M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

スポンサーサイト

Posted by Markn on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁掛け時計のムーブメント(ユニット)を自分で交換した話

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

新しい時計が来たのを見計らって余命を全うしたかわいそうな時計を蘇生した話です。

1万円以下でデザインの良い壁掛け時計 で書いた新しい壁掛け時計を買った時のことです。これまで使っていた古い時計はインテリアに合わなくなったので物置部屋に移しました。しばらくたって時計が止まっているのに気づきましたが、電池切れだと思い放置していました。

clock re6

ですが、最近になって電池が残っていることを発見。ということは時計自体が壊れていたことになります。結婚と同時に購入し、引っ越しを繰り返しながらも20年近く私たちと一緒に、文字通り時を刻んできた時計ですが、新しい時計が来たのを見届けて命が尽きたということです。

まるで心を持った生きた機械…。

忘れてはいけません。機械の部品ひとつひとつは、黒い服を着た金髪のおねーさんに宇宙を連れまわされた挙句に「ネジにおなり」と騙された希望に満ちあふれた青年たちだった事を。

そう思うと?この時計が不憫でなんりませんし、このまま粗大ゴミ化させるなんて機械化星人の思うつぼです。直せるかトライしてみしょう。

クオーツユニットを分解・清掃してみましたが動きません。電子回路がやられているようなので、ユニット毎の交換しかなさそうです。

ユニットの大きさは規格があるのでしょうか?ほぼ同じサイズなのでなんとか行けそうです。で、ネットでムーブメントを探してみるといろいろあります。せっかく交換するのでやはり、品質の良い日本製か、日本のブランドにしておきたいと思います。で、通販では。



と、まあまあな値段がします。うーん。

「条件があるの」
「条件??」
「あなたはアンドロメダの機械をタダでくれるという星へ行く。 私を一緒に連れてってるならパスをあげるわ。 それが私の条件よ」
「あ、そうか。女の一人旅は物騒だもんね」
「よかった! じゃ、ここにあなたの名前を書き入れるのよ。そうすればパスはあなたのものになるわ」
「これがあの夢にまで見た銀河鉄道のパスか…母さん…」
「ちょと、… ちょっと用があるから、またねあとでね」
「…」

「あった、金券ショップ」

そのお金で、これを買いました。

clock re1

「結局捨てるのかよ!?」という話ではなく、部品取り用にブックオフで500円の中古時計を買いました。SKPの秒針がスイープセコンド(カチカチじゃなくてスーって動く)なので500円なら良いでしょう。

clock re3

「永久機械頭脳もじき働きをやめるさ…」
「機械の体になると中身はこれだけになるの?」
「そうだよ…よく見ておくんだね…」
「ぼくのカバンにあるものはみんな君にあげるよ」
「みんな長い間ぼくがつかったものだ」
「じゃあね もうものを考えられなくなってきた しゃべる気力もなくなってきた…」
「…」
「…」

カチャ カパッ

「ちっ」

中身を見たところ、程度の良い機械のようです。
で、これをポンづけ。やっぱりサイズは同じ…。あ、、

うう。針をつけるシャフトの長さが足りません。

clock re2

やってしまいました。シャフトの長さに種類があるのでオリジナルと同じ長さのものを用意しないといけなかったのです。

ただ、古いユニットをばらして部品を良く見比べると、シャフトの部分は同じ構造というか長さが違うだけのようです。

clock re4

右が時針用、左が分針用のシャフト。と言う事でもともとの時計のシャフトを移植して組み上げると、普通に動きました。

そして、ドナーの時計には秒針があるのでこれを生かしたいのですが、古い時計は秒針がなかったので駆動させるシャフト自体ありません。普通に組み上げると長くなった分針用のシャフトの内側に埋もれて秒針がつけられません。これで終わりなのか…。

「き、来てはいけませんトレーンジャックです!」
「私達は胸をはって物を造れる新しい惑星を訪ねて行くのです」
「車掌さん、どうせあの人たちはどこかで降りるといってるんだからいいじゃないか」
「しかし」

「これをクローンマリアさんに渡してきて」
「中はなんだい?」
「黙ってあの人達に渡してきなさい」

「ハイこれ」
「これは…」
「なんだいクローンマリア?」
「空間鉄道のパスだわ…」

「あ、やっぱ返して」

部品がないなら造るしかありません。秒針シャフトの延長アダプタを自作することにしました。爪楊枝をカッターで削って部品を作ります。装着するとうまい具合に延長できました。秒針はドナーからいただきます。

clock re7


あとは、秒針を取り付けるために分針の中央にドリルで穴をあけ、セットすると完成。

ポイントは、こんな感じですね。
1)ユニットだけなら中古の時計から取ればいい。(100均のでも良いけど)
2)針をつけるシャフト(芯)の長さは元のユニットで測っておく。
3)針の取り付けは全て12時0分0秒で。3つの針の隙間を確認する。

秒針付きのバージョンアップで復活です。秒針の色がよかったのか、最初から秒針付きに見えます。一旦死んだものがこの手で復活というのは、なんていうのでしょう、幸せな気分です。

clock re5


☆☆☆

アニメの銀河鉄道999のオープニング曲に「きっといつかは君も出会うさ、青い小鳥に」というフレーズがあります。青い小鳥は間違いなくチルチル/ミチルの青い鳥の事でしょう。

鉄郎は機械の体を求めて宇宙を彷徨いますが、青い鳥の主題の通り「結局大事なものは自分の近くにある=最後に生身の体がいい事に気づく」というのを示唆していたのだと思います。で、青い鳥の物語の作者って、メーテルリンクなんですね。今気が付いた。

スポンサーサイト

地球最強の生物は王様に退治してもらう (まさ王に)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

weed3.jpg

今の家に住んでからもう15年くらいになりますが、毎年戦ってきました。

2つあって、1つは

フェルトボールの鍋敷きを自作してみた

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

felt ball7


これを作るようになった背景とかは先に Tさんに公開されていますので 割愛しますが、フェルトボールの鍋敷きを作ったのでこれからの人にそのノウハウシェアを。

Webで公開されている方のを参考に作ったのですが、初心者はいろいろ戸惑うことが多かったので自分の思うポイントについて書いておきます。

電球が切れて感動した話

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

年末のバタバタしたなかで、ちょっと感動した出来事をわすれてました。

ODELIC OW009402L 2

カッテイングボードを自作してみた  (ホオ(朴)の木で大型。超かんたん。)

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

Tさんリクエストで、カッティングボードを作る事にしました。
昨年のリフォーム時に、家のメンテの為にはある程度の木工の腕を
持っておく必要性を感じていところなので、手始めには最適でしょう。

カッティングボードと横文字でカッコよく言ってますが、要は単なる「まな板」です。
作るもなにもないでしょうという感じですが、目指すはこういう形です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。