M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Off the Rails - 電車を盗んだヒーロー ダリウス先輩の物語

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回の話で、なぜKeron Thomasが刑務所行きにならなかったのか? ですが、将来を潰さないようにというわかり易い大義名分以外にも理由がありました。

NYC Subway 3

この事件のあと、なぜかKeronはあまりに大胆な事をしでかしたやつとして地元でちょっとした人気者になります。

それにしても部外者がひょいと電車に入れて、しかも本線で動かせるようなMTAの管理体制はいかがなものかと思うのですが、実は、彼の他にも地下鉄を勝手に動かした奴はいます。Darius McCollum(ダリウス・マッカラム)といって、Keronよりも10年以上も前にです。

つまり、まったく再発防止策が取られなかったことになり、当時あまり評判の良くなかったMTAに対し、盗まれる方も盗まれる方で悪いだろうという世論があったわけで、その批判をかわすためにも若きThomas は無罪放免になったのです。

つまり、Keron はDarius先輩のおかげで助かったということです。

Keron はその恩義を感じ反省し、ボランティア活動に勤しむ傍ら猛勉強してMTAに入社し、今では立派な地下鉄の運転手に…

なれば良かったのですが、そんな美談はNYらしくなく、18歳の時にサイコロゲーム中のトラブルで人を刺し、殺人未遂で逮捕。さらには「電車の運転手は金にならんから電気技師になるわ」と見事な光速手のひら返しをお見舞いした後、最終的には運送業のオーナーになり、37歳の若さで心臓麻痺で他界します。

一方、1980年に電車を運転したDarius先輩ですが、電車を盗んで捕まったのはKeronよりもさらに若い15歳の時。といっても捕まったのが15歳で、電車の運転自体はもっと前からやっていたそうです。ちなみに8歳の時には既に路線バスを盗んでいます。

彼はNYの交通が好きなあまり職員以上にMTAを熟知しており、MTAの職員とも顔なじみで、15歳の時の事件もMTAの運転手に代わりに運転してくれと頼まれてやったらしく、もういろいろおかしいのですが、その事件が理由で後にMTAの就職を希望するも叶わないことになります(アスペルガーと診断されてもいるようです)。

Keronの事件後、電車を盗んで運行という事件は起きていません。MTAがセキュリティーを強化したのです。つまり、Darisu先輩はkeronを牢屋送りから救ったというのに、KeronのせいでMTAのガードが上がり、Darius先輩は電車を運転できなくなったのです。

ただ、どうしてもその衝動を抑えられず、バスを中心に事件を起こしこれまでに30回以上逮捕され、駅に近づくことも禁止されてしまいました。

今では彼ももう50歳を超えていますが、人生の半分くらいは牢屋の中です。日本だとそんな輩に世間の目は厳しいのですが、そこはアメリカ、彼はメディアの恰好の題材として人気が出ます。書かれた記事が高く評価されたり、BBCやCBSのラジオのドキュメンタリー番組が製作されたりしました。

昨年から 「Off the Rails」 とうい彼をの半生を描いた映画がアメリカ/カナダの各都市で上映されています。



これにより、Dariusも一種のヒーロー的扱いをされるという不思議な状況です。

☆☆☆

それにしても想像もできないようなことが起こる事、そしてそれが一部には支持される事、アメリカは寛容というか多様性を容認してきた国なんだなと知ることができる話だと思います。

強盗(ナイキ狩り)の話と、虐待(シューター)の話は日本でもまったくない話ではないと思いますが、3番の電車盗むはまだ聞いたことがありません。最初の法則から言えばそろそろでしょうか。

スポンサーサイト

「ダーリンは70歳」じゃなくて「この世でいちばん大事な「カネ」の話」の方

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回の 500円玉貯金箱がいっぱいになったので開けてみたら… で、お金の価値も時間と共に変化するという話をしました。

Come Away With Me by Thomas Hawk, on Flickr
"Come Away With Me" (CC BY-NC 2.0) by  Thomas Hawk 

