコの特著が見てとれます。

isetan9.jpg

残念なことですが、伊勢丹の中は何度も改装が入っているので日本橋の高島屋のように昔の装飾が残っているなんてことはありません。唯一、その片鱗を見せるのが明治通り沿いにある階段です。

階段の回数を示す案内表示、

isetan3.jpg

通気口のカバーがアールデコ調で良い感じです。

isetan5.jpg

6階のレストラン街から屋上の入り口に上がる途中が最も当時を残しているように感じます。ステンドグラスの花柄も幾何学模様。

isetan8.jpg

空襲後もコンクリであったために焼け残り一時期はGHQに使われていたとかのエピソードは、 NYのレディースマイルと同じ戦後の百貨店の歴史と似ています。2011年に伊勢丹株式会社は三越に吸収されますが、新宿では三越(アルコット)が消滅し、伊勢丹を残す結果となっています。

isetan7.jpg

いつも伊勢丹は地下道から侵入して売り場直行パターンが多かったで、あまり気にしてませんでしたが、建物を通じて歴史などを掘ってみるとなかなか面白いです。

そしてこの伊勢丹のある交差点の挟んだ向かい側の京王フレンテ地下1階にある
CRESSONNIERE(クレッソニエール) というカジュアルフレンチが安くておいしいので、この辺でランチに迷ったらオススメです。ええ、建て物の話とぜんぜん関係ありませんが。

スポンサーサイト

建築に興味アリナシ関係なく三国湊の一番のみどころは旧森田銀行

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

北陸の建物第二弾です。今回は福井県坂井市三国町です。

三国の街の中は風情のある建物が多く残っているのですが、三国の歴史の中で重要なポジションを担っていたのがこの 旧森田銀行 です。ざっくり背景を説明しますと、

morita bank1

北前船 の経路にあり、九頭竜川が内陸への寄港を可能とした三国湊町は、江戸時代から越前の玄関口として発展してきました。その廻船業の豪商の一つが森田家です。

森田三郎右衛門は商売の鼻が効いたのか、明治になって「んー、もうロジの時代じゃねえな。明日からファイナンスな」と、金融業に華麗な転身を遂げ、その際に作られたのがこの銀行だそうです。

その後森田銀行は福井銀行と合併し、近年まで福井銀行三国支店として営業されていたのですが、建物の老朽化に伴い移転し、建物は町の所有になります。1997年に文化庁の登録有形文化財に指定され、復元保存工事が行われた後、1999年に三国町の文化遺産として一般開放されました。

morita bank2

1920年完成の鉄筋コンクリート造2階建て。現在の駐車場も当時は20畳の金庫室、裏に、宿直室、食堂、印刷室、娯楽室があって今よりずいぶん大きかったようです。

外観はこの時代に多い、古典主義というか、ネオ・ルネッサンス様式に見えます。外観で見ておく所は屋根についている高杯冠型装飾、煙突(駐車場に一部降ろされていて間近に見ることができます)。

あとは、当時は最先端であった巻き上げ式シャッターですが、こちらは巻き上げられていたのでよくわかりません。ただ、内部に入ると手動の装置が確認できます。

morita bank3

金沢の時は中に入れるかわからなかったので恐る恐るでしたが、ここは観光地として整備されているので中に入れます。入館料無料な上に、その日は係りの方が丁寧に説明までしてくださりました。

内部の見どころの一つはカウンターで、よくある大理石ではなく7mもあるけやきの一枚板。

あとは2階の天井に施された漆喰の装飾です。壁面にただのフラットな漆喰を塗っただけで死んだ経験のある私から見てこの天井部分の大きな装飾は職人技で見事です。ずっと手を上げていて大変だっただろうなと。

morita bank5

階段の手すりなどのモルタルを石に見せるのは他にもありますが、ここはカウンターの上のエンタシス(少し膨らんだ)の柱もモルタルだそうです。

来客室のクローゼットの引き戸の取っ手には七宝焼きが、内部の棚にも細かな装飾が施されています。

morita bank6

カーテンボックスや腰板に象嵌の装飾が施されており、まるで個人宅だった建物のようです。

morita bank7

階段で上がれるようになっており、先ほどの天井の装飾がよく見えるようになっています。

morita bank8

まとめると、大きな建物の壮大な感じに加え、個人宅のようなキメ細やかな職人の技を感じられる見ごたえのある内容です。

morita bank9

館内に「龍翔館」の説明もあったりしますが、先に龍翔館で歴史を学んでおいてよかったなと思いました。なにかこう、立体的に物事がとらえられたように思えるのでした。

morita bank10

ジェラートや、三国バーガーのお店などがあつまる街の一角にあります。見ていると観光客らしき人は皆この建物に吸い込まれてきますが、係りの方の説明に対するリアクションを見ていると「他に見るべきものがないからきました」的な感じが否めませんでした。

