M-labo

- 荒れ地のおっさんの唄 -

カバンのホイールが欠けたのを靴修理剤で補修したその後どうなったのか

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回登場した、ガオミ(スタルクの旅行カバン)の話で一つ伝え忘れたことがあるのですが、それは、3年前にやったホイールのゴム部分の修理 を靴の補修剤でやったのはよかったのか?です。

修理して約3年たった現在の姿はこちら。

gaomi repair 10

ほとんど変化ありません。見た目が美しくない以外、ホイールはスムースに回り続けており、シューズドクターを使っての修復は成功と言えます。

実は前回のカバンの穴を修理したついでに、車輪の新たに欠けた部分を再び修復してました(シューズドクターで補完したぶぶんは欠けてませんがオリジナルの部分が欠けていたのです)。そこで一つきれいに仕上げるコツを発見したので再びシェアを。

相変わらずベタベタして整形が難しいのですが、今回、ペタックスのテープをはがした際に出るツルツルの剥離紙をこのようにあててみました。

gaomi repair 11

24時間乾燥させれば、剥離紙はきれいに剥がれ、紙がくっついていた面はフラットに仕上げる事が出来ます。



☆☆☆

さて、スタルクとサムソナイトのコラボのカバンですが、2001年にグッドデザイン賞 を受賞しているんですね。その中で気になったのが

「エレガンスでスタイリッシュ、それに機能性も備わった新しいラゲージラインを作り上げることを目的に、サムソナイト社と工業デザイナーのフィリップ・スタルク氏によるコラボレーションで実現した、新コンセプトラゲージ。」



という一文で、確かに素晴らしい商品はできたのですが、新しいラゲージラインとしては存続しておらず非常に残念な結果です。特に私の持っている特異な形をしたガオミは他の代替えが効かないのでなおさらです。

これの新しいシリーズを出してくれとはいいませんから、サムソナイトさん、せめて再販してもらえないですかね?

と、思ったら、


なんと、スタルクの新しいカバン出てるじゃないですか。気が付かなかったのは日本では売ってないからです。しかもサムソナイトではなく、フランスのカバンメーカー、Delsey(デルセー)から出てました。メーカーを変えて出していたとは盲点でした。

STARCKTRIP DELSEY1

但しこちらも製造終了のようで在庫のみの販売の模様。
一件だけ日本のアマゾンでバックパック?の販売をみつけましたが、なんか写真が合ってるのか不明。



USのアマゾン ならまだあります。あと ここ にも。

私の持っているホイール付きのダッフルバッグはハンドルの取り出し部分が上面から下に移っているのでちょっと使い勝手が悪そう。

STARCKTRIP DELSEY2

☆☆☆

もし、自分のもっているガオミが潰れたら、もう普通の4輪トローリーにするしかありません。
そしたらどれを買うかですが、10年前ならリモワ一択だったんのですが、空港に行くと皆が持っていてユニクロ状態なのであえてパスです。

先ほどのデルセーはさすがおフランスだけあって見た目良いですね。トローリーならこれとか欲しいです。(以下、全部ジッパーではなくフレームタイプ)


その他はゼロハリバートンのゼロニューヨーク。これもかっこいい。


あと今気になってるのは、ハートマンのセブンアールマスターです。ニューヨークのアールデコ建築からインスパイアされたデザインで、リモワと同じ金属製でかっこいいです。高いけど超欲しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[ハートマン] hartmann スーツケース G97*09001 ALUMINIUM (アルミニウム)
価格:161460円(税込、送料別) (2017/3/23時点)


いやいや、ガオミを一生大事に使うんだった。

スポンサーサイト

破れた旅行カバンをペタックスとチョコで修理する

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

以前、ホイールのDIY修理の際に登場したスタルクの旅行カバン ですが、年始のメルボルン旅行に持っていきました。

ハード系のキャリーケースで意外に困る段差もひょいと担げて邪魔にならず、一人旅には最適でした。今回の旅行では、バックパックをこんな風に入れて引っ張ればカメラもすぐに取り出せてしかも疲れないという技も発見し、使い勝手が非常に良い事を再確認しました。

gaomi repair 7

販売終了品なので、使うたびに一生大事しなきゃと思うハジから底の部分に大穴発見。前回ビニールテープで塞いだはずが「ハ」の字状の穴が大きく成長してました。

gaomi repair 3

おそらく昇りエスカレーターのステップにカバンの底を立てかけるのを繰り返したせいで破けたのだと推測します。修理しないと。

今回は外に大きめのプロテクションのようなものを貼ってしまう作戦ですが、内側も穴はふさがないといけないので手持ちのテープを探すと、


パワーテープというものがありました。これは家の排水管を修理するときに買ったものですが、どこのホームセンターでも手に入るモノの中では粘着力が強力です。これを内側からきれいに貼るために一回カバンをばらしてみます。一応メンテができるような構造になってます。さすが老舗メーカー。