アメリカでカジノや宝くじで大金を当てた場合、「すぐに一括で受け取る」と、「分割で何十年かに渡って受け取る」のオプションを選べますが、「すぐ受け取る」を選ぶと取り分が目減りしてしまいます。

その筋の方々にとってお金はお金を生む為の道具なので、目の前にあるお金は投資に回したりしてお金を生みますが、将来発生する予定のお金ではお金を生めません。インフレや未実現のリスクだってあります。

なので、「今のお金 > 先のお金」という考え方になり、すぐに受け取るを選んだ場合減額されてしまうのです。「そんなの支払う側の理屈だろ」と納得いかないのですが、その前に大金当ててから言えということですね。

☆☆☆

お金に関して最近読んだ本で面白かったのが、西原理恵子さんの「この世でいちばん大事な「カネ」の話」です。「恨ミシュラン」のイラストレーター/漫画家で、2012年にはこの本を原作にしたドラにもあったようなので知っている方も多いかと思います。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)
西原 理恵子
角川書店(角川グループパブリッシング)


先に言っておくと、この本は「ユダヤ人大 富豪の教え」のようにお金に対する考え方や、行動様式はこうであるべき的な本ではありません。(これはこれで面白いですよ)



どちらかというと、お金を通して見た人の生き方の本と思っておいた方が良いかもしれません。

で、中身ですが、退学処分取り消しを学校と裁判で争った後に、なけなしのお金で受験させてもらう試験の前日に父親が自殺とか、壮絶すぎる過去を持った方ですが、独り立ちするまでのエピソードは普通の物語としてかなり面白いです。

何かをやりはじめた時、誰もが最初にぶち当たる壁は、自分の実力を知らなきゃいけないってことだと思う。人って自分の現実に実力以上のゲタをはかせちゃってるものなのよ。



今でこそ漫画家/イラストレーターとしての評価を確立していますが、当初出版社からは「美大生なのに破壊的な絵を描く」つまり、下手過ぎると評されていた(失礼ながら今もそうかも)とのことで、スタートしてから厳しい環境にあることを悟ったようです。そして、

だけど、たまたま配られた札が全部マイナスだったらそれをいつまでも嘆いてたってしょうがないよね。ひっくり返してプラスになる事かんがえなくちゃ。



この部分だけ切り取れば、よくある自己啓蒙系のきれい事に聞こえますが、

わたしは、本当はちっとも前向きな性格じゃないのよ。後ろを振り返るとこわいから必死で前を見ていただけなのよ。



背景を知った上でだとリアリティーがあり、終始普通じゃない説得力を感じます。

そして、札の一つである自分の才能についてはこのようなことを言っています。

「才能があるかどうかなんて、机の上でいくら考えたってわかるもんじゃないと思う。わたしにとって「才能がある」っていうのは「それでちゃんとカネが稼げる」ってことだった。



これって当たり前のようで、実は意味が深く、逆に考えれば、お金が稼げればそれはあなたの才能だと言っているのです。お金を意識することで形のないものが具体化する。そういった意味で「(きれいごと言わず)お金と夢なり何なりを堂々と結び付けてみれば?」というのはなかなか斬新だと思うのです。

「才能」についての了見は個人的に興味があるところなのでフォーカスしてしまうのですが、

「才能」っていうのはそんなふうに、自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。自分で「こうだ」と思い込んでいることって、案外的外れだったりするからね。だから私は思うのよ、「才能」って人から教えられるもんだって。



これはびっくりです。才能は人に見つけてもらうものというのは。私がブログで最初に書いた 「いまさらブログ? 才能の見つけ方」 の時の話と全く同じです。少なし2人の人が同じことを言っているのでやっぱりそうなんだと思います。