でもこの建物が残っていて、見学できるようになっているのとそうでないのでは、三国の観光の質に大きな影響を当てていただろうなと思います。なんたって現物の資料ですから。説得力が違います。なぜ、ここに街があるのか、なぜ私たちが今ここで観光を楽しめるのか。その答えがこの見事な漆喰の仕事の中にあるように思えた歴史的建造物です。

〒913-0045 福井県坂井市三国町南本町3丁目3−26


21世紀美術館に行くなら石川県政記念しいのき迎賓館も

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

引き続き北陸の話ですが、建物ネタを2つ。最初は石川の金沢です。

21世紀美術館に行くために、広坂のバス停を降りたら、こんな光景が目の前で繰り広げられていました。

shiinoki1.jpg

「あれ、パチもの歴史建造物風結婚式場??」と思ったのですが、なんか雰囲気が違います。で、美術館が予定より早めに終わったので、先ほど気になったこちらを観ることにしました。

どうも本物(歴史のある建物)ですが、なにか違和感がある。何がおかしいかはこのときはわかりませんでした。

この建物は「石川県政記念しいのき迎賓館」というのが正式名称なようですが、「旧石川県庁舎」とも言われているようです。

shiinoki5.jpg

1924年築の鉄筋コンクリ製タイル張り。設計者の一人である矢橋賢吉は国会議事堂を手掛けた人だそうで、そういわれてみれば国会議事堂の荘厳さも感じますが、国会議事堂の建築が35年もかかっているうちにルネッサンスやらゴシックやらいろいろ混じってしまい建築様式がよくわかりません。

ただ、旧石川県庁舎にはシンメトリーや幾何学模様といったアールデコの要素が多く見て取れます。パリ博が1925年で、そこから世界様式として広がったのですが、先取りして組み込んだようにも見えます。複合様式といったところでしょうか?

shiinoki12.jpg

タイルの色は薄い茶色です。これはこの地に300年前からある、2本のしいの木に溶け込むようにとの思想があったからだそうです。

恐る恐る中に入ってみたのですが、、、

普通に入れました。入り口にはやっぱりアールデコっぽい装飾と、床にはタイルが敷き詰められています。

shiinoki10.jpg

で、入ってびっくりしたのが、どっかで見たことのあるロゴマーク、、、

paul bocuse

これ、フレンチレストランのポールボキューズですね。ここはテナントビルですか?
1階に カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ、二回に レストラン ジャルダン ポール・ボキューズです。ああ、金沢恐るべし。地元ににこんな組み合わせがあるなんて金沢市民うらやましい。

そして、階段の踊り場に、石川県どーん。間違いなく元県庁舎ですね。石川県初の水洗トイレとか当時の西洋技術が採用されていて、当時の知事があまりに「近代建築」に拘って建てたので県民から「せ、西洋かぶれ、ぷぷ」と揶揄されたという逸話が残っているそうです。

shiinoki4.jpg

そして階段は吹き抜けになっており、この建物の見所となる、ステンドグラスが現れます。これは1924年の創建当時からのものだそうです。

shiinoki8.jpg

ここで再び驚きの事実が、

「あれ!建物の中に古い外壁??」

階段から2階に上がる時に初めて気づいたのですが、これはファサード保存建築、つまり当時の外観を保ちながら増築/リノベーションをするものだったのです。 

shiinoki7.jpg shiinoki2.jpg

表側は古い外観のまま、裏側はガラス張りの近代的な作りになっています。

shiinoki13.jpg

これが最初に感じた違和感だったというわけです。

3階にはセミナールーム等もあり、この部屋のランプも非常にカッコよいです。

shiinoki6.jpg

ギャラリーや貸しスペースとして一般にも開放されていて、コンバージョン建築の見本のような建物で、すべてにおいてセンスが良いなというのが全般の感想です。

土曜の午後でしたが、21世紀美術館の人混みとは真反対の、しっとりと落ち着いたスタイリッシュな大人の空間でした。金沢21世紀美術館に行った後にここでお茶するのはよさげですね。今回は一人なので実現できませんでしたが、次回はぜひここで壁面を見ながら食事したいと思うのでした。