gaomi repair 5

内張りのファスナーを開けると、ハンドルを格納する角パイプと底板の「台形のプラスチックボード」が結束バンドで固定されているのが見えます。まず、この結束バンドを思い切ってハサミでカットし、見えているネジを全部外してみます。とりあえず構造体は全部バラしました。

gaomi repair 2

バラしてはじめて、なぜ「ハ」の字型に切れるのか?、なぜ以前に内側に貼ったビニールテープもスパっと真ん中で切れているのか?が判明しました。

荷物の重さで底板が湾曲し、下がった外皮に地面と接触し外側から穴が開くのですが、一方で中皮の上に位置する底板が内側からもこすって穴を開けているのだと。その底板の形状が何故か「台形」なので、ハの字に穴が開くわけです。

なので、外側のみならず、内側の穴を塞ぐテープはもっと強いものでないといけません。ネットであさって取り寄せたのがこちら。


ペタックスという商用車の幌とかテントを補修するためのテープ。これは刃物でないと切れないくらい強いし、粘着力も強力です。厚みがあり、しっかりしていますが、板のフチ取りとして折り曲げて貼れるくらいの柔軟性もあります。耐水性、耐光性もあり、半ツヤで目立たないのでこれは万能修理テープとしてかなり良いのではないかと思います。

gaomi repair 6

思ったよりテープの性能が良いので底板のプラスチックが割れている部分もペタックスで補修できました。穴を全て塞ぎ、バラした臓物を元に戻します。

gaomi repair 1

今となってはペタックスで全て用が足りることは分かったのですが、そもそも内側用と思って色をライトグレーにしてしまったために、外側の見えるところではパッチを当てた感があってよろしくない気がします。

最もダメージを受けるところなので別の素材にしようと思います。考えられるのは、革、シリコン、アルミ、ビニール、ゴム、木、カーボンなどなど。

手芸屋で革を買ってみたのですが、濡れたりしたらなんか心配。

gaomi repair 8

やはり、柔軟性があって、適度に凹凸のある厚みがあって、衝撃を吸収して、耐水性で、安価で、できれば色が茶~ボルドーみたいなのがないかと、ホームセンターやらネットやら1ヶ月以上探し回りましたがこれというものがみつかりません。

半ば諦めかけていたところ、なんと、ピッタリのものをみつけました!

ft note2

フライングタイガーにあったふざけたメモ帳!250円!

ゴム製のカバーを本体から外し、強力両面テープで貼り付けます。

gaomi repair 9

チョコレートのついたカバンとか、上の荷物棚に入れる時少し恥ずかしいですが、これ以上のものが見つからないのでまあ良しとしましょう。


- Off the Rails - 電車を盗んだヒーロー ダリウス先輩の物語

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

前回の話で、なぜKeron Thomasが刑務所行きにならなかったのか? ですが、将来を潰さないようにというわかり易い大義名分以外にも理由がありました。

NYC Subway 3

この事件のあと、なぜかKeronはあまりに大胆な事をしでかしたやつとして地元でちょっとした人気者になります。

それにしても部外者がひょいと電車に入れて、しかも本線で動かせるようなMTAの管理体制はいかがなものかと思うのですが、実は、彼の他にも地下鉄を勝手に動かした奴はいます。Darius McCollum(ダリウス・マッカラム)といって、Keronよりも10年以上も前にです。

つまり、まったく再発防止策が取られなかったことになり、当時あまり評判の良くなかったMTAに対し、盗まれる方も盗まれる方で悪いだろうという世論があったわけで、その批判をかわすためにも若きThomas は無罪放免になったのです。

つまり、Keron はDarius先輩のおかげで助かったということです。

Keron はその恩義を感じ反省し、ボランティア活動に勤しむ傍ら猛勉強してMTAに入社し、今では立派な地下鉄の運転手に…

なれば良かったのですが、そんな美談はNYらしくなく、18歳の時にサイコロゲーム中のトラブルで人を刺し、殺人未遂で逮捕。さらには「電車の運転手は金にならんから電気技師になるわ」と見事な光速手のひら返しをお見舞いした後、最終的には運送業のオーナーになり、37歳の若さで心臓麻痺で他界します。

一方、1980年に電車を運転したDarius先輩ですが、電車を盗んで捕まったのはKeronよりもさらに若い15歳の時。といっても捕まったのが15歳で、電車の運転自体はもっと前からやっていたそうです。ちなみに8歳の時には既に路線バスを盗んでいます。