そして今回この本を読んで一番刺さったのがココです。

才能のある人は、その才能を頼みにして華やかな道をどんどん突き進めばいい。そうじゃない私は、わたしなりの別のやり方があるはず。



ご本人は、「底辺には底辺なりの戦い方がある」と表現していますが、才能がなければ(王道の)道は開かないのかもしれない。だからと言ってそれで終わりじゃなくて、自分なりのやり方でも進むべき道はあるはずだと。

この方がモノにした自分なりのやり方は「王道を進まない」でしょう。最終的な目的は最終的にたどり着ければ良く、たどり着けばそれが結果「才能」を生かしたことになるのだと思います。その際、たとえば皆が目指す「漫画家の第一人者になる」とかじゃなくて「人を笑わせたい」とか一般的/普遍的なものとした場合の、自分なりのやり方は何か?を考えるのがヒントのように思いました。

私はよくXXXだからXXXできないと言ってしまうのですが、この本を読んだ上では単なる泣き言でしかないなと恥ずかしくなります。

「自分はこうだったからこうすればいいよ!」的な成功者の自慢話は途中で白けることも多いのですが、お金が絡むと非常に現実的な話になるので、巷に溢れる薄っぺらい啓蒙本を10冊読むくらいならこれ1冊で十分です。かんたんに読めるしオススメです。

あと、この本には最後にオチがあって、あとがきは「よりによってお前が書くか」という人だったのですが、予想通り高田純次並みに心無くて泣けました。

で、さらにですが、このサイバラさんは今、なんと高須クリニックの院長と付き合ってるてこと。恋愛エッセイマンガがなかなか素敵らしくネットj界隈で話題になってます。やっぱりこの人ただものではない。



☆☆☆

冒頭の賞金に話に戻りますが、そんな目減りするくらいなら、私が大金を当てた場合は「分割でよこせ」と言うと思います(本当は後で払う分は利子つけろよと言いたい)。

ですが、アメリカで大金を当てた人は皆、一括で受け取るそうです。

Alot of mony

理由はその人が亡くなった時に、分割で受け取りにしてあっても相続する人は一括で相続税を払わされてたまらんことになるからです。

また、大金が当たった人はコンサルをつけるのが普通だそうですが、その賞金を運用して目減り分以上に取り返す前提であったりします。ただ、そのコンサルも、コンサル料を一括でもらいたいので、「将来税金が上がるかもよ」とか言って一括で受け取らせるという話もあります。

ええ、無駄な知識です。

 

秋の夜長に全打席スカボロー・フェア

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

朝晩は気温も下がり過ごしやすくなってきました。
そんな静かな秋の夜には、なんかこう、心に響く曲が聞きたくなったりします。

いろいろあると思いますが、スカボロー・フェアあたりがその代表選手ではないでしょうか。
と言う事で、Youtubeで見る事が出来るスカボロー・フェアだけで打順を組んでみました。

● 1番打者 (出塁率が高く、ゲームへの参加率を高く維持できる打者)
   
 ポール・カードール Paul Cardall



音楽で言えば日常的によく聞けるインストルメンタルのようなものかと。 ピアノの澄んだ音色に原曲の良さを残したアレンジということで秋の夜に合うファーストバッターです。


● 2番打者 (1番打者と同じ資質が要求されるが、確実に全走者を進塁させる為の技量の高さも要求される。)

 ジョージ・サケラリウー George Sakellariou



スカボロー・フェアといえばイントロからのギターの響きから既に一つのクライマックスですが、そのギターソロで、テクニックがハンパないです。音色の素晴らしさももそうですが、その演奏技術に見入ってしまう一本です。


● 3番打者 (塁に出ているもの全てをホームに返すことができるホームランバッター)

 ケルティック・ウーマン Celtic Woman



その名前を知らなくてもこの曲 ユー・レイズ・ミー・アップ を聞けば、「ああ、知ってる」という方も多い ケルティック・ウーマン を3番に置きました。歌の表現力、力強さに加え、歌ってる女性の顔圧がすごくて圧倒されます。


● 4番打者 (とにかく実力者であると共に、相手のピッチャーをビビらせるくらいの大物)