石川県政記念 しいのき迎賓館 石川県金沢市広坂2丁目1番1号


下関の建物について ( 旧秋田商会ビルほか)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

そいえばあれをほったらかしだ。

昨年の11月の「2015年 門司港・ 下関旅行記 」の時のことですが、下関についてはほとんど書いていません。まるでなんもないところかのようですが、実は唐戸エリアには魅力的は建物が複数あるのです。

旧秋田商会ビル(現下関観光情報センター)1915年

旧秋田商会ビル2 旧秋田商会ビル7 

こちらは木材取引をメインに商社と海運の事業を営んでいた秋田商会という会社の事務所+住居として建てられました。外観はNYで見た19世紀末のビルに負けない装飾が施されています。色使いや装飾と建物の大きさのバランスはむしろこちらの方が良く感じられて非常に魅力的に感じられます。

旧秋田商会ビル6

1階の事務所部分は入館は無料で、住所氏名の記入など等簡単な手続きをすれば2階から上も見学する事が出来ます。

旧秋田商会ビル4

2階は外から想像していたものと全く違い、和風を通り越して書院造りと、和洋折衷という言葉はちょっと違いますね。もし姫路城の4階が教会だったらどうですか?異次元空間ですよね?パラレルワールドに迷い込んだ!というそんな感じです。

旧秋田商会ビル3

屋上に日本で最古レベルの庭園がありますが、こちらは春秋に1度づつしか一般開放されないそうです。

旧秋田商会ビル1 旧秋田商会ビル8 

西日本最古の鉄筋コンクリートビルでありながら当時からほとんど改変されていない貴重な建物で、建物に興味のない人でも相当見応えがあると思います。

海響館/唐戸市場のすぐそばなので、遠方から来てここを見ないで帰るのはむしろ損だろうくらいの物件だと思います。



開館:9:30~17:00休館:年末年始 夜間ライトアップ:日没 ~ 22:00 下関市南部町23-11



下関南部町郵便局 1900年 

秋田商会の道を挟んだ隣に、グリークリバイバルっぽい建物があります。日本最古の郵便局舎で国の登録有形文化財建造物指定だそうですが意外になんか普通でした。

下関南部町郵便局2

下関南部町郵便局1


下関市南部町22-8



旧下関英国領事館

旧下関英国領事館4

こちらは郵便局とカモンワーフの間くらいにある古い洋館です。1階の展示室の他に、雑貨店や2階に喫茶店などがあり中を見ることができますが、ふーんという感じです。領事館目的で建設された建物としては日本最古だそうで国の重要文化財です。

旧下関英国領事館2

さらっと旧英国領事館だと言ってますが、下関にはアメリカを始め、ドイツ、ポルトガル、オーストリー、オランダなど各国の領事館が置かれていました。領事館があったという事は、下関がかつて日本の主要都市であったという事の証拠です。つまり下関を知る上で重要な建物ということです。


下関市唐戸町4-11



旧不動貯金銀行下関支店(現山口県労働金庫下関支店)1934年

旧不動貯金銀行下関支店1

郵便局から少し山の方に歩いたところに偉そうなろうきんがあります。うーんそんだけです。


下関市南部町21-23



旧逓信省下関郵便局電話課分室(現田中絹代ぶんか館)1923年 

旧逓信省下関郵便局電話課分室4

秋田商会が思いのほかインパクトがあって満足したのですが、下関で一番見たかったのは実はこの建物です。門司郵便局電話課庁舎と並んで現存する貴重な逓信建築です。市役所から歩いてすぐの川に沿った所にポンと建っています。

旧逓信省下関郵便局電話課分室1 旧逓信省下関郵便局電話課分室2 

ポンというか、こんな猫が行き交うのほほんとした街の一角にあっていいのかというロケーションに日本の歴史的建造物が鎮座し、近所の商店街から確実に浮いてます。今1mmもそんな面影はありませんが、かつてはここが商業の中心地だったようです。

旧逓信省下関郵便局電話課分室3

外観は逓信建築のそれです。派手なパラボラアーチ、フルーティング(縦溝彫り)の柱と見応え十分です。さて、中に入って、、、、

「閉まってるじゃん!」月曜は休館日なのでご注意を。しかし、現代テクノロジーはPC上で中を見学できます。

◆3Dプロジェクトデータの一般公開概要◆

現在は、田中絹代という下関出身の女優さんの博物館になっているようで、なにからなにまで他と違った個性がある建物でした。

下関市田中町5-7



旧宮崎商会(現吉田メディカルクリニック) 1907年

旧宮崎商会8

旧下関郵便局電話課分室と同じ通りに煉瓦造の2階建ての建物があります。石炭の輸出業者であった宮崎商会の事務所だったようでこれも国の登録有形文化財に指定されていますが、現在は普通に病院として使われています。


下関市田中町4-10

☆☆☆

門司港のレトロ全面推しに比べると下関は影が薄く感じますが、数少ないながらも味濃い建物がが残っています。門司港からフェリーで渡って歩ける範囲なので時間を割いてみてはいかがでしょうか?