彼はNYの交通が好きなあまり職員以上にMTAを熟知しており、MTAの職員とも顔なじみで、15歳の時の事件もMTAの運転手に代わりに運転してくれと頼まれてやったらしく、もういろいろおかしいのですが、その事件が理由で後にMTAの就職を希望するも叶わないことになります(アスペルガーと診断されてもいるようです)。

Keronの事件後、電車を盗んで運行という事件は起きていません。MTAがセキュリティーを強化したのです。つまり、Darisu先輩はkeronを牢屋送りから救ったというのに、KeronのせいでMTAのガードが上がり、Darius先輩は電車を運転できなくなったのです。

ただ、どうしてもその衝動を抑えられず、バスを中心に事件を起こしこれまでに30回以上逮捕され、駅に近づくことも禁止されてしまいました。

今では彼ももう50歳を超えていますが、人生の半分くらいは牢屋の中です。日本だとそんな輩に世間の目は厳しいのですが、そこはアメリカ、彼はメディアの恰好の題材として人気が出ます。書かれた記事が高く評価されたり、BBCやCBSのラジオのドキュメンタリー番組が製作されたりしました。

昨年から 「Off the Rails」 とうい彼をの半生を描いた映画がアメリカ/カナダの各都市で上映されています。



これにより、Dariusも一種のヒーロー的扱いをされるという不思議な状況です。

☆☆☆

それにしても想像もできないようなことが起こる事、そしてそれが一部には支持される事、アメリカは寛容というか多様性を容認してきた国なんだなと知ることができる話だと思います。

強盗(ナイキ狩り)の話と、虐待(シューター)の話は日本でもまったくない話ではないと思いますが、3番の電車盗むはまだ聞いたことがありません。最初の法則から言えばそろそろでしょうか。

印象に残った事件3選 in ニューヨーク

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

日本が遅れているのか、アメリカが先行しているのかはわかりませんが、たいがいアメリカで流行る悪い事は、後々日本でも起こります。20年近く前に私がアメリカに行ったときに最初に覚えた単語が「divorce(離婚)」だったのですが、今の日本でも当たり前になっていることなどはその一例です。

その当時の治安は最悪ではなかったものの、身の回りでの殺人は茶飯事レベルでおこってました。そんな中で、マンハッタン限定で自分が印象に残ったニュースを3つほど抜き出してみたいと思います。

● 一つは大学生が地下鉄で銃殺された話です。ハンターカレッジの大学生が5番線に乗っていたのですが、その時履いていたナイキのスニーカー略奪のためだけに殺されるという話です。後にエアマックス狩りが日本でも話題になりましたが、これはただのナイキです。私も5番線で通学してたので、それ以降「お前のサンダルいいなあ」とか単純にほめてくるケースでも心底警戒したものです。

● 次は、子供の虐待の話です。古いアパートなどにはダストシュート(階下にゴミを落す煙突の逆バージョンのようなシャフト)が設置してあり、下のトラックの荷台みたいなのにゴミを貯める仕組みになっています。確か5歳くらいの自分の子供をせっかんで死なせてしまった母親が、その後シューターから落として死体を捨てるという、日本では虐待自体が今ほどとりざされることはなかったので、なんかもう、いろいろ衝撃でした。

上の2つは凄惨でインパクトがあるのですが、3つ目は死傷者は出なかったものの、日本では全く考えられない事件で、個人的に最も記憶に残っている事件です。

● ある日、テレビを見ていたら黒人の少年が警察に脇を抱えられて連行られており、典型的な悪人が足を蹴りあげて大暴れしてました。

keron thomas

当時の問題化していたストリートギャングのニュースに見えたのですが、その時の画面下に全く不可解なテロップが付いていて、

「鉄道マニア」

って書いてありました。日本のオタク系鉄道マニアしか知らなかったので、なんか間違ってんだろと思ったのですが、どうも勝手に地下鉄をマンハッタン北部から終点のクイーンズまで行って往復し、3時間半も運転してたらしいのです。しかもご丁寧に捕まるまでに。85の駅で2千人以上の人をきちんと乗降させていたと。

「マジで!?」と日本の鉄道マニアとの格の違いに衝撃を受けました。 しかし、こんな大事件にもかかわらず次の日に新聞を買ったら 「Joy Ride」 とかめっちゃちゃかして書いてあって、緊張感皆無の状況にも驚きました。

実は、その後のニュースもたまたま見ていて、そのKeron Thomas(ケロン・トーマス)という少年(16歳)は不起訴処分になったということでした。「将来ある若者の未来を摘んではいかん」的な理由で。