 サラ・ブライトマン Sarah Brightman



なのでここはソプラノ歌手のサラ・ブライトマンに登場願います。アンドレア・ボチェッリとのデュエット曲 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」 は多くの人が聞いたことあると思います。歌が素晴らしいのは明白ですが、ネームバリューもあり4番の主役を張れるのは間違いないです。「文句あるならかかってこい!」という貫録すら感じます


● 5番打者 (3、4番の不発が挽回でき、4番が敬遠でまわって来ても跳ね返せる実力者)

 エイミー・ナットル Amy Nuttall



ケルティック・ウーマンやサラ・ブライトマンほどの知名度はありませんが、とにかく歌を聴いて遜色ないと言うか、むしろこっちの方が味があっていんじゃない?という感じだったので5番に置きました。


● 6番打者 (ゲームの流れを変える、チャンスメイクが出来る実力と柔軟さが求められる)

 セリア・パベイ Celia Pavey



若い方ですが奄美民謡歌手のような魅力的な歌い方をします。ザ・ボイスというオーストラリアのタレント発掘番組で文字通り発掘されたのですが(その様子はこちら)、将来性を見込んで6番。


● 7番打者 (打守備重視のポジションで、バンドなどの小技が効かせられるなどまとまりの良さが特徴)

 ピーター・ホーレンズ Peter Hollens



まとまりのよさという事での起用です。そのままです。でもこの人すごいですよ( こっちみてくださいすごく歌うまいです )一人アカペラって言うんですかね。


●  8番打者 (バンドと見せかけてヒッティングなど意外性のある活躍が期待できる)

 セルジオ・メンデス Sergio Mendes & Brasil '66



意外性の一点突破で、セルジオ・メンデスになったのですが、最後まで こちら と迷いました。2つ出すのはズルなので下位打線の選択は悩みどころです。


● 9番打者( ピッチャーの定番のポジションで、攻撃で体力を消耗しないよう順番がまわりにくい最下位)

 ローラン ヴールズィ Laurent Voulzy

最下位ですが、DHがくる場合もあり、そもそもエースが来る打順なので、個人的には4番くらいのお楽しみポジションだと思っています。ベスト10形式なら間違いなくナンバーワンです。



そもそもスカボロー・フェアの歌詞は男女が交互に相手への想いを読み上げるものなので、男女のデュエットがまずもって相応しいと言思います。そして3番、4番打者の華やかさが際立つ選手より、歌詞や曲調の切なさがわかっている感じはさすがフランス人で、しかもかっこいい蛭子能収みたいなくたびれたおっさんというのが最高の仕上がりです。

動画はパリのEglise Saint-Eustache(サントゥスタシュ教会)でのものに見えます。ゴシック建物好きなこともあるのでその場にいたら感涙死してただろうなと想像に尽きません。ちなみにYoutubeはスカボローフェアの部分だけ切りだして貼っているので前後に他の曲もあります。これらも秋の夜長にぴったりなのでぜひ聞いてみて下さい。

あ、最後にいろいろ見て回るうちに、夢にでてきそうなシュールな動画を見つけたのでシェアします。
たぶん●薬とかやったらこういうのが見えるのだと思います。 SCARBOROUGH FAIR - Harp Twins - Camille and Kennerly
 

日本史の謎は【地形 】で解けると企業が帝国化する?

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

久々に、電車降りるのを忘れるくらいのめり込めました。
日本史の謎は【地形 】で解ける(文明・文化篇』(竹村公太郎著:PHP文庫)

「発想をカタチにする技術」は借りなおした

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

期待と違ってがっかりしたので書かなくても良いかとほっといたのですが、
やっぱり一箇所ひっかかるところがあったのでここに書き残す事にします。

この本を知ったのは、東洋経済オンラインにあったこの記事です。

サラリーマンNEO流、「自分を変える」技術
http://toyokeizai.net/articles/-/29599

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。