あ、基本的に古い建物はエアコンないところが多いので真夏の炎天下の見学だけは避けた方がいいかもです。また旧秋田商会ビルと、隣の南部町郵便局は夜ライトアップされるとのことなので夕方から夜にかけて行くのが良いと思います。
 

庭園美術館と青山アンティークマーケット&ファーマーズマーケット

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

Teien.jpg

年末年始の休み中、目黒の東京都庭園美術館に行ってきました。

日本に残る数少ない全容を残したアールデコ様式の建造物で、旧朝香宮邸といった方が通じるのかもしれません。場所はJR「目黒駅」もしくは南北線「白金台駅」から歩いて6-7分のところにあります。

Teien5.jpg

年末の休み前で人が少ない事を期待してましたが見事に裏切られ、中国?台湾?のツアーバスも来ており朝からけっこうな人出です。

で、最初に結論を言うと、今回の見学は残念ながら物足りないもでした。

建物自体は素晴らしいです。入場料1000円の価値はあります。いや、それ以上かもしれません。これまで見たこともない特徴的なアールデコ様式の内装や装飾品は本当に素晴らしく圧巻だと思いました。

Teien7.jpg

ただ問題は、それらの素晴らしく絵になるものを前にして、写真がほとんど撮れないという事です。

写真を撮っても良いとされている部屋は全体の1~2割程なのです。廊下や階段などがまた凝った造りで良いのですが、ここもダメ。撮影可の部屋のみです。

Teien8.jpg

では突然ですがここでクイズです。撮影不可の部屋の窓からガラス越しに撮影可の外の風景を撮るのはOK?NG?

Teien3.jpg

========>NGです。

部屋という部屋に職員が張り付いているのですが、その理由が部屋の中に他の借り物の展示物が紛れているからです。

この日は「オットー ・クンツリ展」というのを別棟でやっていたのですが、その作品が旧朝香邸の部屋にも展示されていたのです。

Teien4.jpg

職員人との話を総合すると、その作品が撮影NGである為、部屋の撮影自体が禁止になっている。また、作品の展示がなくても部屋でフラッシュを焚くことによる劣化を懸念しての撮影禁止だという事でした。

Teien6.jpg


そのそも「くんつり」ってなんだよだし、今どきストロボなんざ焚かなくても撮影できるわ」と思ったのですが、決まりは決まりです。

ただ、その説明員さんから、年に一度不定期で建物自体の展示会があって、その時は撮影OKになると教えてもらいました。建物撮影目的で行く場合はサイトで日程をチェックしてその日に行くのが良さそうです。

Teien2.jpg

庭園美術館というだけあって建物の脇に広く綺麗な庭園が広がっているのですが、その芝の上で家族連れやカップルがなんかピクニック状態で幸せそうでした。ここはこんな使われ方をするんですね。

 東京都 庭園美術館 

おまけ

若干消化不良のまま、青山ウィークリー アンティーク マーケット  を覗いてきました。

Aoyama Weekly Antique Market2

こちらも結論から言うと物足りなく、店がいっぱいあって「おお!」っと思ったのですが、

Aoyama Weekly Antique Market5

他のオーガニックフーズなどのマーケットがほとんどで、アンティークマーケットは全体の1/3もなかったように思います。

Aoyama Weekly Antique Market4

Aoyama Weekly Antique Market3

でも、ユニオンスクエアのグリーンマーケットのようで、それ目的でくれば楽しめるのだと思います(無理やり連れてこされたTさんは楽しんでました)。

Aoyama Weekly Antique Market6

いっぱいの店は 青山ファーマーズマーケット だそうです。

Aoyama Weekly Antique Market

青山にヤギがいます。

食事もできるのでご参考まで。場所は青山通り国連大学前です。

☆☆☆

まとめると、自分の目的としてはアレでしたが、普通の人はじゅうぶんに楽しめる2ヶ所です。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。