「いやいや、電車盗んで何キロも運転して、捕まって暴れてやつだぞコイツ」「ありえん」と驚いたのですが、そいつがインタビューに答える姿も放映され、「将来は立派な電車の運転手になりたいです!キリッ」とか言っててもうこの国は次元が違うぞとあきれたのを良く覚えています。

その時彼が保護観察処分で済んだのには、実は別の理由もあったようです。その話をするにはもう一つの話に触れざるを得ず、この話は次回に続きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Bob James ボブジェームス / Joy Ride 輸入盤 【CD】
価格:2226円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


ちなみに、NY在住のBob James が1999年に発表したアルバム「Joy Ride」は、この事件にインスパイアされてます。

ウソです。 大ウソです。私が勝手に思っているだけです。

最強の旅行用ベルト ゲバルト

Posted by Markn on   0 comments   0 trackback

究極の旅行ズボン

以前から、ジャージで旅行したら楽だろうなとは思ってましたが、ちゃんとした店に入ることもあるので二本持ちたくないし、履き替えるのめんどくさいしで「ないな」と思ってました。

ところが、数年前から部屋着のようなだらっとしたのではなく、ビジネスでも使えるパリっとしたジャージ素材のパンツが出てきてます。イタリアのSOLIDO(ソリード)が代表的なブランドです。


あとはパンツの雄、PT01

問題があるとすれば高価な事ですが、おしゃれアイテム的な位置づけでメディアが取り上げたおかげで、昨今は国内アパレルブランドも参入し、比較的安価で手に入るようになりました。

と、言うことで私も、一昨年末にミッシェルクランのものをアウトレットで8千円程で入手しています。前面にクリース(折り目)が入っているので見た目はフォーマルなパンツですが、座っても締め付けがないので長時間のフライトでは非常に楽です。しかも収縮性が高いおかげでジャストサイズだとベルトもいりません。なので、自分的に「究極の旅行ズボン」という位置づけです。


問題発生

そんな究極の旅行ズボンですので、年始のメルボルン旅行も当然登板します。ですが、昨年から水泳を始めたおかげでお腹周りの肉が落ち、ジャストサイズだったのがゆるくなってしまいました。アイテムを一個増やすのはイヤですが、ベルトをしないとずれするのです。

革ベルトだと変なところに穴をあけないといけないし、そもそもせっかくのやわらかい服が台無しになります。と、言うことで、手持ちの中で、比較的やわらかいナイロン布のリングベルトで行くことにしました。


リングベルトはダメだった

ナイロンベルトはやわらかいとはいえ、腹囲は締め付けられますのでやっぱり楽ではありません。特に食事後。そして、決定的に今のベルトではダメだなと思ったのが、セキュリティーで引っかかってしまうことです。リングの部分の金属が反応し、年末年始の旅行で6回もベルトを抜くというめんどくさい(まあ、それが普通なんでしょうが)状況にうんざりしたのでした。


金属探知機にひっかからないベルト

旅行に限らすベルトがないということで、ネットを探しているとありました。いいものが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gevaertネップベルト/コーエン(メンズ)(coen)
価格:1101円(税込、送料別) (2017/2/1時点)





ゲバルトというベルギーのブランドのベルトです。まず、留め具が強化プラスチックですので、軽量且つ、金属探知機に反応しません。自衛隊にも供給しており、そうとう丈夫なようです。




おすすめは、こちらのタイプ。

そのなかでもお勧めは、ベルト部分が延びるタイプです。どういうことかというと、ベルト自体に収縮性があり、ベルトを装着したところから楽に10cm以上伸びます。なので、一度付けてしまえば、ごはんを食べてお腹が膨らんでも苦しくならないのです。

(ゲバルト)GEVAERT GIストレッチリバーシブルベルト 35mm 【日本製】 PGVT-0002  NV FREE
Posted at 2017.2.1
GEVAERT
販売価格 ¥2,916
(2017年2月1日19時37分時点の価格)

セキュリティーでベルト外さなくても良く、長時間座って寝たり食ったりしている飛行機の旅には最強のベルトだと言えます。

他のシリーズは表面がゴツゴツしていてカジュアル過ぎですが、それに比べて織り目が細かく普通のベルトです。

加えて、リバーシブルなので、服の色が変わっても対応できるのも便利です。旅行にベルト2本も持っていかないですからね。

gevaert.jpg

アマゾンで販売しているこのベルトですが、週替わりでどれかの色かが1000円くらい値段が下がります。私が買った時はブラウンが安かったのですがその後、観察していると、グレー、紺と一週置きに値段を下げていました。急ぎでなければ様子見ながら買うのが良いと思います。

旅行最強のベルトですが、その他にも、登山(雷)とかで金属付のベルトはしたくない人、爆食するダイエット中の方、普段から中段前蹴りを受けやすい方にもおすすめできそうです。